【★期間限定】マウスコンピューターのセール情報まとめ

「RTX 3070」ベンチマーク・性能スペック・比較 おすすめゲーミングPC紹介

「RTX 3070」ベンチマーク・性能スペック・比較

次世代GPU、「RTX40」シリーズの登場によりRTX30シリーズは各BTOショップから在庫が僅少となっています。

RTX 3070をクラスのスペックを狙っている方は次世代GPUのRTX 4070搭載おすすめゲーミングPCをチェックしてみてください。

「RTX 3070」について、PCゲーマーの目線でレビューしていきます。

この記事では、

上記の内容について具体的に紹介していきます。

記事の最後では有名メーカーが販売する「RTX 3070」のグラフィックボードを紹介します。

RTX 4000シリーズの情報が気になる方は、「RTX4000シリーズの情報まとめ」をチェックしてみてください。

目次

「RTX 3070」性能・ベンチマーク比較

スクロールできます
GPU3DMARKスコアTGP(総消費電力)希望小売価格
RTX 409035626450W1499ドル
RTX 408028056320W1199ドル
RTX 4070 Ti 22637285W799ドル
RTX 407017958200W599 ドル
RTX 4060 Ti13520160W8GBモデル:399 ドル
16GBモデル:499 ドル
RTX 406010802115W299 ドル
RTX 309019930350W1499ドル
RTX 3080 Ti19573350W1199ドル
RTX 308017704320W 699ドル
RTX 3070 Ti14825290W599ドル
RTX 307013748220W499ドル
RTX 3060 Ti11856200W399ドル
RTX 30608833170W329ドル
RTX 30506865130W249ドル
GTX 1660 Ti6821120W279ドル
GTX 1660 SUPER6103125W229ドル
GTX 16605771120W219ドル
GTX 1650362075W149ドル
GTX 1050 Ti235675W139ドル
「RTX 3070」ゲーム別フレームレート(FHD最高設定・CPU=i9 10900K)
Apex Legends
195fps
Fortnite
189fps
PUBG
154fps
Overwatch
293fps
Cyberpunk 2077
82fps
FF15
151fps

by:GPUCheck

「RTX 3070」のスペック
できること
できないこと
  • レイトレーシング
  • AAAタイトルを最高設定でプレイ
  • 動画編集から書き出しまでスムーズに
  • 『Apex Legends』低設定で240fpsプレイ
  • VRゲームを高フレームレートでプレイ
  • AAAタイトルを4K最高設定でプレイ
  • 『Apex Legends』最高設定で240fpsプレイ

「RTX 3070」はレイトレーシング対応のハイエンドクラスのGPUです。

スペックは前世代最高性能の「RTX2080 Ti」と同等でありながら価格面では非常にコスパがよく、非常に多くのユーザーの支持を得ています。

RTXシリーズのウリであるレイトレーシングに対応したゲームが増えてくる中、年々PCゲームが要求するスペックも高まっています。

「RTX 3070」のスペックなら、『Apex Legends』をはじめ、 99%以上のタイトルは快適にプレイすることが出来ます。

「RTX 3070」はほとんど非の打ち所がない優秀なGPUですが、敢えて欠点を挙げるとすれば、4K環境のゲームプレイにおいては若干力不足なことは否めません。

それを差し引いても、「RTX 3080」に並ぶ人気も納得の優秀なGPUです。

「RTX 3070」の価格推移

「RTX 3070」(MSI)の発売当初から今までの価格推移をまとめました。

「RTX 3070」の価格推移
2020年10月
80,080円
2020年12月
75,800円
2021年1月
84,040円
2021年3月
93,500円
2021年5月
217,000円
2021年6月
169,000円
2022年6月
107,800円
2022年9月
98,073円
2023年3月
89,800円

「RTX 3070」は2020年10月29日に発売され、前世代最高スペックの「RTX2080 Ti」と遜色の無いスペックと価格のバランスの良さから人気を博しました。

特にフルHDにおいては並ぶものがいないほど最適なGPUとみなされ、高価な新パーツであるにもかかわらずPCゲーマーにおける「RTX 3070」使用率は急上昇し、「Steamハードウェア&ソフトウェア 調査: May 2021」ではRTX 2060 SUPERを上回るほどの勢いでした。

レイトレーシング対応のゲームが増えていく中で、性能と価格を兼ね備えた「RTX3070」は品薄になることが多く、徐々に値段が上がっていきました。

更に2021年にかけ、世界的な半導体不足やマイニング需要によりGPUの在庫切れが深刻になり、発売当初の3倍近い値段にまで到達しました。それでも、依然として売れ続けている化け物GPUです。

2022年6月現在でも、コストパフォーマンスの高さや需要からまだまだ人気が高いですが、約10万円前後で購入できるようになっています。

2023年時点では発売当初よりも若干高い価格ではありますが、現在の需要を考えると適正な価格となっています。

次世代機の登場で在庫切れなどになる可能性があるので、ほしい方は早めに購入することをおすすめします。

MSI
¥388,900 (2024/04/10 14:22時点 | Amazon調べ)

「RTX 3070」レビュー・評価

良い点
悪い点
  • 性能と価格のバランスが良い
  • フルHD環境では最適なGPU
  • PS5を大きく上回る性能
  • レイトレーシング
  • AAAタイトルの4K最高品質でのプレイはやや厳しい
  • 大人気の為、品薄になりがち

「RTX 3070」は2020年10月29日に発売されたRTX30シリーズのラインナップの一つです。

能力的には「RTX 3080」や「RTX 3090」より下位モデルの「RTX 3060」に近いものの、コストパフォーマンスで見ればベストなGPUといえます。

特に4KゲーミングやAAAタイトルの「最高品質+レイトレーシング」プレイでは「RTX 3080」に大きく水をあけられていますが、「RTX 3070」以上のGPUからは値段も大幅上昇するので、フルHDゲーミングにおいては間違いなく「RTX 3070」がコスパ最強です。

フルHDモニターで遊ぶほとんどのゲーマーにとっては「RTX 3070」は十分すぎる性能です。

今から買うなら「RTX 3070」と「RTX 3080」のどっちがいい?

結論から記載すると「目的」と「予算」によって大きく変わってきます。

以下では「RTX 3070」と「RTX 3080」でどんなことができるかを比較してみました。

RTX 3070
RTX 3080
  • ほとんどのPCゲームを「高設定」以上で快適にプレイできる
  • 『Apex』で144fps~240fpsを安定して出せるが、状況によっては240fpsは安定しない
  • 配信のビットレートなどによっては少しフレームレートが下がる懸念点がある
  • RTX 3080搭載モデルと比べて約4万円ほど安い
  • 次世代モデルの登場で在庫がほとんどない
  • ほぼすべてののPCゲームを「最高設定」以上で快適にプレイできる
  • 『Apex』で240fpsを安定して出せる
  • 配信をしながらのプレイでもフレームレートにほとんど影響はでない
  • RTX 3070搭載モデルと比べて約4万円ほど高い

どちらのGPUも高性能ですが、「Apexなどで240fpsを常時維持したい」「配信でフレームレートが落ちるのが嫌」という方は「RTX 3080」の方がおすすめです。

逆に「特に配信もしないし、大体のゲームで144fps以上出れば満足」という方には「RTX 3070」がベストです。

価格差は約4万円ほど違うので「どれだけフレームレートの向上に予算を出せるか」が重要になってくるので慎重に選択しましょう。

現在次世代GPUのRTX 4000シリーズの発売によって、RTX 3080~RTX3090モデルは各BTOショップで在庫限りとなっています。

RTX 3080を購入したい方は次世代モデルの「RTX 4070 Ti」がコスパが良いのでおすすめです。

「RTX 3070」搭載ゲーミングPC

「RTX 3070」を搭載したゲーミングPCを紹介します。

BTOショップは様々ありますが、当サイトでは「ドスパラ」と「マウスコンピューター」を中心におすすめモデルを紹介しています。
ドスパラはとにかく納期が早いのが特徴で、マウスコンピューターは高品質な部分が特徴となっています。

ドスパラは最大60回までの分割払い、マウスコンピューターは最大36回までの手数料を無料で行えるので、一括でなくても長期的な支払いを行うことでPCを購入することが可能です。

「RTX 3070」搭載最安ゲーミングPC

G-Tune DG-A7G70
G-Tune PL-B
CPU :Ryzen 7 5700X
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB Gen4 SSD

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

ベンチマークスコア
3D Mark Time Spy

「G-Tune DG-A7G70」は「RTX 3070」を搭載するゲーミングPCの中で最も安いモデルです。

初めてゲーミングPCを買うなら、真っ先に候補に挙がる定番商品です。

最安値のモデルではありますが、安かろう悪かろうではなく、むしろほぼすべてのゲームが快適にプレイできる優れモノです。

>>公式サイトで「G-Tune DG-A7G70」の詳細を確認する

「RTX 3070」+第13世代Core搭載モデル

G-Tune DG-I7G70
HM-Bpre
CPU :インテル Core i7-13700F
グラフィック :GeForce RTX 3070
メモリ : 32GB
ストレージ : 1TB(NVMe)

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

ベンチマークスコア13370
3D Mark Time Spy

「G-Tune DG-I7G70」は第13世代のIntel CPU「Core i7-13700F」を搭載したゲーミングPCです。

昨今ではAMDの「Ryzen」シリーズの人気が高まってきていますが、IntelのCPUもまだまだ負けていません。

「CPUは断然Inltel」という方にはこのモデルがオススメです。

>>公式サイトで「G-Tune DG-I7G70」の詳細を確認する

「RTX 3070」おすすめグラボ

「RTX 3070」のおすすめグラボを単体で紹介します。

現状、世界的な半導体不足とマイニング需要の影響でグラフィックボードを正規の値段で手に入れることは困難です。Amazonに在庫があることも稀なので、供給不足が解消されるまではグラボ単体で買うよりはゲーミングPCごと買うことをおすすめします。

ASUS

ASUSTek
¥95,000 (2024/04/10 14:22時点 | Amazon調べ)

台湾のハードウェア製造業者「ASUS」のグラフィックボードです。

このモデルは従来モデルと比べてファンが改良されており、冷却性能が飛躍的に向上しています。

MSI

MSI
¥52,680 (2024/04/10 14:22時点 | Amazon調べ)

世界有数のビデオカード製造メーカー「MSI」のグラフィックボードです。

スタンダードなモデルながら、冷却効率を向上させる「トルクスファン3.0」が採用されており、安定動作に定評があります。

ELSA

根強い人気がある「ELSA」のグラフィックボードです。

「ELSA」製品はやや割高感がありますが、堅牢な作りに定評があり、他メーカーより故障報告が少ないです。

高性能のグラフィックボードは値段が張りますので、故障しにくいモデルを選ぶことも重要です。

ZOTAC

ZOTAC(ゾタック)
¥118,000 (2024/04/10 14:22時点 | Amazon調べ)

世界中のゲーマーに支持されるハードウェアメーカー「ZOTAC」のグラフィックボードです。

「ZOTAC」製のグラフィックボードが支持される理由のひとつとして、ゲーマー心をくすぐるホログラフィー処理があります。

このモデルも鮮やかなホログラフィーライティングが施され、色の変化を視覚的に楽しむことができます。

参考リンク

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次