【★期間限定】マウスコンピューターのセール情報まとめ

13インチノートパソコンのおすすめモデル Office付きの軽量モデルからゲーミングモデルまで紹介

携帯性と視認性において「13インチノートパソコン」バランス良く人気な型となっています。動画やWeb閲覧だけでなくプライベートからビジネスシーンまで、幅広く使用でき流のが特徴です。

さまざまなスペックのモデルが発売されているので、どれを購入すべきか悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。

本記事ではおすすめの13インチノートパソコンをご紹介だけでなく下記の項目についても紹介していきます。

スクロールできます
おすすめノートPCバッテリー駆動時間重量
NEC LAVIE N13
6.0時間1.02kg
Surface Laptop 4
7,0時間2.36kg
ROG Flow X13 GV301RC
6.0時間1.35kg

当サイトでは17インチノートパソコンのおすすめノートパソコンの何サイズは何インチを選べばいいのか?などの記事をご用意しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

13インチノートパソコンのおすすめモデル

13インチのノートパソコンにもそれぞれ重量が異なったりスペックに差があったりなど様々なタイプがあります

この章では13インチのノートパソコンのなかでもオススメなものを紹介していきます。

スクロールできます
おすすめノートPCバッテリー駆動時間重量
NEC LAVIE N13
6.0時間1.02kg
Surface Laptop 4
7,0時間2.36kg
ROG Flow X13 GV301RC
6.0時間1.35kg

【軽量&Office搭載】NEC LAVIE N13

NEC
¥65,715 (2024/05/18 07:08時点 | Amazon調べ)
  • 軽量でコンパクト
  • Office搭載
  • MIL規格

気軽に持ち出せるサイズ感のコンパクトモバイルノートPCです。

13.3型ワイドの広めな画面に「狭額縁液晶」を採用することにより、スリムでコンパクトなボディを実現しています。

WordやExcel、PowerPointなどビジネスシーンで必要な「Microsoft officeHome&Business2021」が標準で搭載されています。

加えて起動や処理が速くストレスなく使える「AMD Ryzen 5000シリーズ モバイル・プロセッサー」/「SSD(PCIe)」 高速・省電力の高性能プロセッサー搭載で、複数の負荷のかかる作業もスムーズに処理が可能です。

アメリカ国防総省が調達する物資に対して、過酷な環境でも問題なく利用できるように定められている品質基準であるMIL規格をクリアしており安心して持ち運べるのも嬉しいポイントです。

【Office付き】Surface Laptop 4

マイクロソフト
¥179,500 (2024/05/18 07:08時点 | Amazon調べ)
  • デザイン性とパフォーマンスを両立
  • Office標準搭載
  • 快適な操作性

Windows11の新機能により最大 70% 向上したパフォーマンスと、一日中持つように大幅に延長したバッテリー駆動時間が魅了です。

「Office Home & Business 2021 」が標準搭載されており Word や Excel など、ドキュメント作成に必要な Office アプリケーションをすぐに使うことができます。

大きなトラックパッドで正確に操作できます。​静かに動作する冷却機能を備えたPixelSenseタッチスクリーンで指1 本で簡単に操作が可能です。

【ゲーミングノート】ASUS ROG Flow X13 GV301RC

ASUS
¥233,780 (2024/05/18 07:08時点 | Amazon調べ)
  • 最高級のパフォーマンス
  • 新世代グラフィック
  • 画面が360度開閉

sAMD Ryzen 7 6800HSプロセッサーを搭載しており従来のゲームからマルチスレッド対応の最新ゲームまで、強力な並列処理性能で圧倒的な快適さを実現しています。

GPUにはNVIDIA(R) GeForce RTX 3050 Laptopが搭載されており、究極を謳うグラフィックでゲーマーとクリエイター向けの最速ノートPCになっています。

360°回転するヒンジの採用しており、使用するシーンに合わせて多彩なスタイルに変化し自由なスタイルで使えます。

【安いモデルならコレ】Dell Vostro 5320

Vostro 5320
LEVEL-C046-iX4-RFX
CPU :Core i3-1215U プロセッサー
グラフィック : インテル UHD グラフィックス
メモリ : 8GB
ストレージ : 256GB(NVMe)
重量 : 1.25kg

Dellで詳細・価格を見る

  • 第12世代インテル Coreプロセッサー搭載
  • ユーザーの生産性をサポート
  • クリアな音質

第12世代インテル Coreプロセッサー搭載されておりマルチタスクや様々なソフトを展開してもパフォーマンスを維持することができます。

ミドルクラスのi5-1240Pが搭載されていますのでビジネスシーンでも申し分のない性能と言えます。

4辺の狭額縁と16:10のアスペクト比により、画面の操作に集中しやすい環境になっています。スプレッドシートの編集やプレゼンテーションなどの準備をスムーズに行えます。

バックグラウンドノイズを低減する内蔵デュアルマイクとAIにより、通話をしてるかのようなクリアな音質を実現しています。

Waves Maxx Audioで調整されたスピーカーとマイクはオーディオを最適化し、お互いの声を明瞭に聞き取ることが可能でビデオ会議をよりスームズ行えるのが特徴です。

13インチノートパソコンのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 持ち運びしやすい
  • 視認性が確保されている
  • ラインナップが豊富
  • 製品によってバラつきがある
  • バッテリー稼働時間がやや不安

13インチノートパソコンのメリット

ノートパソコンの中では大きすぎず、小さすぎずなサイズ感で視認性と携帯性のバランスが最も良い

持ち運び重視のモバイルPCの中でも各社が最も力を入れているのが13インチ前後ノートパソコンで、様々なスタイルの製品が販売されておりラインナップが豊富です。

実用面ではプライベートからテレワークだけでなく大学でのレポート作成などオールマイティに使える汎用性の高差が魅力です。外出先での利用メインなら13~14インチがおすすめでしょう。

13インチノートパソコンのデメリット

様々なスタイルの製品が出ているだけにコンセプトに差がありよく詳細を確認しないと用途に合わない場合があります。

ノートパソコンは性能、軽量、拡張性など製品によってコンセプトが大きく異なります。10インチのPCように携帯性特化の製品もあれば大型PCのような性能重視の製品もあるため、自分の用途にあった選び方がより重要と言えるでしょう。

持ち運びができるため外出先で使うシーンが多いですが、バッテリー駆動時間は平均で6〜7時間で場合によってはさらに少なくなる可能性を考えるとやや不安が残る印象です。

13インチノートパソコンの選び方

13インチノートパソコンは豊富にラインナップが揃っているため何を重視して買うかがとても大切です。

この章では何を基準に選べばいいかそれぞれ特徴から解説していきます。

軽量なものを選ぶ

13インチのノートパソコンで軽量なものを選ぶ際はA4サイズほどのサイズで1.5kg以内の重さのPCを選ぶのがポイントです。大体のビジネスカバンに入る大きさなので持ち運びに最適と言えます。

手軽に持ち運びがで着ればどこでもネットがなくてもどこでもプレゼン資料を作成したり文章作成もできるので、なるべく軽く持ち運びが辛くならないように軽量性を基準に選ぶのもおすすめです。

Officeやゲームなどの用途で選ぶ

ノートパソコンはどんな用途で利用したいのかも大切なポイントです。

ビジネスシーンで利用する機会が多いのであればOfficeがあらかじめ標準で搭載されているものを選ぶと良いでしょう。

また外出先でもゲームや動画視聴などを楽しみたい方や動画編集を行うクリエイターの方はなるべくグラフィックの機能が高い製品を選ぶことをおすすめします。

価格で選ぶ

ノートパソコンはスペックによって大きく価格が変わるため自分に必要な性能を見極めて購入する必要があります。

仕事用でノートパソコンが必要な場合には10〜15万前後のパソコンであればOfficeの標準搭載やセキュリティ面も安心して使用できるでしょう。

また最新のゲームを常に遊びたい方や高度なマルチタスクを要するクリエイターの方などは20万以上のノートパソコンでないとスムーズに作業やゲームプレイができない場合がありますので注意が必要です。

13インチノートパソコンの持ち運びに便利なおすすめバッグ

13インチノートパソコンはA4サイズでピッタリ鞄に収納することができ、持ち運びに最適です。

この章では13インチノートパソコンをさらに持ち運びしやすくなるバッグを紹介します。

【360度保護】tomtoc パソコンバッグ 13インチ

tomtoc
¥3,590 (2024/05/18 07:08時点 | Amazon調べ)

360°全面保護が特徴のパソコンバッグです。四角にある特許取得のゴム「CornerArmor」クッションを使用しており、PC四辺を厚手の高弾性エッジやふわふわとした裏生地の組合せとなっています。

超強耐衝撃力でパソコンを衝撃や意外の落下から守り、アメリカ軍用落下規格(規格MIL-STD-810H:2019)をクリアしているなど安心してノートパソコンを収納できるのが魅力です。

【おしゃれなデザイン】bD BOX&DICE 2way ノートパソコンケース

ビジネスシーンだけでなく普段使いもできるカジュアルさが特徴です。2wayでショルダーバッグ、手持ちバッグの2段使いが可能。

さまざまなシーンでも違和感なく使えるスタイリッシュデザインとなっており男女も問わず利用できます。

【コンパクト】Voova パソコンケース 13

衝撃を吸収するクッション性の高さを厚みを保ちながらも体積を少なくして軽量化を実現しています。

パソコンケース表面は撥水性に優れ、耐久性と高級感のあるオックスフォード布を採用されており、コンパクトながらも不意な落下などからの衝撃にも十分耐えられる素材で安心してパソコンを持ち運べます。

商品としていわゆる中華製ですが、価格の安さを求める方におすすめです。

13インチノートパソコンに関するよくある質問

13インチってどれくらいの大きさ?

13インチノートパソコンの大きさを下表にまとめました。

サイズ表記横幅(cm)縦幅(cm)対角線(cm)
13型(インチ)28.716.233

A4版より一回りほど小さいサイズになります。

ノートパソコンの大きさについて詳しく知りたい方は、「ノートパソコンのサイズは何インチを選べばいいのか?」の記事もあわせてお読みください。

13インチと14インチの違いは?

13インチと14インチのサイズを表で比較しました。

サイズ表記横幅(cm)縦幅(cm)対角線(cm)
13型(インチ)28.716.233
14型(インチ)30.917.435.6

13インチは14インチより一回り小さいサイズになります。

14インチのノートパソコンのおすすめモデルを知りたい方は、「14インチノートパソコンおすすめモデル」の記事もあわせてお読みください。

モバイルノートPCとは何?

モバイルノートPCとは、ノートパソコンの中でも特に小型で持ち運びに適したモデルを指します。

13インチノートパソコンも小型ですので、メーカーによってはモバイルノートPCと呼称されている場合があります。

モバイルノートパソコンとスタンダードノートパソコンの違いは?

モバイルノートパソコンは、スタンダードノートパソコンに比べてより軽量で持ち運びに適しています。

小型で軽量な分、スタンダードなノートパソコンに比べてバッテリー駆動時間はやや短くなっています。

モバイルノートパソコンとノートパソコンの違いについては「モバイルノートとノートパソコンの違いを具体的に解説」の記事も参考にしてください。

パソコンを持ち運びするには何キロまでがいい?

ノートパソコンを持ち運ぶなら、1.5kg以下のモデルがおすすめです。

持ち運びに適したノートパソコンについて知りたい方は「薄型・軽量のノートパソコン」の記事もあわせてお読みください。

おすすめの13インチノートパソコンまとめ

スクロールできます
おすすめノートPCバッテリー駆動時間重量
NEC LAVIE N13
6.0時間1.02kg
Surface Laptop 4
7,0時間2.36kg
ROG Flow X13 GV301RC
6.0時間1.35kg

13インチノートパソコンは大きすぎず小さすぎずなサイズ感で視認性と携帯性のバランスが最も良いと言えるでしょう。

ノートパソコンの中でも各社が最も力を入れているのが13インチ前後ノートパソコンであるためラインナップが豊富です。

プライベートからテレワークだけでなく外出先でも使える汎用性のが魅力です。外出先での利用メインなら13インチが一番おすすめです。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次