【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

DTM・DAWにおすすめのパソコンと推奨スペック|快適に作業ができるスペックやPCの選び方・おすすめモデルを紹介

この記事では、DTM・DAWが快適に動作する推奨スペックの紹介や選定基準、おすすめPCを紹介します。

上記の項目について詳しく解説していきます。

また、「クリエイターPCおすすめモデル」ではクリエイターPCについてより詳しく解説しているので、参考にしてください。

おすすめノートPC

製品名GPUCPUメモリSSD/HDDサイズ
mouse K5MX350Core i7-10750H 16GB512GB (SATA)15.6型
DAIV 4NGTX 1650Core i7-10750H16GB512GB (NVMe対応)17.3型
DAIV 5NRTX 3060 Core i7-10870H16GB512GB (NVMe対応)15.6型

おすすめデスクトップPC

製品名GPUCPUメモリSSD/HDD
mouse DT5UHD グラフィックス 730Core i5-114008GB256GB (SATA)
DAIV A3GTX 1650Ryzen 5 450016GB512GB (NVMe)
DAIV A7RTX 3060Ryzen 7 5700X32GB512GB (NVMe) + HDD 2TB
目次

DTM・DAWにおすすめのPC一覧・スペック表

DTM・DAWに厳選したおすすめのPCをノート・デスクトップそれぞれ紹介します。

DAIV Z7-QP2を使用して楽曲制作をした感想

今回紹介するBTOショップのマウスコンピューターが展開しているクリエイターブランド「DAIV」では、お笑い芸人の粗品氏が使用しています。

粗品氏が使用したモデルは現在販売終了となっています。

おすすめノートPC

製品名GPUCPUメモリSSD/HDDサイズ
mouse K5MX350Core i7-10750H 16GB512GB (SATA)15.6型
DAIV 4NGTX 1650Core i7-10750H16GB512GB (NVMe対応)17.3型
DAIV 5NRTX 3060 Core i7-10870H16GB512GB (NVMe対応)15.6型

おすすめデスクトップPC

製品名GPUCPUメモリSSD/HDD
mouse DT5UHD グラフィックス 730Core i5-114008GB256GB (SATA)
DAIV A3GTX 1650Ryzen 5 450016GB512GB (NVMe)
DAIV A7RTX 3060Ryzen 7 5700X32GB512GB (NVMe) + HDD 2TB

DTM・DAWにおすすめのノートパソコン

DTM・DAWにおすすめのノートパソコンを紹介します。

製品名GPUCPUメモリSSD/HDDサイズ
mouse K5MX350Core i7-10750H 16GB512GB (SATA)15.6型
DAIV 4NGTX 1650Core i7-10750H16GB512GB (NVMe対応)17.3型
DAIV 5NRTX 3060 Core i7-10870H16GB512GB (NVMe対応)15.6型

初心者におすすめの最安エントリーモデル

mouse K5
LEVEL-C046-iX4-RFX
CPU :インテル Core i7-10750H
グラフィック :GeForce MX350
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB (SATA)
モニター : 15.6インチ ノングレア
重量 : 約1.95kg
バッテリー駆動時間 : 約9.5時間

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

mouse K5」はクリエイター向けノートPCの中では最安のモデルです。

格安PCでありながら、非常にまとまったスペックで、エントリークラスのGPUながら「MX350」を搭載。

ディスプレイは大型の15.6型のノングレア液晶を採用しており、長時間に及ぶDTMでも目が疲れにくく、大画面で快適な作業を行えます。

DTM・DAWの入門用PCとして購入したい方におすすめのモデルです。

持ち運び安いコンパクトなクリエイターモデル

DAIV 4N
DAIV 4N
CPU : Core i7-1260P
グラフィック : GTX 1650
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 14.0インチ
重量 : 1.44kg
バッテリー : 10時間

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

DAIV 4N」はCore i7のCPUとGTX 1650が搭載されたクリエイターPCとしては高性能なモデルです。

このモデルの特徴としては、重量が約1.44kgとかなり軽いため、持ち運びしやすいというのが大きなメリット部分になります。

また、動作時間も最大10時間使用可能なので、しばらく充電できる環境でなくてもずっと作業が続けることもできます。

外出先で頻繁に作業を想定しているかたにおすすめのクリエイターモデルです。

DTM以外の作業も視野に入れたハイパフォーマンスモデル

DAIV 5N
DAIV 5N
CPU : Core i7-12700H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : WQHD 15.6インチ
重量 : 1.73kg
バッテリー : 7.5時間

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

DAIV 5N」はマウスコンピューターで取り扱っているクリエイター向けPCブランド「DAIV」のミドルクラスのモデルです。

DTMに限っていうならオーバースペックなモデルですが、高スペックを活かし、ゲームや動画編集などあらゆる作業を行うことが可能です。

このモデルは高解像度 WQHD (sRGB比 100%対応) 液晶を採用しており、余裕のある作業環境を提供します。

DTM・DAWにおすすめのデスクトップパソコン

DTM・DAWにおすすめのデスクトップパソコンを紹介します。

製品名GPUCPUメモリSSD/HDD
mouse DT5UHD グラフィックス 730Core i5-114008GB256GB (SATA)
DAIV A3GTX 1650Ryzen 5 450016GB512GB (NVMe)
DAIV A7RTX 3060Ryzen 7 5700X32GB512GB (NVMe) + HDD 2TB

DTM初心者向けの格安PC

mouse DT5
mouse DT5
CPU : Core i5-11400
グラフィック : UHD グラフィックス 730
メモリ : 8GB SDRAM
ストレージ : 256GB (SATA)

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

「mouse DT5」は、学生でも手が届く価格が魅力の格安デスクトップPCです。

格安と言っても、DTMを行う上で最低限のスペックは備わっており、強いて欠点を挙げるならSSDの容量に若干不安がある点です。

予算に限りがある方、とりあえずDTMをするパソコンが欲しい方におすすめの一台です。

良コスパCPU+GPU搭載モデル

DAIV A3
DAIV Z5
CPU : Ryzen 5 4500
グラフィック : GTX 1650
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB SSD

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

DAIV A3」は良コスパCPUとローエンドGPUを搭載した、クリエイター向けのPCです。

このくらいのスペックがあれば、DTMに限らずどの分野でも活躍でき、ライトなゲームならサクサクプレイすることが可能です。

コストパフォーマンスに非常に優れているので、予算に余裕がある方には最初に一台としておすすめします。

プロクリエイタークラスの最高級モデル

DAIV A7
DAIV A5
CPU : Ryzen 7 5700X
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 32GB
ストレージ : 512GB SSD / 2TB HDD

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

「DAIV A7」は芸人でありクリエイターである「粗品」氏が実際にMV制作に使用したモデルよりも更に高性能なクリエイターPCとなっています。

このPCがあれば、クリエイターとしての作業の幅が広がるのはもちろん、DTMをノンストレスで行うことが可能です。

「結局どれを買えばわからない」という方にはプロクリエイターが使用するクラスのパソコンを選べば間違いありません。

DTM・DAW用パソコンの選び方・推奨スペック

DTMに限らず、クリエイティブは作業を行うためには、一般的な事務用パソコンではパワーが足りません。

非力なパソコンでは、処理が重く作業に支障をきたし、最悪の場合、作業用のソフトが起動しないことさえあります。

従って、相応のスペックのパソコンを用意する必要があります。

筆者の考えるDTM・DAW用に使用するパソコンの推奨スペックは以下の通りです。

パーツ筆者推奨スペック
CPUCore-i5、Ryzen 5以上
メモリ8GB以上
GPUGTX 1650以上
HDD/SSD512GB SSD / 1TGB HDD以上

以下では、それぞれのパーツごとに補足しているので確認してみてください。

DTM・DAW用PCはWindowsとMacどっちがおすすめ?

DTM・DAW用PCはWindowsとMacどっちがおすすめ?
Windows
Mac
  • パーツ選択の幅が広い
  • フリーソフトも含めて専用ソフトが豊富
  • 幅広い価格帯
  • 性能に対してやや高価
  • 拡張性が少ない
  • 専用ソフトが少ない

結論から言えばWindows PCがおすすめです。

パソコン初心がまず悩むポイントのひとつとして、WindowsかMacどっちを選べばいいか分からないことでしょう。

ひと昔前は「デザイナーはMac一択」のような風潮がありましたが、現在では両者はほとんど差がなくなっています。

それでも筆者がWindowsをおすすめする理由を解説します。

WindowsはMacと比較すると、CPU、メモリ、GPUなどの各パーツの選択肢が多く、好みに応じたパソコンを購入できます。

Macはあらかじめ決められたパーツの若干の性能を選択するだけなので、自由度が低いです。

Windowsはパーツのカスタマイズ性が高く、予算に応じた構成にすることが可能なので、低予算の方におすすめできます。

また、DTMに使うソフトがWindowsの方が豊富に存在し、用途にあったものが見つかりやすいのもポイントのおすすめするポイントのひとつです。

DTM・DAW用PCに関するよくある質問

DTM用PCやクリエイターPC初心者に特に多い質問をまとめました。

DTM用PCとゲーミングPCの違いは?

基本的にどちらも同じパソコンです。

よりハイスペックを必要とするのはゲーミングPCになりますので、両者を比較した場合は、ゲーミングPCの方が高性能のGPUを搭載し、高価な場合が多いです。

ゲーミングPCとクリエイターPCの違いは?」の記事で、詳しく比較しているので参考にしてみてください。

DTM用PCに必要なスコアはどれくらいですか?

DTM用のパソコンはゲーミングPCと違い、それほどハイスペックなものは必要ありません。

Core-i7のCPUのPassmarkスコアが大体14000前後なので、この辺りを基準にすれば間違いないでしょう。

家電量販店でクリエイターPCを買うのはNG?

家電量販店のクリエイターPCはBTOショップよりも遥かに高く、余計な機能やソフトが付属しています。

DTMのように用途がはっきりと決まっているなら、BTOショップで目的別のPCを購入した方がはるかに安上がりになります。

詳しくは「電気屋や家電量販店をおすすめしない理由」にまとまっています。

CPUのAMDとインテルはどっちがおすすめ?

最近はコスパや性能面でAMDが優勢だと言われていますが、決定的な差はありません。

それぞれの得意分野は、AMDがマルチタスク、インテルがシングルタスクと言われています。

DTMだけをするならインテルがやや有利、並行して何か別の作業を行うならAMD有利と言えます。

SSDとHDDどちらがおすすめですか?

断然SSDがおすすめです。

両者を比較した場合、SSDの読み込み速度の方が圧倒的に上です。

DTMの快適さは元より、OSの起動速度などにも影響が出るので、メインストレージはSSD、サブストレージはHDDと使い分けるのが理想です。

詳しくは「SSDとHDDの違いをわかりやすく解説」を参考にしてみてください。

DTM・DAWにおすすめのPCまとめ

DTM・DAW用おすすめパソコンについておさらいしていきます。

  • DTM・DAW用PCはゲーミングPCほど高性能なものは必要ない
  • 主にカスタマイズ性の観点からWindowsよりMacがおすすめ
  • CPUはCore-i5、Ryzen 5以上がおすすめ
  • GPUはなくても問題ないが、少しでも快適に作業するならGTX 1650以上がおすすめ
  • メインストレージはSSD、サブストレージとしてHDDを用意するとよい

DTM・DAWの作業はそこまで高負荷な作業ではないので、ゲーミングPCや動画編集などその他のクリエイティブな用途と比較すると多少スペックが低いPCでも作業が可能です。

また、WindowsとMacのどちらがいいかという問題ですが、筆者はカスタマイズ性、ソフトウェアが充実などの観点からWindowsをおすすめします。

しかし、当然ながらスペックがよければそれだけ快適に作業ができるのは間違いないので、予算に応じたパソコンを選択することが重要です。

DTMはデータ容量の大きなデータを大量に扱うことがあるため、メインストレージだけではなく、サブストレージを用意しておくとよいでしょう。

他にもさまざまな用途を持ったおすすめのクリエイターパソコンが存在します。興味のある方は以下の記事を参考にしてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次