【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

「RTX 4070 Ti」ベンチマーク・性能スペック・比較 おすすめゲーミングPCと各メーカーモデルを紹介

RTX 4070Tiアイキャッチ

今回の記事ではRTX 4000シリーズのアッパーミドルクラスとして発売された「RTX 4070 Ti」について、PCゲーマーの目線でレビューしていきます。

上記の内容について具体的に紹介していくので、「RTX 4070 Ti」のベンチマークや他モデルとの比較。搭載PCや「RTX 4070 Ti」の各メーカーモデルも気になっている方は参考にしてください。

RTX 4000シリーズの情報が気になる方は、「RTX4000シリーズの情報まとめ」をチェックしてみてください。

目次

「RTX 4070 Ti」性能・ベンチマーク比較

スクロールできます
GPU3DMARKスコアTGP(総消費電力)希望小売価格
RTX 409035626450W1499ドル
RTX 408028056320W1199ドル
RTX 4070 Ti22637285W799ドル
RTX 309019930350W1499ドル
RTX 3080 Ti19573350W1199ドル
RTX 308017704320W 699ドル
RTX 3070 Ti14825290W599ドル
RTX 307013748220W499ドル
RTX 3060 Ti11856200W399ドル
RTX 30608833170W329ドル
RTX 30506865130W249ドル
GTX 1660 Ti6821120W279ドル
GTX 1660 SUPER6103125W229ドル
GTX 16605771120W219ドル
GTX 1650362075W149ドル
GTX 1050 Ti235675W139ドル
「RTX 4070 Ti」ゲーム別フレームレート(4K DLSS3+レイトレON)Intel Core i9-13900K
Assassin’s Creed Valhalla
125fps
Cyberpunk2077
75fps
ELDEN RING(60fps上限)
60fps(貼り付き)
The Witcher 3 Wild Hunt
65fps
Coll of Duty Modern Warfare Ⅱ
85fps

by:GAME GPU

「RTX 4070 Ti」のスペック
できること
できないこと
  • 4K環境が当たり前
  • レイトレとDLSS3対応タイトルなら更に高画質かつfpsが向上
  • WQHDなら対戦ゲームでも高fpsを維持できる
  • 特になし

RTX 4070 Tiは、4000シリーズの中ではアッパーミドルに位置し、前世代のRTX 3070 Tiより約50%もスペックアップしています。

前世代のハイエンドモデルRTX 3090と比較してもスコアを上回っているので、新世代グラボにふさわしい性能を持っています。

超重量級ゲーム『Cyberpunk2077』を含め、DLSS3(対応タイトルのみ)を駆使してあらゆるPCゲームを4K+レイトレ+60fps以上の環境でプレイできるので、最高の画質でゲームをプレイしたいという方は困りません。

ここまでくるとフルHDでプレイする場合、あらゆるゲームでオーバースペックとなるため、WQHD以上の環境が当たり前になるでしょう。

「RTX 4070 Ti」の価格推移

「RTX 4070 Ti(MSI)」の2022年11月発売当初から今までの価格推移をまとめました。

「RTX 4070 Ti」の価格推移
2023年1月
149,800円

スタート価格は149,800円となりました。

昨年までは1ドル140円台と円安が続き、グラボの価格も高騰する懸念がありましたが、ようやく落ち着いてきて2023年1月時点では1ドル130円台まで来ているため、徐々に安くなる可能性があると予想できます。

RTX 3090が約19万円、3080 Tiが約15万円と考えると、これらのグラボより性能も高く安いRTX 4070 Tiは、ハイエンドグラボを求めるならいつでも買い時と言えます。

MSI
¥137,860 (2023/02/03 03:11時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

「RTX 4070 Ti」レビュー・評価

良い点
悪い点
  • ワットパフォーマンスがシリーズ中でも特に優秀
  • PCゲームで画質やfpsに困ることはない
  • 4000シリーズの中でコスパが高い
  • フルHD環境だとオーバースペックなGPU
  • カードサイズがでかすぎるので、PCケースが大きくなりがち

RTX 4070 Tiは、4000シリーズの中でも特にワットパフォーマンス(消費電力に対する性能の高さ)が優れているモデルです

ライバルとなるハイエンドGPUと比較しても一目瞭然で、ゲームでの高負荷時で比較すると、前世代のRTX 3070 Tiより約30Wも消費電力が抑えられています。

by.TECH POWER UP

これにより電源の容量にも上位モデルに比べて余裕ができ、700Wか750Wあたりで十分に電力の供給が可能なので、PC全体のコスパが向上します(RTX 4090は1000W以上が推奨)。

それでいてRTX 3090以上の映像処理能力を持つので、ワットパフォーマンスが優れているモデルと言われる理由も納得です。

自作用に購入する場合は、RTX 4000シリーズの特徴として「カードサイズが大きい」ことに注意が必要です。そのため、唯一の欠点は「PCケースが大きくなりがち」なところと言えます。

ですが、RTX 4000シリーズ欲しいけどコスパも気にする方には、これ以上無い条件が揃ったグラボなので、RTX 3000シリーズから乗り換えた時に一番コスパ良く違いを実感できるモデルです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

「RTX 4070 Ti」搭載ゲーミングPC

ここでは「RTX 4070 Ti」を搭載したゲーミングPCを紹介します。

人気PCはほとんどのBTOショップで在庫が切れがちです。

そんな中「ドスパラ」「マウスコンピューター」は在庫が豊富なので、在庫状況と価格を鑑みて、この2つのショップからコストパフォーマンスの良いPCを厳選して掲載します。


どのショップでもPCは頻繁に値上げされているので、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。

GPUの在庫不足問題については「GPU在庫不足とグラボ品薄の原因」という記事で詳しく解説しているのでそちらを参照してください。

RTX 4070 Ti+Core i7 13700Fモデル

ガレリア XA7C-R47T
ガレリア XA7C-R47T
CPU : Core i7-13700F
グラフィック : RTX 4070 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

コスパ重視のCPU「Core i7-13700F」を搭載したモデルです。

コスパ重視と言っても、最新世代の16コア24スレッドCPUで、現在あるCPUの中でもトップクラスの性能を持っているため、RTX 4070Tiとのボトルネックはほとんどありません。

あらゆるRPGを4K解像度でプレイしたい、『Escape from Tarkov』『Cyberpunk2077』などの重量級ゲームも最高画質で60fpsを維持したいといった要望にも答えられます。

RTX 3070 Ti搭載モデルと比較しても価格があまり変わらないことを考えると、コスパに優れたモデルと言えます。

RTX 4070 Ti + Core i9 13700K モデル

ガレリア ZA9C-R47T
ガレリア ZA9C-R47T
CPU : Core i9-13900KF
グラフィック : RTX 4070 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

最高級のIntel製CPU「Core i9-13900KF」を搭載したハイエンドモデルです。

価格は約43万円と高いですが、RTX 4070 Tiとボトルネックがなく性能をフルに活用できるため、PCゲームでスペック不足になることは数年先もないでしょう。

CPU自体への負荷が高いゲームでも、このCPUであれば余裕を持って処理でき、4K最高画質でプレイしながら動画配信を行うことも容易です。

もし動画配信をするのであれば、メモリを32GB以上に増設することで更に安定するので、ストリーマーの方はメモリ増設を検討しましょう。

RTX 4070 Ti + Core i7 13700KF + メモリ32GB

G-Tune EP-Z
G-Tune EP-Z
CPU : Core i7-13700KF
グラフィック : RTX 4070 Ti
メモリ : 32GB
ストレージ : 1TB SSD

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

こちらはマウスコンピューターから発売されている「RTX 4070 Ti」搭載ゲーミングPCです。

CPUは第13世代のCore i7を搭載しており、メモリは32GBとカスタマイズでアップグレードしなくても十分な性能を持っています。

PCゲームを快適に配信したい、「Escape from Tarkov」などの重いゲームを遊びたい!という方に最適なモデルです。

「RTX 4070 Ti」おすすめグラボ

「RTX 4070 Ti」のおすすめグラボを各メーカーのモデル別に紹介します。

メーカーごとのグラボで大きく違うところは「オーバークロックモデルかどうか」「出力端子の種類や端子の数」です。

自身が求める環境と照らし合わせて選んでみてください。

MSI

MSI
¥137,860 (2023/02/03 03:11時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
出力端子サイズオーバークロックの有無
HDMI×1、DisplayPort×3308×123×52mm有り

最大2,655MHzで動作するオーバークロックモデルです。

周波数が高く発熱量が多いカードなので、冷却システムにこだわりがあります。MSI独自のファンブレードにより、効率的な排熱を実現し、カード全体にヒートシンクが巡らされているので偏りがない冷却が可能です。

もしゲーム用途でしばらく使う予定がない場合は「サイレントモード」に切り替えることにより、静音性の向上や電力消費を抑えることができます。

ZOTAC

ZOTAC
¥141,111 (2023/01/27 16:03時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
出力端子サイズオーバークロックの有無
HDMI×1、DisplayPort×3306.8×119.4×58.5mm有り

最大2,625MHzで動作するオーバークロックモデルです。

90mmの大口径ファンを3基搭載し、カウル部分もエアフローを考慮した作りになっているため、高性能グラボの排熱問題をクリアしています。

ZOTACオリジナルのオーバークロックツールで簡単にクロック調整、ファンコントロール、GPUのモニタリングに加え、ライティングカラーやイルミネーション設定のカスタマイズも可能です。

ELSA

¥150,081 (2023/01/27 16:03時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
出力端子サイズオーバークロックの有無
HDMI×1、DisplayPort×3297mm×118mm×42mmなし

スタンダードな仕様のモデルですが、RTX 4070Tiの中で一番厚みを抑えた作りなので、他のモデルよりマザーボードのスロットを1つ多く使用することが可能になります。

これによりサウンドカードなどの増設をしたい場合に、グラボが邪魔で搭載できないといったことにならないため、PCI Expressに何かを繋げる場合はこのモデルがおすすめです。

参考リンク

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次