【最大88,000円OFF】マウスコンピューターのセール情報まとめ

「RTX 3050」ベンチマーク・性能スペック・比較 | おすすめゲーミングPC紹介

RTX3050性能・ベンチマーク

「RTX 3050」について、PCゲーマーの目線でレビューしていきます。

「RTX 3050」の性能やベンチマークスコア、価格推移、ゲーム別のフレームレートに加え、おすすめの「RTX 3050」搭載ゲーミングPCも紹介します。

記事の最後では有名メーカーが販売する「RTX 3050」のグラフィックボードを紹介します。

目次

「RTX 3050」性能・ベンチマーク比較

スクロールできます
GPU3DMARKスコアTGP(総消費電力)希望小売価格
RTX 309019930350W1499ドル
RTX 3080 Ti19573350W1199ドル
RTX 308017704320W699ドル
RTX 3070 Ti14825290W599ドル
RTX 307013748220W499ドル
RTX 3060 Ti11856200W399ドル
RTX 30608833170W329ドル
RTX 30506865130W249ドル
GTX 1660 Ti6821120W279ドル
GTX 1660 SUPER6103125W229ドル
GTX 16605771120W219ドル
GTX 1650362075W149ドル
GTX 1050 Ti235675W139ドル
「RTX 3050」ゲーム別フレームレート(超品質設定・CPU=i9 10900K)
GTA5
91fps
Cyberpunk 2077
44fps
Overwatch
148fps
PUBG
77fps
Fortnite
95fps
CSGO
269fps
Apex Legends
98fps

by:GPUCheck

「RTX 3050」のスペック
できること
できないこと
  • レイトレーシング
  • 多くのゲームの推奨環境を満たす
  • 『Apex Legends』『フォートナイト』を60fps以上でプレイ
  • 動画・画像編集などのクリエイティブ用途
  • AAAタイトルを最高設定で快適にプレイする
  • 4K解像度で快適にプレイ
  • マイニング

「RTX 3050」はレイトレーシング機能を搭載したRTX 30シリーズのエントリーモデルです。

単純なゲーミング性能は全世代の「GTX 1660 Ti」と同程度ですが、価格はRTX 3050の方が安く、レイトレーシングにも対応しているので、より深くゲームを楽しみたい方は断然RTX 3050がおすすめです。

RTX 3050はエントリーモデルという位置づけながら、上位モデルにあたるRTX 3060 Ti やRTX 3070と同等の8GBのVRAMを搭載しています。(※ラップトップモデルは4GB)

なお、RTX 3050 はマイニング性能を大幅に抑えらたGPU(Lite Hash Rate)なので、マイニング用途は不向きの、純粋なゲーマー向けのGPUです。

「RTX 3050」の価格推移

「RTX 3050」(MSI)の発売当初から今までの価格推移をまとめました。※2022年2月時点

「RTX 3050」の価格推移
2022年1月29日
42,562円
2022年1月30日
65,980円
2022年2月1日
57,600円
2022年2月3日
40,021円
2022年2月10日
52,300円

「RTX 3050」は2022年1月27日に発売された、RTX 30シリーズのエントリーモデルながら、全世代であるGTX 16シリーズのミドルスペックと同等以上のスペックを持つのが魅力です。

「RTX 3050」は、レイトレーシング対応のGPUが欲しいけど、RTX 3060~3090クラスは高くて手が出せずにいたユーザーにうってつけのGPUで、比較的手軽にレイトレーシングの世界を体験できます。

ただし、2022年に入ってからも未だに世界的に深刻な半導体不足は解決しておらず、RTX 3050は発売後即完売、定価での購入が難しい状況が続いています。

シリーズを問わず、GPUは在庫切れが解消されず、比較的安価でレイトレーシング対応の「RTX 3050」の需要が相対的に増してる状況です。

MSI
¥52,200 (2022/02/11 18:21時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazonで見る

「RTX 3050」レビュー・評価

良い点
悪い点
  • RTX 30シリーズで最も安価
  • 前世代のミドルスペックGPUと同等以上の性能
  • レイトレーシング対応
  • 消費電力が少ない(130W)
  • ゲームによっては最高設定でのプレイは難しい
  • 場合によってパフォーマンスがGTX 1660 Tiを下回る。
  • ワットパフォーマンスが悪い

「RTX 3050」は2022年1月末に発売されたのGeForce 30シリーズのラインナップの一つです。

前世代の「GTX 1660 Ti」がスペック的に最も近く、ゲーミング性能に関しては、ほとんどのケースでRTX 3050に軍配が上がります。

これまでは、レイトレーシングを体験するには、高額なRTXシリーズを購入するしかなかったため、「GTX 1660 Ti」より販売価格が安価で手軽にレイトレーシングを体験できる「RTX 3050」の人気が徐々に高まることが予想されます。

目立って悪い点がないGPUですが、「RTX 3060 Ti」などの上位モデルと比較すると、消費電力は少ないものの、ワットパフォーマンスが劣ります。

その点を差し引いても「RTX 3050」はこれまでのGPUの中では、抜群のコストパフォーマンスの良さを持つので、低予算でゲーミングPCを組みたい人に取って最善の選択肢のひとつになるでしょう。

「RTX 3050」搭載ゲーミングPC

「RTX 3050」を搭載したゲーミングPCを紹介します。

人気PCはほとんどのBTOショップで在庫が切れがちです。

ドスパラ」だけは在庫が豊富で出荷スピードが早いため、一日でも早くPCを手に入れたい人のために「ドスパラ」からPCを紹介します。

どのショップでもPCは頻繁に値上げされているので、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。

GPUの在庫不足問題については「GPU在庫不足とグラボ品薄の原因」という記事で詳しく解説しているのでそちらを参照してください。

「RTX 3050」搭載最安ゲーミングPC

ガレリア RM5C-R35 第12世代Core搭載
CPU : Core i5-12400
グラフィック : RTX 3050 8GB
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

ベンチマークスコア6376
3D Mark Time Spy
ここがおすすめ
  • RTX 3050搭載モデルでは最安クラス
  • 入門用にピッタリの優れたバランス

GALLERIA RM5C-R35」はRTX 3050を搭載しているゲーミングPCの中で最も安価なモデルのひとつです。

RTX 3050自体、基本的に全世代のミドルスペックのGPUと同等以上の性能を持ちつつ、レイトレーシングにも対応しているので、初めてゲーミングPCを買う人にうってつけの1台です。

レイトレーシングについては下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひ購入の参考にして下さい。

「RTX 3050」+AMD搭載ゲーミングPC

ガレリア RM5R-R35 3600搭載
CPU : Ryzen 5 3600
グラフィック : RTX 3050 8GB
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

ベンチマークスコア6245
3D Mark Time Spy
ここがおすすめ
  • マルチタスクに優れたRyzenを採用
  • コストパフォーマンスに優れる

GALLERIA RM5R-R35」は、マルチタスク処理に優れた性能を発揮するRyzenシリーズを搭載したゲーミングPCです。

単純なベンチマークスコアはIntel Core iシリーズに負けていますが、実際にゲームをプレイしていて大きな差を感じることはありません。

また、価格の面では、同レベルのCore iシリーズ搭載モデルよりコストパフォーマンスが良いので、少しでも安くパソコンを購入したい方におすすめです。

「RTX 3050」+Core i7第12世代搭載ゲーミングPC

ガレリア XA7C-R35 第12世代Core搭載
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3050 8GB
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

ベンチマークスコア6696
3D Mark Time Spy
ここがおすすめ
  • 最新世代のCore i7の圧倒的処理能力
  • クリエイティブな用途にもおすすめ

GALLERIA XA7C-R35」は、今回紹介するモデルの中では最も高性能なゲーミングPCです。

CPUが最新世代のCore i7を搭載しているため、基本的な処理速度が速く、ゲーム以外の用途もサクサクこなすことができます。

ゲーム専用機ではなく、幅広い用途にパソコンを使用したい人におすすめのモデルです。

「RTX 3050」+ゲーミングノートPC

ガレリア RL5C-R35
GALLERIA RL5C-R35
CPU : Core i5-11400H
グラフィック : GeForce RTX 3050 4GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
サイズ : 15.6インチ 非光沢フルHD液晶
重量 : 約2.0kg
バッテリー駆動時間 : 約 4.4 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

ベンチマークスコア4988
3D Mark Time Spy
ここがおすすめ
  • 没入感を高める薄型狭額ベゼル
  • 144Hz高リフレッシュレートモニター
  • ハイスペックとは思えない軽さ

GALLERIA RL5C-R35」は、スリムかつ軽量なボディにデスクトップPC顔負けの性能を秘めるゲーミングノートPCです。

RTX 3050を搭載し、144Hzのリフレッシュレートのモニターを持つので、いつでもどこでも快適でスムーズな描写のゲームを楽しむことができます。

ハイスペックを詰め込んでいるが故に、消費電力が高くバッテリー駆動時間がやや短いのがネックですが、電源の取れる場所でのプレイなら問題にはなりません。

「RTX 3050」おすすめグラボ

「RTX 3050」のおすすめグラボを単体で紹介します。

現状、世界的な半導体不足とマイニング需要の影響でグラフィックボードを正規の値段で手に入れることは困難です。Amazonに在庫があることも稀なので、供給不足が解消されるまではグラボ単体で買うよりはゲーミングPCごと買うことをおすすめします。

ASUS

ASUS
¥57,800 (2022/05/23 06:59時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazonで見る

台湾に本社を置く老舗メーカーASUSのグラフィックボードです。

第2世代RTコアと第3世代Tensorコアを搭載することにより、レイトレーシング性能やゲームパフォーマンス、AI機能が大幅に向上しています。

2スロット設計により、互換性と冷却性の両面において優れた性能を発揮します。

MSI

MSI
¥46,667 (2022/05/23 06:59時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazonで見る

MSIはグラフィックボードやマザーボードを主力として販売している台湾が本社のメーカーです。

MSIのグラフィックボードは日本国内でシェア1位を獲得したこともあるくらい人気で、品質の高さのが伺えます。

オーバークロックを行うコアなユーザーをターゲットに、安心して使い続けられるように冷却性能の向上に力を入れています。

ZOTAC

ZOTAC
¥48,500 (2022/05/23 06:59時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazonで見る

ZOTACはゲーミングPCに調和するパーツを多数販売しており、近年ファンが増えてきている人気メーカーです。

ガンメタルカラーのボディは、高級感があり、黒系統が採用されることの多いゲーミングPCのケースとマッチします。

独自のオーバークロックツール「FireStorm」を備え、GPUやメモリのクロックアップはもちろん、ファンの速度の調整も容易に行えます。

参考リンク

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる