【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

安いデスクトップパソコンおすすめの選び方|予算5万円~10万前後のコスパ重視のPCモデルを紹介!

安いデスクトップパソコンの選び方

この記事では、少しでも安いデスクトップパソコンが欲しい方向けに、初心者がデスクトップパソコンを選ぶ時の注意点や以下の内容について解説しています。

てっとり早く安いデスクトップパソコンが知りたい方は、以下の表を参考してください。

スクロールできます
おすすめデスクトップパソコン価格帯CPUメモリ用途
mouse DT-5
約7万~Core i5-114008GBインターネット・ビジネス
Magnate IM
約7万~Core i5-124008GBビジネス・軽いゲーム
RM5R-G60S
RM5R-G60S
約12万~Ryzen 5 350016GB3Dグラフィックゲーム・動画編集
目次

安いデスクトップパソコンでできること・できないこと

できること
できないこと
  • 文書作成・表計算などの事務処理
  • 簡単な画像・動画編集
  • 軽めのブラウザゲーム
  • 動画サイト閲覧(YoutubeやNetflixなど)
  • 株取引(株・FXなど)
  • 最新の3Dゲーム
  • 本格的なプログラミング
  • 本格的な画像・動画編集

低価格帯のデスクトップパソコンを買う際には、できること・できないことを把握し、目的に合ったパソコンを選択することが重要です。

例え安くデスクトップパソコンを買うことができたとしても、目的に合わなくて結局使い物にならなかったとなると、非常にもったいないです。

安いパソコンでも一通りのことはこなせるのですが、本格的にやりこむにはスペックが足りず、動作が重かったり、専用のソフトが起動しないなど、入門用の立ち位置になるのが低価格帯のパソコンです。

ゲームに関しては、GPU(グラフィックボード)の有無が快適にプレイできるかどうかに大きく影響してきます。

安いデスクトップパソコンを選ぶ時に初心者が注意すべき点

パソコンに限らず単純な安さを重視するあまり、買わなければ良かったと後悔することがあります。

この項目では、初心者が安いデスクトップパソコンに限らず、パソコンを選ぶ時に注意すべき点を解説します。

スペックの注意点

結論からいうと、パソコンの初心者は安いからといって以下に該当するスペックのデスクトップパソコンは購入しない方が賢明です。

  • CPUがCeleron
  • メモリが4GB以下
  • ストレージがHDD(ハードディスク)
  • メーカーが中華製品

それぞれについて解説します。

CPU

CPU

CPUはパソコンの処理速度に関わる非常に重要なパーツです。

CPUの性能が高いほどストレスなく快適に作業を行えるますが、性能が上がるにつれて価格も上昇します。

スクロールできます
性能CPU備考
高いCore i9・Ryzen 9超高性能だが、消費電力が高く、価格も高い
Core i7・Ryzen 7一般的なパソコンならこのレベルで十分ハイスペック
Core i5・Ryzen 5最もコスパに優れる
Core i3・Ryzen 3事務作業用でもこのレベルは欲しい
Pentium価格は安いがおすすめできない
低いCeleron価格は安いがおすすめできない
主なデスクトップパソコンのCPU

どんなに安いデスクトップパソコンを買ったとしても、まともに使えなくては意味がありません。

事務処理用として安いデスクトップパソコンを購入する予定でも、Celeronを搭載したデスクトップはおすすめできません。

最低でも、Core i3かRyzen 3を、理想はCore i5かRyzen 5以上を搭載したデスクトップパソコンが望ましいでしょう。

ただし、Core i7やRyzen 7以上の高性能CPUになってくると、安いデスクトップパソコンには搭載されていないので、価格重視の方には選択肢から外れます。

関連記事 CPUとは何か

GPU

GPU

GPUはグラフィックボードのことで、ゲームをプレイする上ではCPUと同じくらい重要なパーツです。

ゲームを遊ぶことが目的なら、例え安いデスクトップパソコンを求めていても、GPUは妥協すべきではありませんし、搭載されていないモデルは論外です。

反対に、ゲームをする目的ではなく、簡単な事務処理を行える程度のデスクトップパソコンでいいなら、GPUは必要ないので価格をグッと抑えることができます。

関連記事 GPUとは何か

メモリ

メモリ

メモリはよく作業机に例えられるパソコンのパーツです。

CPUやGPUほど直接的にパソコンの処理速度に関わるわけではありませんが、メモリが多いほど快適に作業を行うことができます。

安いデスクトップパソコンが欲しい場合でも、最低8GB以上のメモリを積んでいないと、ちょっと重たい作業をするとカクついてストレスです。

従って、格安パソコンにありがちなメモリ4GB搭載モデルは避けるべきです。

関連記事 メモリとは何か

ストレージ

ストレージは、パソコンのデータを保存する装置のことです。

おおまかにHDD(ハードディスク)とSSDの2種類が主なストレージです。

保存容量は多ければ多いほどよく、多いからといって特に不利に働くことはありません。

むしろ、容量が少ないと不便なので、最低でも256GBのSSD、できれば512GB以上のSSDが理想です。

また、ストレージはHDDよりSSDの方がはるかに読み込み速度が速いので、SSDを搭載したモデルであることが必須でしょう。

極端に価格が安いデスクトップパソコンは、ストレージがHDDの場合が多いので注意が必要です。

関連記事 SSDとHDDの違いをわかりやすく解説

サイズ

デスクトップパソコンは、ケースのサイズが異なりいくつかの種類に分類されます。

基本的に大型のサイズの方が、性能が高いパーツを複数搭載することが可能なため、自然と価格が高めになる傾向があります。(一部例外あり)

デスクトップパソコンの主な分類は以下の4種類です。

  • ミドルタワー型(単純にタワー型とも)
  • ミニタワー型
  • スリム型
  • コンパクト型(ミニPCとも)
スクロールできます
サイズ特徴
ミドルタワー型ゲーミングPCに採用されることが多い。
基本的に性能が高いため、快適に作業を行えるが、価格が高めで十分な設置スペースが必要になる。
ミニタワー型ミドルタワーとほぼ同じ扱いだが、ひと回り小さい分、設置スペースに悩まされることが少ない。
スリム型事務処理向けのパソコンに採用されることが多い省スペース型のサイズ。
通気性が悪く、冷却性能にやや難あり。
コンパクト型キューブ型など様々な形があるが、もっともケースのサイズが小さい。
ただし、価格が安いかといえばそうでもなく、ミニタワー以上の価格のものもある。
サイズ別の特徴

3〜5万円くらいの超格安パソコンはスリム~ミニタワー型が採用されていることが多いです。

最も主流なのはミニタワー型で、10万円くらいのモデルから20万円程度のモデルに採用されています。

コンパクト型は小さいから安いと思われがちですが、意外と価格が高いため、一概にサイズの小ささが価格に結び付くかといえば一概にそうとも言えません。

メーカー

格安デスクトップパソコンの中には、怪しい中華製品や、家電製品で売られている価格と性能の釣り合いが取れてない、いわゆるコスパの悪い家電メーカー品が存在します。

中華製品

メリット
デメリット
  • 値段だけで見れば最も安い
  • セキュリティが心配
  • サポートの質が悪い
  • すぐ故障する粗悪品の場合がある

Amazonや楽天では、格安の中華製品のパソコンが売られていることがあります。

パソコン初心者にとっては、非常に安価で魅力的に映りますが、デメリットに挙げた理由からおすすめできません。

ショップによっては届かないこともあるので、パソコンを購入する場合は、信頼のおけるショップやメーカーを利用しましょう。

BTOショップ

メリット
デメリット
  • ラインナップが豊富
  • コスパが良い
  • カスタマイズが可能
  • 人気モデルの品切れが早い

筆者が推奨したいのは、BTOショップでのパソコンの購入です。

デメリットらしいデメリットもなく、コスパに優れたモデルが多いので、安くデスクトップパソコンを購入するならBTOショップ一択と言ってもいいでしょう。

おすすめのBTOショップに関しては「BTOショップ比較一覧」の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

家電メーカー品

メリット
デメリット
  • 店頭にあればすぐに買って使える
  • 店舗のサポートが手厚い
  • コスパが非常に悪い
  • グラフィックボードが搭載されていない
  • 余計なソフトがついている

パソコン初心者がやりがちなのは、パソコンを買うために家電量販店を利用することです。

一概に悪い選択肢と言い切れませんが、安いデスクトップパソコンを購入することが目的ならおすすめできません。

家電量販店がおすすめできない理由については「パソコンを買うなら電気屋や家電量販店はNG」で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの安いデスクトップパソコン一覧

予算5万円前後と10万円前後の2つに分けて、予算別におすすめのデスクトップを紹介します。

また、BTOショップでは5万円以下のパソコンは取扱数が少なく、仮に販売していたとしてもスペック的にも大分古くなっていて、おすすめできません。

どうしても、予算を抑えてパソコンが欲しい方は専門のおすすめ中古パソコンショップで探してみてください。

スクロールできます
おすすめデスクトップパソコン価格帯CPUメモリ用途
mouse DT-5
約7万~Core i5-114008GBインターネット・ビジネス
Magnate IM
約7万~Core i5-124008GBビジネス・軽いゲーム
RM5R-G60S
RM5R-G60S
約12万~Ryzen 5 350016GB3Dグラフィックゲーム・動画編集

予算5万円前後のデスクトップパソコン

できること
できないこと
  • 簡単な事務処理
  • 動画サイト閲覧(Youtube、Netflix等)
  • 動作の軽いブラウザゲーム
  • 株取引(株・FXなど)
  • 最新の3Dゲーム
  • 本格的な画像・動画編集などクリエイティブな作業
  • 本格的なプログラミング

比較的価格の安い予算5万円前後のデスクトップパソコンを紹介します。

また、5万円前後のデスクトップパソコンでできることと、できないことは上記の通りです。

やはり価格が安い分、控えめなスペックになるので、できることは限られてきます。

【DELL】Inspironコンパクト デスクトップ スタンダード

Inspironコンパクト デスクトップ スタンダード
Inspironコンパクト デスクトップ スタンダード
CPU : Core i3-10105
グラフィック : UHD グラフィックス 630
メモリ : 8GB SDRAM
ストレージ : 256GB NVMe SSD + 1TB HDD
54,585円(税込)

DELLで詳細・価格を見る

Inspironコンパクト デスクトップ スタンダード」はコンパクトなケースで置き場所に困らない格安デスクトップパソコンです。

SSDとHDDの2つのストレージを備え、処理速度を重視するよく使うプログラムはSSDに、写真が動画などを保存する場合はHDDと使い分けることにより、効率よく作業を行えます。

DVD光学ドライブも備えているので、音楽鑑賞や映画鑑賞も行えます。

Dellのパソコンをもっと知りたい方は、以下のDell公式ストアから確認することができます。

【ドスパラ】Magnate IM

Magnate IM
IM
CPU : Core i5-12400
グラフィック : UHD Graphics 630
メモリ : 8GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

Magnate IM」は人気BTOショップ「ドスパラ」のエントリークラスのデスクトップパソコンです。

最新のCPUを搭載しているので、基本的な処理能力は高く、事務処理程度ならサクサクこなせます。

高い冷却性能を持っているので、常時安定した動作を実現しています。

【マウスコンピューター】mouse DT5

mouse DT5
mouse
CPU :インテル Core i5-12400
グラフィック :インテル内蔵グラフィックス
メモリ : 8GB
ストレージ : 512GB (NVMe)

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

mouse DT5」は豊富なラインナップや充実したサポートに定評のある「マウスコンピューター」のエントリークラスのデスクトップパソコンです。

エントリークラスながら、ワンランク上のCPUを備えているので、抜群の処理速度を実現しています。

このスペックでこの価格ははっきり言って超コスパがいいので、初心者におすすめの一台です。

予算10万円前後のデスクトップパソコン

高い実用性を備えた、予算10万円前後のデスクトップパソコンを紹介します。

予算10万円前後のデスクトップパソコンできること、できないことは以下の通りです。

10万円を超えてくると、できることの幅が広がり、GPU搭載機であればある程度のゲームならプレイすることが可能になります。

できること
できないこと
  • 事務処理全般
  • ある程度のゲーム(GPU搭載機)
  • 簡単な画像・動画編集などクリエイティブな作業
  • プログラミング
  • 株取引(FXなど)
  • 最高設定でゲームを楽しむ
  • 本格的な画像・動画編集などクリエイティブな作業

【DELL】Inspiron 24 フレームレスデスクトップ スタンダード(一体型)

Inspiron 24 フレームレスデスクトップ スタンダード(一体型)
Inspiron 24 フレームレスデスクトップ スタンダード
CPU : Core Core i3-1115G4
グラフィック : UHD グラフィックス
メモリ : 8GB SDRAM
ストレージ : 256GB NVMe SSD
モニター : 23.8インチ
72,524円(税込)

DELLで詳細・価格を見る

Inspiron 24 フレームレスデスクトップ スタンダード」は、パソコン初心者に人気の高い一体型デスクトップパソコンです。

全体的にまとまったスペックで、モニターも23.8型とちょうどいいサイズなので、作業がしやすいです。

Webカメラを備えているので、Web会議にも対応し、プライベートと仕事の両面で大活躍すること間違いなしの一台です。

【ドスパラ】GALLERIA RM5R-G60S

ガレリア RM5R-G60S
ガレリア RM5R-G60S
CPU : Ryzen 5 4500
グラフィック : GTX 1660 SUPER
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

GALLERIA RM5R-G60S」はグラフィックボードとして「GTX 1660 Super」を備えたデスクトップパソコンです。

GPUを搭載することにより、一般事務だけに限らず、画像・動画編集や簡単なゲームならサクサクプレイすることが可能になりました。

非常にバランスの取れたスペックで、この価格帯では破格の1台です。

【マウスコンピューター】mouse DT8

mouse DT8
mouse DT8
CPU : Ryzen 7 5700G
グラフィック : Radeon Graphicsス
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
104,800円(税込)

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

mouse DT8」はGPUこそ搭載していないものの、ハイスペックなCPUを搭載したデスクトップパソコンです。

このスペックはゲームをプレイしない人にとって理想のスペックで、普段使いには一切ストレスを感じることはないでしょう。

ミニタワー型パソコンなので、拡張性にも余裕があり、あとからGPUを付け足してゲーミングPCとして利用することも可能です。

安いデスクトップパソコンの選び方ついてよくある質問

安いデスクトップパソコンの選び方についてに限らず、パソコン初心者によくある質問をまとめました。

グラフィックボードのない安いパソコンでゲームはできますか?

完全にプレイできないことはありませんが、多くの有名タイトルは起動すら難しいでしょう。

ゲームでパソコンを快適にプレイするには、一定以上のスペックを持つCPUとGPUがほぼ必須です。

予算の都合で中古のパソコンを買おうと思っていますがどうですか?

当然ながら新品でパソコンを買えるに越したことはありませんが、中古パソコンはあまりおすすめできません。

どうしても中古パソコンを買う予算しかない場合は、「中古パソコンショップおすすめ6選」記事でおすすめの中古パソコンショップを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

中古パソコンでCPUがCore i7だったのですが、すごく安くものがありました。買いですか?

CPUには世代があり、Core i7も第1世代から第12世代(2022年3月時点)まで出ています。

古い世代のCPUは新しい世代と比べて価格が安くなりますが、性能も劣るので、Core i7だからといって一概に高性能とはならず、お買い得ではない場合が多いです。

パソコン初心者です。ゲーミングPCの選び方を教えてください。

当サイトの「初心者におすすめのゲーミングPC」の記事で初心者向けに選び方からおすすめモデルまで解説・紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

予算5万円くらいでデスクトップパソコンは買えますか?

本記事内で予算別におすすめパソコンを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

安いデスクトップパソコンの選び方まとめ

スクロールできます
おすすめデスクトップパソコン価格帯CPUメモリ用途
mouse DT-5
約7万~Core i5-114008GBインターネット・ビジネス
Magnate IM
約7万~Core i5-124008GBビジネス・軽いゲーム
RM5R-G60S
RM5R-G60S
約12万~Ryzen 5 350016GB3Dグラフィックゲーム・動画編集

安いデスクトップパソコンの選び方についてまとめます。

  • 安いデスクトップパソコンを選ぶ際には注意する点がある
  • ただ安いからと言って値段だけでパソコンを買うと、満足のいく結果が得られず損をする
  • セキュリティやサポートなど安全面から中華製品のデスクトップパソコンはNG
  • 安いデスクトップパソコンを買うならBTOショップがベスト

デスクトップパソコンを安く買えるに越したことはないのですが、単純に値段だけを見て買ってしまうと、低性能なものを掴まされて損をすることがあります。

中華製品のデスクトップパソコンは価格が安いのですが、安全面で不安が残るのでおすすめできません。

安いデスクトップパソコンを購入するなら、ラインナップが豊富でコスパが良いBTOショップを利用するのが最適です。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次