グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

「RTX 3080」ベンチマーク・性能スペック・比較 | おすすめゲーミングPC紹介

「RTX 3080」ベンチマーク・性能スペック・比較

「RTX 3080」について、PCゲーマーの目線でレビューしていきます。

「RTX 3080」の性能やベンチマークスコア、価格推移、ゲーム別のフレームレートに加え、おすすめの「RTX 3080」搭載ゲーミングPCも紹介します。

記事の最後では有名メーカーが販売する「RTX 3080」のグラフィックボードを紹介します。

目次

「RTX 3080」性能・ベンチマーク比較

スクロールできます
GPU3DMARKスコアTGP(総消費電力)希望小売価格
RTX 309019930350W1499ドル
RTX 3080 Ti19573350W1199ドル
RTX 308017704320W699ドル
RTX 3070 Ti14825290W599ドル
RTX 307013748220W499ドル
RTX 3060 Ti11856200W399ドル
RTX 30608833170W329ドル
GTX 1660 SUPER6103125W229ドル
GTX 1650 Ti369255W
GTX 1650362075W149ドル
「RTX 3080」ゲーム別フレームレート(最高設定・CPU=i9 10900K)
Overwatch
382fps
PUBG
201fps
Fortnite
247fps
Cyberpunk 2077
103fps
Apex Legends
254fps

by:GPUCheck

「RTX 3080」のスペック
できること
できないこと
  • レイトレーシング
  • ほとんどの最新ゲームを最高品質でプレイ可能
  • 動画編集・画像編集用途も非常にスムーズ
  • 『Apex Legends』を240fps以上でプレイ
  • 一部のゲームでは「4K+最高設定+レイトレーシング+高フレームレート維持」が不可能

「RTX 3080」はハイエンドゲーミングPC向けの高性能GPUです。

『Apex Legends』や『Fortnite』といった人気バトロワゲームで240fps以上を出せるので、家庭用機や一世代前のゲーミングPCよりも遥かに優れた環境でゲームをプレイできます。

「RTX 3080」は非常に高性能で、いわゆるガチ勢に採用されることも多いGPUです。
このGPUが搭載されているゲーミングPCを購入すれば、数年は買い換える必要がないほどです。

正確には、10年買い替えなくても余裕で最新ゲームをプレイし続けられますが、ハイエンドマシンとして最先端を突っ走ることができるのはおよそ5~6年ということです。

「RTX 3080」よりも性能が上の「RTX 3080 Ti」「RTX 3090」になると極端に価格が高くなってしまうので、個人でゲーミングPCに投資するならこの辺りのモデルがベストです。

「RTX 3080」の価格推移

「RTX 3080」(玄人志向)の発売当初から今までの価格推移をまとめました。

「RTX 3080」の価格推移
2020年9月
113,420円
2020年11月
102,080円
2021年1月
134,800円
2021年3月
113,420円
2021年4月
268,120円
2021年5月
244,969円
2021年6月
186,999円

「RTX 3080」は2020年9月17日に発売され、レイトレーシングを備えたモデルの中でも高性能なハイエンドモデルの位置づけで、性能を求めるゲーマーに特に人気を博しました。

「RTX 3080」はゲーミング性能が高いのは当然として、基本性能が高いので、仮想通貨のマイニング用途に用いられることが多く、広い層に需要が高まりました。

2021年に入ってから世界的な半導体不足も重なり、RTX30シリーズだけでなく性能の高いGPUは軒並み品薄、高騰が続き、GPU単体で購入するよりゲーミングPCごと買ったほうがはるかにコストパフォーマンスが良いと思えるほどの高値が付いています。

玄人志向
¥195,980 (2021/07/18 21:51時点 | Amazon調べ)

「RTX 3080」レビュー・評価

良い点
悪い点
  • 快適にプレイできないゲームが存在しない
  • レイトレーシング対応
  • PS5を圧倒的に凌駕する性能
  • 消費電力が高い
  • 性能に比例して高価

「RTX 3080」は2020年9月に発売されたGeForce30シリーズのラインナップの一つです。

「RTX 3080」はレイトレーシング機能を有するRTX30シリーズにおいて「RTX 3090」や「RTX 3080 Ti」に次ぐ上位に位置する性能です。

より上があるといっても、そもそもの性能が非常に高く、カジュアルゲーマー目線だとオーバースペックといえるほどの性能を誇ります。

性能が高い分、下位モデルと比較すると消費電力が若干高めに設定されており、相応の電源を用意する必要があり、発熱にも気をつけなければなりません。

定価で単体購入するには少し勇気がいる価格のGPUですが、それに見合ったゲーミング体験を提供してくれる素晴らしいGPUであることは間違いありません。

「RTX 3080」搭載ゲーミングPC

「RTX 3080」を搭載したゲーミングPCを紹介します。

人気PCはほとんどのBTOショップで在庫が切れがちです。

ドスパラ」だけは在庫が豊富で出荷スピードが早いため、一日でも早くPCを手に入れたい人のために「ドスパラ」からPCを紹介します。

どのショップでもPCは頻繁に値上げされているので、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。

GPUの在庫不足問題については「GPU在庫不足とグラボ品薄の原因」という記事で詳しく解説しているのでそちらを参照してください。

「RTX 3080」搭載最安ゲーミングPC

ガレリア XA7R-R38
ガレリア XA7R-R38
CPU : Ryzen 7 3700X
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

ベンチマークスコア15256
3D Mark Time Spy

ガレリア XA7R-R38」は「RTX 3080」を搭載するゲーミングPCの中で最も安いモデルの一つです。

最も安いと言っても、非常に高性能なGPUである「RTX 3080」を搭載している以上は一般的なエントリーモデルと比較すると高価ですが、少しでも出費を抑えたい方には選択肢になります。

「RTX 3080」+第11世代Core搭載ゲーミングPC

ガレリア ZA7C-R38
ガレリア ZA7C-R38
CPU : Core i7-11700K
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

ベンチマークスコア15923
3D Mark Time Spy

「ガレリア ZA7C-R38」は「RTX 3080」と第11世代Core-i7を搭載するハイエンドゲーミングPCです。

今でこそAMD 「Ryzen」シリーズが非常に人気ですが、Intelも根強い人気があり、ものによってはIntelのCoreシリーズの方が動作が安定するゲームもあります。とはいえ、根本的な差はほとんどありませんが。

最安モデルからの決定的なアップグレードというわけではありませんが、値段相応の性能アップには成功しています。

「RTX 3080」+Ryzen 7 5800X搭載ゲーミングPC

ガレリア ZA7R-R38
ガレリア ZA7R-R38
CPU : Ryzen 7 5800X
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

ベンチマークスコア15117
3D Mark Time Spy

「ガレリア ZA7R-R38」は「RTX 3080」と、AMDで最も人気のあるCPU「Ryzen 7 5800X」を搭載するハイエンドゲーミングPCです。

一見、DirectX 12​ベンチマークテストであるTime Spyスコアが安いモデルより低いように見えるかもしれません。

しかし、総合ベンチマークである「PC Mark 10(8097)」ではこちらが大きく上回っており、やはり安定したゲーム・その他ソフトの動作を求めるならこちらのモデルが優位です。

「RTX 3080」搭載最強ゲーミングPC

ガレリア UA9C-R38
ガレリア UA9C-R38
CPU : i9-11900K
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 32GB
ストレージ : 1TB Gen4 NVMe SSD/2TB HDD

ドスパラで詳細・価格を見る

ベンチマークスコア15949
3D Mark Time Spy

「ガレリア UA9C-R38」は「RTX 3080」を搭載するゲーミングPCの中でも最高クラスの性能を誇ります。

CPUは第11世代Coreシリーズでも最強の「i-9 1900k」を搭載し、サブストレージとして2TBのHDDも付属しており、隙のない構成になっています。

非常に高価なゲーミングPCですが、このクラスなら数年は最新ゲームを最高の環境でプレイできるでしょう。

また、メモリも32GB積んでいるので、録画したゲームのプレイ動画の編集もサクサクこなせます。

「RTX 3080」おすすめグラボ

「RTX 3080」のおすすめグラボを単体で紹介します。

現状、世界的な半導体不足とマイニング需要の影響でグラフィックボードを正規の値段で手に入れることは困難です。Amazonに在庫があることも稀なので、供給不足が解消されるまではグラボ単体で買うよりはゲーミングPCごと買うことをおすすめします。

ASUS

台湾のハードウェア製造業者「ASUS」のグラフィックボードです。

ヒートシンクや冷却ファンの設計が見直され、冷却性能が飛躍的にアップしたモデルで安定動作が見込めます

MSI

MSI
¥178,000 (2021/07/18 21:51時点 | Amazon調べ)

世界有数のビデオカード製造メーカー「MSI」のグラフィックボードです。

冷却性能が高まると騒音が気になるモデルがありますが、このモデルは冷却性能の向上と静音性の両立を実現しました。

玄人志向

玄人志向
¥195,980 (2021/07/18 21:51時点 | Amazon調べ)

だいたいにおいて最安のグラフィックボードといったらこの「玄人志向」の製品です。

安くても性能は堅実で、ファンの多いメーカーです。

ZOTAC

ZOTAC
¥189,800 (2021/07/18 21:51時点 | Amazon調べ)

ゲーマーに支持されるメーカー「ZOTAC」のグラフィックボードです。

高い冷却性能を有するトリプルファンを搭載し、負荷がかかる場面やOCによる発熱を抑えることができます。

参考リンク

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる