【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

「RTX 3070 Ti Laptop」ベンチマーク・性能スペック・比較│おすすめゲーミングノートPC紹介

RTX3070TiLaptopレビューアイキャッチ

今回は「RTX 3070 Ti Laptop」について、PCゲーマーの目線でレビューしていきます。

「RTX 3070 Ti Laptop」の性能やベンチマークスコア、ゲーム別のフレームレートに加え、おすすめの「RTX 3070 Ti Laptop」搭載ゲーミングPCも紹介するので参考にしてください。

RTX 4000シリーズの情報が気になる方は、「RTX4000シリーズの情報まとめ」をチェックしてみてください。

目次

「RTX 3070 Ti Laptop」性能・ベンチマーク比較

スクロールできます
GPU3DMARKスコア
RTX 309019930
RTX 3080 Ti19573
RTX 308017704
RTX 3070 Ti14825
RTX 307013748
RTX 3080 Laptop13180
RTX 3060 Ti11856
RTX 3070 Ti Laptop11341
RTX 3070 Laptop10465
RTX 2080 Laptop10120
RTX 30608833
RTX 3060 Laptop8120
RTX 2080 Max-Q7912
RTX 30506865
GTX 1660 SUPER6103
RTX 2060 Laptop5830
RTX 3050 Ti Laptop5212
RTX 3050 Laptop4912
GTX 16503620
「RTX 3070 Ti Laptop」ゲーム別フレームレート(フルHD最高設定・CPU=i7 12700H )
原神
120fps(上限fps)
GTA5
110fps
FINAL FANTASY 15
110fps
Fortnite
220fps
Apex Legends
202fps
Valolant
240fps
「RTX 3070 Ti Laptop」のスペック
できること
できないこと
  • レイトレーシング+DLSS
  • 設定次第では4Kでも60fpsが可能
  • AAAタイトルをフルHD高画質で遊ぶ
  • 3Dモデリングの作成など
  • 4Kを最高設定144fpsで遊ぶ
  • GPUファンの音を小さくする

「RTX 3070 Ti Laptop」はレイトレーシングとDLSS対応のノートPC向けハイエンドGPUです。

「RTX 3070(notebook)」よりも約30%ほどスペックアップしているので、フルHDだけでなくWQHDや4Kでのゲームプレイも視野に入ってきます。

『Apex Legends』や『VALORANT』といったFPSゲームを144fps以上の高fps環境でプレイできるので、144hzモニター搭載のゲーミングノートPCを存分に活かしながらゲームをプレイできます。

4KでプレイするにはノートPCとは別に、対応のモニターを用意する必要がありますが、画質にこだわる方は4Kモニターもセットで用意することをおすすめします。

本記事で紹介しているモデルの中にはWQHD液晶を搭載しているモデルもあるので、パワフルなGPUを活かした環境でゲームをプレイしたい方は「DAIV 6H」などのクリエイターモデルがおすすめです。

レイトレーシングとは「光や影を現実世界と同様に表現する」機能です。
DLSSはきれいな映像に置き換えつつGPUの負荷を下げる、NVIDIAの技術です。

「RTX 3070 Ti Laptop」と「RTX 3070 Ti」の違いは?

ノートPC向けGPU「RTX 3070 Ti Laptop」と、デスクトップ向けGPU「RTX 3070 Ti」はそもそも何が違うのか?と疑問を抱いているユーザーに向けて性能の違いを解説します。

型番RTX 3070 Ti LaptopRTX 3070 (Desktop)
GPUGA104GA104
メモリ8GB8GB
CUDAコア58886144
クロック周波数1035~1485MHz1575MHz~1770MHz
TDP80~125W290W
3Dmarkスコア1134114825

上記の表を見比べると、GPU・メモリは同じスペックですがCUDAコア数・消費電力・クロック周波数に差が出ています。

CUDAコアの数は単純にCPUのコア数の違いと一緒で、演算処理能力の差に大きく関わるスペックであり、更に消費電力・クロック周波数にも差が出ているため3Dmarkスコアに約30%の差が出ています。

この結果から言えることは「RTX 3070 Ti LaptopはノートPC向けに発熱や消費電力をできるだけ抑えたRTX 3070 Ti」ということです。
デスクトップGPUの中で「RTX 3070 Ti Laptop」と一番近いスペックは「RTX 3060 Ti」あたりになります。

「RTX 3070 Ti」というモデルの性能を極力落とすことなく、ノートPCに搭載しても支障がないように上手く調整されているので、結果的にコスパがよく扱いやすいGPUに仕上がっています。

「RTX 3070 Ti Laptop」レビュー・評価

良い点
悪い点
  • PCゲームを高画質で遊んでも高fpsを保てる
  • 8GBメモリでスムーズな描写が可能
  • WQHD以上の解像度で快適にゲームがプレイできる
  • DLSS+レイトレーシングで高画質かつ負荷を抑えてゲームができる
  • 発熱が大きいのでファンがうるさい
  • 価格が高い

「RTX 3070 Ti Laptop」は搭載モデルが約30万円以上と価格が高めですが、それに見合う高品質な環境を提供してくれるGPUです。

WQHDや4Kでもカクつくことなく快適にPCゲームをプレイできるスペックの高さが魅力で、あらゆるゲームタイトルで要求スペックに困りません。

しかしその反面、発熱が大きいGPUなので、高負荷時にはノートPCから発するファンの音が大きくなります。

現在の技術ではゲーミングノートPCで静音性を両立することは難しいので、デスクトップPCを使用するか、ノートPCの携行性を犠牲にして水冷クーラーを搭載するしかありません。
ゲーミング性能と静音性はトレードオフと割り切りましょう。

そのかわり「RTX 3070 Ti Laptop」は、ノート向けGPUの中でもかなり性能が高いモデルなので、フルHDじゃ物足りない人や、高fpsでFPSをガチりたいハードゲーマー向けの環境で活躍できるGPUです。

「RTX 3070 Ti Laptop」搭載ゲーミングノートPC

ここでは「RTX 3070 Ti Laptop」を搭載したゲーミングノートPCを紹介します。

主に搭載モニターのリフレッシュレートが変わっているので、3Dmark Time Spyのスコアを参考に自身が求めるスペックやfpsで選んでみてください。

3Dmark Time Spy 目安
3Dmark Time Spyスコアの目安。by.ドスパラ

「RTX 3070 Ti Laptop」+縦長フルHD(1920×1200)165Hzモニター

ガレリア ZL7C-R37TH
ガレリア ZL7C-R37TH
CPU : Core i7-12700H
グラフィック : RTX 3070 Ti
メモリ : 32GB
ストレージ : 1TB NVMe SSD
モニター : 165Hz 16.0インチ
重量 : 2.15kg
バッテリー : 6.8 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

ベンチマークスコア8762
3D Mark Time Spy

intel製の第12世代CPUと「RTX 3070 Ti Laptop」を組み合わせた、約28万円のゲーミングノートPCです。

CPUが14コア20スレッドのハイブリッドコアシステムを採用しているため、マルチタスクの処理速度が非常に高いので「RTX 3070 Ti Laptop」ともボトルネックがありません。

搭載モニターは165Hz対応なので、『Apex Legends』を始めとしたFPSを、165fps張り付きで楽しめるスペックがあります。

もちろん他のあらゆるPCゲームでも要求スペックに困ることはないので、安定して高画質かつ高fpsでPCゲームを30万円以下で購入したい方におすすめのモデルです。

「RTX 3070 Ti Laptop」+WQHD(2560×1440)240Hzモニター

G-Tune H5
G-Tune H5
CPU : i7-11800H
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 240hz 15.6型
重量 : 2.23kg
バッテリー : 10時間

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

関連記事 「G-Tune H5」レビュー

ベンチマークスコア10539
3D Mark Time Spy

高スペックCPUである「Core i9 12900H」を搭載した、mouseのゲーミングノートPCブランド「G-Tune」のハイエンドモデルです。

搭載モニターは高解像度のWQHDかつ240Hzと、高周波のモニターを搭載しているので「RTX 3070 Ti Laptop」のパワーを十分に活かせるため、『VALORANT』を240fpsでプレイ可能です。

また、モニターの質が良くメモリも32GBあるので、ゲーム用途はもちろん高解像度のイラスト作成などのクリエイティブな作業にも万能に活躍します。

ストリーム配信・動画編集・イラスト作成・PCゲームなど全てを一台でこなせるハイスペックノートPCを求めている方は、このモデルがおすすめです。

「RTX 3070 Ti Laptop」+WQXGA(2560×1600)液晶クリエイターモデル

DAIV 6H
DAIV 6H
CPU : Core i9-12900H
グラフィック : RTX 3070 Ti Laptop GPU 
メモリ : 32GB
ストレージ : 1TB (NVMe Gen4×4)
モニター :16.0型 ノングレア 
重量 : 約 1.65kg
バッテリー : 約 11.5時間

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

ベンチマークスコア8718
3D Mark Time Spy

60Hzの高解像度かつ色域が非常に広いモニターを搭載した、mouseのクリエイター向けモデルです。

外部にゲーミングモニターを接続しない限り、60fpsまでの環境で使用することになるので、対戦ゲームよりもRPGやアドベンチャー向けのノートPCと言えます。

WQXGA(2,560×1,600)の高解像度かつsRGB比 100%の広色域パネルは、正確な色彩表現ときめ細かい映像を描写できるため、ストーリーやグラフィックを重視したゲームをより一層楽しめるものにするでしょう。

もちろんクリエイター向けモデルなので、4Kの動画編集や高解像度のイラスト作成などにも余裕で対応できるパワーがあります。

RPGなどを高画質でプレイしたい、クリエイターとしても快適に使用できるノートPCを求めている方には、このモデルがおすすめです。

参考リンク

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次