グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

RAW現像(写真編集)におすすめのパソコンモデル|Lightroomの真の推奨スペックやPCの選び方も解説

RAW現像におすすめのソフト『Lightroom』が快適に動作するパソコンの選定基準やおすすめモデルを紹介します。

上記の項目について詳しく解説していきます。

また、「クリエイターPCおすすめモデル」ではクリエイターPCについてより詳しく解説しているので、参考にして下さい。

おすすめノートPC

スクロールできます
製品名GPUCPUメモリSSD/HDDサイズ
mouse K5MX350Core i7-10750H16GBSSD 512GB (SATA)15.6型
mouse K7GTX 1650Core i7-10750H16GB512GB (NVMe対応)17.3型
DAIV 5NRTX 3060 LaptopCore i7-10870H16GB512GB (NVMe対応)15.6型

おすすめデスクトップPC

スクロールできます
製品名GPUCPUメモリSSD/HDD
mouse SL7-GGTX 1650Core i7-11700F16GB256GB (SATA)
mouse DT8-GGTX 1660 TiRyzen 7 3700X16GB512GB (NVMe)
DAIV Z7RTX 3060Core i7-1170032GB512GB (NVMe) / 2TB
目次

RAW現像とは?

RAW現像イメージ

「RAW現像」とは、加工前の状態のRAWデータ(写真データ)を処理することを指します。

つまり加工前のRAWデータを現像することによって、「JPEG」などの形式に変換することができます。

高価なデジタルカメラなどは保存形式として「RAW」形式を選択できる機種があります。

RAW現象におすすめのソフト「Adobe Lightroom」の推奨スペック

lightroom

RAW現像には専用のソフトが必要となります。

有名なソフトのひとつとしてAdobe CCに含まれる『Lightroom』があります。

Lightroomはデジタルカメラや、一眼レフカメラなど、主にプロが使用するカメラから画像を取り込み、編集するソフトです。

ここではLightroomを使ってみたいけど、どの程度のパソコンを購入すれば分からない人向けに快適に利用するために必要なスペックを紹介します。

必要・推奨スペック

スクロールできます
最小推奨
CPU64 ビットをサポートしている Intel®、AMD、または ARM プロセッサー(2 GHz 以上のプロセッサー)64 ビットをサポートしている Intel®、AMD、または ARM プロセッサー(2 GHz 以上のプロセッサー)
OSWindows 10(64 ビット)バージョン 1909 以降Windows 10(64 ビット)バージョン 1909 以降
メモリ8 GB 16 GB 以上
HDD容量2 GB の空き容量のあるハードディスク2 GB の空き容量のあるハードディスク
モニター1024 x 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ1920 x 1080 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
GPUDirectX 12 をサポートしている GPU / 2GB 以上の VRAMDirectX 12 をサポートしている GPU

4K 以上の画面解像度をサポートするディスプレイの場合は 4 GB 以上の VRAM
公式の推奨スペック

真の推奨スペック

筆者の考えるLightroomの推奨スペックは以下の通りです。

スクロールできます
タイトル真の推奨スペック
CPUCore i7-11700 /  Ryzen7 3700X
メモリ16GB
GPUGeforce GTX 1650
おすすめHDD容量1TB HDD / 512GB SSD

LightroomはCPUの性能が非常に重要になるので、GPUの要求スペックは低めです。

ただし、GPUの性能が影響する処理もあるので、性能が高いGPUを搭載していればそれだけ快適に作業が行えるのは間違いありません。

ストレージ容量も非常に重要で、RAW現像作業は非常にストレージ容量を圧迫するので、余裕を持った容量を選択しましょう。

RAW現象におすすめパソコンの選び方

ここではLightroomおすすめPCの選び方を、パーツごとに掘り下げて解説します。

RAW現象におすすめのパソコンモデル

RAW現像をするための利用に最適なパソコンをノートPCとデスクトップPCに分けて紹介します。

『Lightroom』を快適に使用できるかどうか?という目線でピックアップしているので、これから『Lightroom』を使用してRAW現像を行う方はぜひチェックしてみてください!

RAW現象におすすめのノートPC

RAW現象(写真編集)おすすめのノートパソコンを紹介します。

スクロールできます
製品名GPUCPUメモリSSD/HDDサイズ
mouse K5MX350Core i7-10750H16GBSSD 512GB (SATA)15.6型
mouse K7GTX 1650Core i7-10750H16GB512GB (NVMe対応)17.3型
DAIV 5NRTX 3060 LaptopCore i7-10870H16GB512GB (NVMe対応)15.6型

mouse K5

mouse K5
mouse K5
CPU : Core i7-10750H
グラフィック :MX350
メモリ : 16GB
ストレージ : SSD 512GB (SATA)
ディスプレイサイズ: 15.6型
本体重量: 約1.95kg
バッテリー駆動時間: 約9.5時間

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

mouse K5」はクリエイター向けノートPCの中では最安のモデルです。

このモデルは低価格ながらも、グラフィックボードとして「MX350」を搭載しており、非常にコストパフォーマンスに優れています。

CPUもこの価格帯にしてはパワフルなCore i7-10750Hを採用しているので、快適にLightroomが動作します。

ノングレアの15.6型のディスプレイを備えており、長時間の作業も疲れにくく、余裕のある画面で編集を行えます。

mouse K7

mouse SL7-G
mouse SL7-G
CPU : Core i7-10750H
グラフィック : GTX 1650 SUPER
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB (NVMe対応)
ディスプレイサイズ: 17.3型
本体重量: 約2.36kg
バッテリー駆動時間: 約4.5時間

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

mouse K7」はGTX 1650を搭載したクリエイターPCです。

このモデルの最大の特徴はなんといっても17.3型の大型の液晶を搭載している点です。

Lightroomのような大きな画像を取り扱うことが多いソフトにとって、うってつけのモデルです。

DAIV 5N

DAIV 5N
DAIV 5N
CPU : Core i7-10870H
グラフィック : RTX 3060 Laptop
メモリ : 32GB
ストレージ : 512GB (NVMe対応)
ディスプレイサイズ: 15.6型
本体重量: 約1.73kg
バッテリー駆動時間: 約7.5時間

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

DAIV 5N」はマウスコンピューターで取り扱っているクリエイター向けPCブランド「DAIV」のミドルクラスのモデルです。

高解像度 WQHD (sRGB比 100%対応) 液晶を採用しており、余裕を持った編集作業が可能です。

スペックに関しても、全てにおいてワンランク上の性能を有しているので、Lightroomに限らず、あらゆるクリエイティブな作業に活躍すること間違いなしの1台です。

RAW現象におすすめのデスクトップPC

RAW現象(写真編集)におすすめのデスクトップパソコンを紹介します。

スクロールできます
製品名GPUCPUメモリSSD/HDD
mouse SL7-GGTX 1650Core i7-11700F16GB256GB (SATA)
mouse DT8-GGTX 1660 TiRyzen 7 3700X16GB512GB (NVMe)
DAIV Z7RTX 3060Core i7-1170032GB512GB (NVMe) / 2TB

mouse SL7-G

mouse SL7-G
mouse SL7-G
CPU : Core i7-11700F
グラフィック : GTX 1650 SUPER
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 256GB (SATA)

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

mouse SL7-G」はクリエイター向けスリムデスクトップPCです。

エントリークラスの位置づけですが、Lightroomを始め、Adobe CCに含まれているソフトを快適に扱えるスペックは十分にあります。

非常にお手頃な価格が魅力で、誰にでもおすすめできるモデルです。

欠点を挙げるなら、ストレージの少なさで、本格的に使うならカスタマイズは必須でしょう。

mouse DT8-G

mouse DT8-G
mouse DT8-G
CPU : Ryzen 7 3700X
グラフィック : GTX 1660 Ti
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 512GB (NVMe)

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

mouse DT8-G」は高性能CPU「Ryzen 7 3700X」を搭載し、マルチタスクも楽々行えるデスクトップPCです。

CPUのパワーが非常に重要になるLightroomの編集作業において、マルチタスク処理に強いRyzenシリーズは非常に適しています。

搭載されているGPUも「GTX 1660 Ti」とハイスペックで、様々な用途に力を発揮するモデルです。

DAIV Z7

DAIV Z7
DAIV Z7
CPU : Core™ i7-11700
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 32GB SDRAM
ストレージ : 512GB (NVMe) / 2TB HDD

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

DAIV Z7」はマウスコンピューターのクリエイター向けPCブランド「DAIV」のデスクトップPCです。

イラスト、DTP、RAW現像や高画質動画編集も快適に行えるクリエイターPCで、全てのスペックが高水準にまとまっています。

標準で2TBのHDDが搭載されているのも、Lightroomのような大容量の画像を多く扱う作業において非常に便利です。

RAW現像用パソコンに関するよくある質問

RAW現像に限らず、クリエイターPC初心者に特に多い質問をまとめてみました。

RAW現像用PCとゲーミングPCの違いは?

RAW現像はCPUの性能が一番大切な要素になり、GPUはそこまでハイスペックでなくても問題ありません。

ゲーミングPCはCPUとGPUどちらの性能も重要になるので、双方とも高性能なものを搭載していることが多いです。

家電量販店でクリエイターPCを買うのはNG?

家電量販店のクリエイターPCはBTOショップよりも遥かに高く、余計な機能やソフトが付属しています。

RAW現像のように用途がはっきりと決まっているなら、BTOショップで目的別のPCを購入した方がはるかに安上がりになります。

詳しくは「電気屋や家電量販店をおすすめしない理由」にまとまっています。

CPUのAMDとインテルはどっちがおすすめ?

最近はコスパや性能面でAMDが優勢だと言われていますが、決定的な差はありません。

それぞれの得意分野は、AMDがマルチタスク、インテルがシングルタスクと言われています。

RAW現像だけをするならインテルがやや有利、並行して何か別の作業を行うならAMD有利と言えます。

クレカがなくても、クリエイターPCを買う時にローン組めますか?

はい、多くのBTOショップは様々な決済手段を用意しており、クレジットカードがなくてもショッピングローンで分割払いが可能です。

ただし、全てのショップが対応しているわけではないので、利用予定のショップの支払い方法を確認してください。

SSDとHDDどちらがおすすめですか?

断然SSDがおすすめです。

両者を比較した場合、SSDの読み込み速度の方が圧倒的に上なので、RAW現像の快適さは元より、OSの起動速度などにも影響が出るので、メインストレージはSSD、サブストレージはHDDと使い分けるのが理想です。

詳しくは「SSDとHDDの違いをわかりやすく解説」を参考にしてみてください。

RAW現像用パソコンまとめ

RAW現像(写真編集)用おすすめパソコンについておさらいしていきます。

おすすめノートPC

スクロールできます
製品名GPUCPUメモリSSD/HDDサイズ
mouse K5MX350Core i7-10750H16GBSSD 512GB (SATA)15.6型
mouse K7GTX 1650Core i7-10750H16GB512GB (NVMe対応)17.3型
DAIV 5NRTX 3060 LaptopCore i7-10870H16GB512GB (NVMe対応)15.6型

おすすめデスクトップPC

スクロールできます
製品名GPUCPUメモリSSD/HDD
mouse SL7-GGTX 1650Core i7-11700F16GB256GB (SATA)
mouse DT8-GGTX 1660 TiRyzen 7 3700X16GB512GB (NVMe)
DAIV Z7RTX 3060Core i7-1170032GB512GB (NVMe) / 2TB
  • Lightroomを使用する場合、CPUが最も重要で、GPUパワーはそこまで重視しない。
  • CPUはCore-i7、Ryzen 7以上がおすすめ
  • GPUはGTX 1650以上
  • RAW現像はストレージを圧迫しがちなので、余裕を持った容量を選択する

RAW現像ソフトであるLightroomの処理の大半はCPUで行うため、パソコンを選ぶ際はCPUの性能が一番重要です。

GPUの性能が影響する処理もあるので、GPUの性能が高いに越したことはありませんが、動画編集やゲーム用途より優先度は下がります。

RAW現像は大容量かつ沢山の枚数の写真を取り扱うため、ストレージの容量には余裕を持ち、サブストレージも活用しましょう。

他にもさまざまな用途を持ったおすすめのクリエイターパソコンが存在します。興味のある方は以下の記事を参考にしてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる