【2022年最新】グラボ在庫不足・価格高騰の原因について

1万円以内でノートパソコンは購入できるのか|激安で購入できる中古パソコンの選び方やおすすめ中古パソコンショップを紹介

安価で買えるノートパソコンについてまとめてみました。

この記事では、

以上のことについて解説しています。

当サイトでは、「中古パソコンの選び方とおすすめショップ」についても詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめショップ納期サポート保証支払い方法
デジタルドラゴン
1~3営業日9時~21時(年中無休)永久/180日/60日代金引換/銀行振込/コンビニ/カード決済
OraOra!
翌営業日平日9時~16時90日保証代金引換/コンビニ/カード決済/Amzon pay
JUNKWORLD
翌日~1週間平日9時~18時30日保証代金引換/銀行振込/コンビニ/カード決済
目次

新品のノートパソコンを1万円以内で購入するのは難しい

結論からいうと、Windows・Macの新品パソコンを1万円以内で購入することは難しいです。

例えば大手BTOショップである、「ドスパラ」の新品パソコンの最安値は27,980円でした。

2021/12月時点

他にも、大手BTOショップ、「マウスコンピューター」のノートパソコンの最安値は49,280円でした。

2021/12月時点

どちらのBTOショップも、どれだけ安くても3~5万円程度はかかってしまうため、1万円以内の予算を目指している方には中古パソコンを狙うことをおすすめします。

他には、予算2万円で考えるとChromebookというChromeOSという軽いOSが搭載されたノートパソコンが販売されています。

ASUSTek
¥16,800 (2022/01/19 09:51時点 | Amazon調べ)

このChromebookが安いのにはきちんと理由があります。

それはChromeOSが非常に軽いので、そこまでスペックが高くなくても割とサクサク動きます。さらにこのChromeOS実は無料で誰でも導入可能です。

なのでそこまでコストをかけず作れてしまいます。

ただ、Microsoft officeが非対応で、基本ネット環境にいないと使えないアプリ多いというデメリットもあります。

上記すべてのパソコンに使われているCPUはCeleronというお世辞にもスペックが高いといえるCPUではないです。

推奨するスペックについては、「予算を妥協した上での推奨スペック」にて解説しておりますのでぜひご覧ください。

激安で購入できる中古ノートパソコンの選び方

  • OSが古すぎないか
  • ジャンクではないか

中古のノートパソコンでも、自作パソコンの知識がなければ1万円以内でイライラしない最低限のスペックのパソコンを手に入れるのは相当難しいと思います。

ただ、低予算で購入できる中古のノートパソコンを選ぶ際の注意点を上記にまとめましたので、1つずつ解説していきます。

OSが古すぎないか

価格が1万円を切るパソコンには、Windows Vista やWindows7などの古いOSがインストールされているか、OS自体入っていないことが多いため購入する際には注意が必要です。

Windows8.1であれば、今でも無償でWindows10にアップグレードできます。

それ以下のOSはWindows10にアップグレードする方法はなくなはいのですが、Microsoftが推奨しているわけではないですし、途中でエラーが起こる可能性も否定できません。

OSを自前で所持していない方は、少し価格が高くてもWindows8.1以上のOS搭載PCを購入することをおすすめします。

ジャンクではないか

ジャンク品とは・・・簡単に説明すると「壊れて使えない品」

具体的には、「液晶が割れている」「電源が付かない」「効かないボタンがある」「HDDやメモリなど起動に必要なパーツがない」などの商品を指します。

購入者が修理する、またはパーツを他のパソコンに使いまわす前提なので、安価で購入することができます。

ただ、自作パソコンなどの知識がない方には必要がないものなので、間違って購入することがないように注意しましょう。

予算を妥協した上での推奨スペック

安い中古パソコンを選ぶにせよ、快適に動作するスペックを選べば、「重くてイライラする」といったことも起こりません。

私が推奨するスペックは下記のとおりです。

スクロールできます
パーツ推奨スペック
CPUIntel Core-i3(Celeronはおすすめしない)
メモリ4GB(できればDDR4)
ストレージSSD 128GB(またはOptaneメモリが搭載されたHDD)

正直中古のパソコンでこの位のスペックならどんなに安くても、3万円~の予算が必要となってきます。

では推奨スペックの詳細について解説していきます。

HDD・SSDについて

OptaneメモリというHDDを高速化させるメモリがあるのですが、付けられるパソコンとそうでないパソコンがあります。

安価な価格帯の中古パソコンではそこまで見ることはありません。

そのため、必然的にSSD一択になるのですが、できれば128GB以上のものを選びましょう。

理由はOSで約40GBは消費するので、64GBのSSDだと心もとなく、すぐに空き容量がなくなってしまうためです。

メモリについて

できれば8GBが理想です。予算に余裕があれば、メモリは8GBにしてください。

ただ、予算に余裕がない場合でも4GBは必要だと考えてください。このスペックでもブラウザのタブを複数開いただけでメモリの使用率70%を超える場合も平気であります。

できればDDR4という規格のメモリがいいのですが、DDR4が第6世代のCPUの規格から対応しているので、中古で安価だと手に入りにくいかもしれません。

スクロールできます
メモリの規格CPUの規格
DDR3第1世代~第5世代まで
DDR4第6世代~第11世代まで
DDR5第12世代~

CPUについて

抑えてほしいポイントとしては、Celeronに手を出すのは最後の手段ということです。

Celeronは安価なCPUですが、パフォーマンスとしてはお世辞にも高いとは言えません。

どのくらいのパフォーマンスかというと、最新で一番スペックの高いCeleron N5105 2.9GHzというモデルがあります。

このCPUのスペックは第2世代(2012年発売)のCore i5-2450M 2.5GHzと同程度のベンチマークの数値です。

さらにCore i7でいうと初代(2010年発売)のCore i7-840QM 1.86GHzというモデルと同じくらいのベンチマークの数値で、10年以上前のCPUと同程度ということになります。

安易にCeleronを選ぶくらいだったら5年前の中古パソコンを選んだほうがスペックはいいです。

メルカリなどのフリマサイトで購入するのはおすすめしない

メルカリなどのフリマサイトで購入するのはおすすめしません

メルカリなどのフリマサイトで取引をする際には、前の持ち主がどんな使い方をしていたかわからないため、ウイルスに感染していても判断が出来ません。

また、ショップで購入するときのように返品や交換対応ができない場合が多く、ネット検索でトラブルの書き込みが散見されているのも事実です。

どうしてもメルカリなどのフリマアプリで購入したい方は「中古パソコンをメルカリで買う際の注意点」を参考にすることをおすすめします。

1万円前後でノートパソコンが購入できるおすすめ中古ショップ一覧

安価である程度のスペックのあるパソコンが欲しい場合は、中古パソコンショップで購入するのがおすすめです。

フリマサイトとは違い、しっかりとパソコンを初期化・OSを再インストールを行っているため、ウイルスの感染の心配はありません。

中でもおすすめの中古パソコンショップを3つご紹介します。

おすすめショップ納期サポート保証支払い方法
デジタルドラゴン
1~3営業日9時~21時(年中無休)永久/180日/60日代金引換/銀行振込/コンビニ/カード決済
OraOra!
翌営業日平日9時~16時90日保証代金引換/コンビニ/カード決済/Amzon pay
JUNKWORLD
翌日~1週間平日9時~18時30日保証代金引換/銀行振込/コンビニ/カード決済

デジタルドラゴン

デジタルドラゴン
デジタルドラゴン
納期:1~3営業日にて発送
支払い:代金引換/銀行振込/コンビニ/カード決済
サポート:9時~21時年中無休
保証:永久/180日/60日保証

デジタルドラゴンの公式サイトを見る

良い点
気になる点
  • 充実した保証
  • パーツカスタマイズが豊富
  • 求めている商品が分かりやすいページ設計
  • 15時までの注文で当日発送
  • モバイルノートパソコンの取り扱いが少ない

デジタルドラゴン」で1万円以内のノートパソコンは見つけることができませんでした。

ですが、「デジタルドラゴン」はパーツのカスタマイズができるので、自分の希望のスペックの商品を見つけやすいです。

ただパーツの交換スペックアップにも費用が掛かりますので、予算とご相談して決めてください。

この記事では、2万円台の推奨スペック内のパソコンの見つけ方について順番に解説していきます。

デジタルドラゴンはネット上での評判もよく、サポートや保証内容が他所よりも優れているため、中古パソコンを購入するショップとして非常におすすめです。

STEP
価格が1~2万円のノートパソコンを選択する
価格が1~2万円のノートパソコンを選択する

サイトTOPから左の1~2万円のバナーをクリックします。

STEP
性能や特徴で探すから「SSD搭載」をクリック
性能や特徴で探すから「SSD搭載」をクリック

検索フォームが出てくるので「SSD搭載」を選択しましょう。

STEP
その中から自分に合ったパソコンを選ぶ
その中から自分に合ったパソコンを選ぶ

上記した推奨スペックに当てはまるパソコンを選べばOKです。

また、当てはまらない場合は「このすべての商品を見る」をクリックすればSSDが搭載されたすべての中古パソコンを見ることができます。

OraOrA!

OraOrA!
OraOrA!
納期:翌営業日発送
支払い:代金引換/コンビニ/カード決済/Amzon pay
サポート:平日9時~16時
保証:90日保証

OraOrA!の公式サイトを見る

良い点
気になる点
  • 全商品バッテリー最大容量70%以上
  • 高性能で安い良コスパの商品が多い
  • 90日間の保証対応
  • サイト設計がやや見辛い

Ora!OrA!でも1万円以下のノートパソコンの販売はありませんでした。

ですが、Ora!OrA!はバッテリーの最大容量70%以上を保証が付いている優良中古パソコンショップです。

OraOrA!のネット上の評判でも、バッテリー保証やコスパの良さは多くの利用者から評価されています。

摩耗の少ない電池なので電池を買い替える無駄な失費が減り、外出の際も電池切れを気にせず長い時間パソコンを使用可能です。

価格帯も1万円台の中古パソコンコーナーがあるので暇があれば見てみることをおすすめします。

STEP
TOP左のバナーから「ノートパソコン」を選択
TOP左のバナーから「ノートパソコン」を選択

一番取扱数がある「DELL」のパソコンを選んでみます。

STEP
希望する価格帯の中から「10,000~29,999円」を選択
希望する価格帯の中から「10,000~29,999円」を選択

メインページに絞り込みが出てくるので「10,000~29,000円」を選択しましょう。

STEP
希望通りの中古パソコンを選ぶ

後は希望に沿った中古ノートパソコンを選択するだけです。

JUNKWORLD

JUNKWORLD
JUNKWORLD
納期:発送日から翌日~1週間
支払い:代金引換/銀行振込/コンビニ/カード決済
サポート:平日9時~18時
保証:30日保証

JUNKWORLDの公式サイトを見る

良い点
気になる点
  • 低価格帯の商品が豊富
  • 13時までの決済で当日発想可能
  • 中古のゲーミングパソコンも取り扱っている
  • 保証日数が30日とやや短め
  • 価格が安い分、美品は少なめ

安価な中古ノートパソコンの品ぞろえが一番豊富なのがJUNKWORLDです。

その圧倒的な価格の安さから、JUNKWORLDのネット上の評判では多くのユーザーから良い評価を得ています。

私が探した時点でも1万円以内のノートパソコンは4商品ほど取り扱いがありました。まずこのサイトで、希望のスペックのパソコンがあるかを探すのが妥当でしょう。

探し方について解説していきます。

STEP
TOPの検索フォームから「SSD」「価格を~10,000円」にする
TOPの検索フォームから「SSD」「価格を~10,000円」にする

JUNKWORLDはTOPに検索フォームがありますので上記画像と同じように「SSD」をクリックして、価格を「~10,000円」としましょう。

動作にイライラしない程度のスペックの中古ノートパソコンが欲しい場合は「29,999円」としましょう。

STEP
検索結果を「安い順」にソート
検索結果を「安い順」にソート

検索結果を安い順にソートして、中から自分の妥協できるスペックのパソコンを選びましょう。

1万円以内で購入できるノートパソコンまとめ

最後に1万円以内で購入できるノートパソコンについてまとめます。

  • 新品で1万円以内のパソコンは、ほぼ無い
  • 中古1万円以内のパソコンは動作が重くイライラする場合が多い
  • 推奨のスペックは大体3万円~
  • フリマアプリで購入される場合はウイルス感染や、トラブルの可能性あり

これらに注意すれば置物になるだけのパソコンを購入せずに済みます。

中古パソコンの金額はレアメタルや暗号資産の価格などが要因で日々変動しておりますので、こまめにチェックするようにしましょう。

中古パソコンの選び方とおすすめショップ」ではおすすめの中古パソコンの選び方やよくある質問もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる