グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

『Apex Legends』おすすめゲーミングノートPCと推奨スペック | 格安モデルから240fps対応のハイエンドモデルまで紹介

apexlegends_アイキャッチ

この記事では『Apex Legends』をゲーミングノートPCでプレイしたい方の「結局どのPCを使えばいいの?」という悩みを解消します。

以下の疑問を抱えている人は参考にしてください。

当サイトでは価格別やゲーム別推奨スペックなどをまとめた「ゲーミングノートPCおすすめモデル」も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングノートPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

モデル名 価格帯 こんな人におすすめ!
RL5R-G50T
10万円~ 一番安く快適に『Apex Legends』をプレイできるゲーミングノートPC
XL7C-R36
XL7C-R36
16万円~ 『Apex Legends』で144fpsを出せる優秀な軽量ノートPC
UL7C-R36
UL7C-R36
19万円~ 240Hzに対応した高性能ゲーミングノートPC
UL7C-R37
UL7C-R37
23万円~ 240fpsからゲーム配信まで、『Apex Legends』を遊ぶための完璧なノートPC
筆者の経歴

筆者はサービス開始時から『Apex Legends』をプレイしており、シーズン6ぐらいまでは低スペックのPCでプレイしていました。

「fpsが低くて撃ち負けるのが気に入らない!」という気持ちからシーズン8あたりで思い切ってRTX3070搭載PCを購入。

RTX3070搭載PCでのプレイはトラッキングやフリックなどすべてのエイムがやりやすくなり、KDや平均ダメージもみるみる増えていき、シーズン8,9,10ではすべてのスプリットでマスターランクに到達しています!

Apexrank
目次

『Apex Legends』動作環境・推奨スペック

『Apex Legends』公式サイト情報を元に、どの程度のスペックのPCであれば『Apex Legends』が快適に動作するかを紹介します。

必要スペック

スクロールできます
CPUCore i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
メモリ6GB
GPUNVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7700
必要スペック(by:Apex Legends)

公式サイトが発表している必要スペックは、快適さを問わずゲームを動かすために必要なだけのスペックです。

必要スペックを満たしただけのPCでは、まともにプレイすることもできません。

対人ゲームである『Apex Legends』において、PCスペックの低さは致命的です。

必要スペックだけを満たしたPCでのプレイはおすすめできません。

とにかく予算を重視してゲーミングPCが欲しい方には「安いゲーミングPC」のページで、格安で購入できるゲーミングPCをまとめているので、参考にしてみてください。

推奨スペック

スクロールできます
CPUCore i5-3570T
メモリ8GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
推奨スペック(by:Apex Legends)

公式の発表している推奨スペックでも、『Apex Legends』を快適にプレイすることは難しいでしょう。

このスペックでは、「60fps」を安定して出すことも難しいです。

フレームレートが低ければエイムを満足に合わせられず、撃ち合いで負けてしまう可能性も高くなります。

『Apex Legends』の腕を磨きたいなら、より高スペックなPCを選ぶようにしましょう。

ゲーミングPC初心者には、推奨スペック以上の性能かつ格安の入門モデルがおすすめです。

真の推奨スペック

スクロールできます
CPUCore i7-9700K
メモリ16GB
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060

筆者が個人的に考える『Apex Legends』を快適にプレイするために必要なスペックは上記の通りです。

これくらいのスペックがあれば、高いフレームレートを維持した状態で不自由なくプレイできるでしょう。

RTX 3060を搭載したゲーミングPCなら平均「144fps」でプレイすることが可能です。

この記事で紹介している「XL7C-R36」や「UL7C-R36」なら、平均144fpsを安定して出すことができます。

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません

by:Apex Legends

グラフィックボードを搭載してないノートパソコンでの『Apex legends』のプレイは、ほぼ不可能です。

ゲームが起動したとしても、画面の解像度やビデオ設定をすべて最低まで下げてようやく「15fps」出るレベルです。

FPSゲームにおいて15fpsはまともにプレイが出来ないレベルです。更に解像度を下げると画質が一気に荒くなり、敵も見づらくなってしまいます。

また『Apex legends』は3人チームでプレイするゲームなため、グラフィックボードが搭載されていないパソコンで遊ぶと味方に大きな迷惑がかかってしまいます。

グラボなしPCについて詳しく知りたい方は「内蔵GPUとは何か」で解説しているので参考にしてください。

『Apex Legends』をプレイするなら高性能なゲーミングノートPCがおすすめ

apexおすすめゲーミングノート_イメージ
by:Apex Legends

『Apex Legends』を快適にプレイしたいなら、高フレームレートを安定して出せるゲーミングノートPCをおすすめします。

ここからは、高フレームレートを安定して出せるゲーミングノートPCをおすすめする理由を解説します。

フレームレートが高いと撃ち合いの勝率が上がる

フレームレート
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
ゲームのフレームレートが高ければ高いほど映像は滑らかになり、3D酔いしにくくなり、快適に操作できるようになります。

それだけでなく、フレームレートに比例してプレイヤーの反応速度も上がり、対戦ゲームではフレームレートが高いほうが有利になります。
フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は「フレームレートとは何か?」を参考にしてください。

フレームレートが高ければ高いほど、敵の動きが滑らかになります。

敵の動きに合わせてエイムを合わせやすくなるので、エイム精度が上がり、自然と撃ち合いの勝率も高くなります。

反対に、フレームレートが低いと敵の動きを的確に追うことができず、エイムを合わせているつもりでもあまり弾が当たらないといった問題が起こります。

また、フレームレートが高いほど視認性も上がるため、撃ち合いになる前に有利なポジションを取りやすくなるというメリットもあります。

fpsとKDの関係
キルデス比とfpsの関係 by:NVIDIA

また、NVIDIAの検証では、フレームレートとK/D(キルデス)が比例するという結果が出ています。

このことからも、『Apex Legends』では高いフレームレートを安定して出せるスペックのPCでプレイすべきということが分かります。

コンパクトなのでどこでも遊べる

コンパクト

ゲーミングノートなら持ち運びが可能なため、ネット環境さえあれば場所を選ばず『Apex Legends』をプレイすることもできます。

旅行先で遊んだり、友人とゲーミングノートを持ち寄って集まってプレイしたりといった楽しみ方もできます。

また、デスクトップのゲーミングPCで遊ぶためには、ゲーミングモニターやゲーミングキーボードなどが必要となります。

ゲーミングノートなら、ゲーミングノートPC一台あるだけでプレイできる点もメリットといえるでしょう。

高負荷な状況になってもカクつかない

高負荷な状況になってもカクつかない
by:NVIDIA

『Apex Legends』では、戦闘時やプレイヤーが近くに多くいる場面などで高負荷がかかってしまいます。

もともと低フレームレートでプレイしている場合、負荷がかかってしまうと画面がカクついてまともにプレイができなくなるケースも少なくありません。

普段から144fps以上を安定して出せているのであれば、多少負荷がかかってフレームレートが落ちても快適にプレイを続けることが可能です。

また、重要な場面で画面がカクついてまともに戦えず負けることが続いてしまうと、メンタル面にも悪影響を与えます。

フレームレートが高ければもっと正確なエイムで敵を倒せたのではないかなどと考えるようになってしまうと、ゲームを純粋に楽しめなくなり、モチベーションの低下につながりかねません。

これらのことから、ゲームを快適にプレイするためには高いフレームレートを安定して出せるスペックを持ったPCが必要といえるでしょう。

GPU&グラフィック設定別フレームレート・ベンチマーク

フルHD(1080P)-低設定
RTX 3090
291fps
RTX 3080
278fps
RTX 2080 Ti 
269fps
RTX 3070
257fps
RTX 3060 Ti
255fps
RTX 2080 SUPER
251fps
RTX 2070 SUPER
238fps
RTX 3060
235fps
GTX 1080 Ti
227fps
RTX 2060 SUPER
221fps
GTX 1660 SUPER
186fps

このベンチマークは戦闘しない時間も含めた平均フレームレートです。グレネードが飛び交う激しい戦闘時にはもちろん重くなり、この平均fpsは維持できません。
また、それぞれ『Apex Legends』内での計測時期も方法も異なり、検証は完全な同一環境で行われているわけではないので、あくまで目安としてください。

BTOショップ別特徴まとめ【ドスパラからパソコン工房まで】

メーカー値段納品速度サポート使い勝手ゲーマー向け
ドスパラ     
マウスコンピューター     
パソコン工房     
フロンティア     

最近のBTOショップでは、販売されているPC自体の性能差はほとんど存在しません。

一日でも早くお目当てのゲーミングPCが欲しいなら「ドスパラ」

どれほど時間がかかっても受注生産やセールで最安ゲーミングPCが欲しい人は「フロンティア」

「マウスコンピューター」は24時間365日の電話サポートが手厚いので入門者にはぴったりです。

今日本でゲーミングPCを買おうと思ったらこの記事で紹介しているPCモデルがトップクラスです。

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのはコスパが悪いのでやめましょう。
家電量販店のデメリットを詳しく知りたい方は「パソコン買うなら電気屋や家電量販店はNGな理由」を参考にしてください。

『Apex Legends』おすすめゲーミングノートPC

『Apex Legends』をプレイするのにおすすめのゲーミングノートと言っても、プレイヤーがどこまで求めているかによって必要となるスペックは大きく異なります。

ここからは、快適にプレイするための最低限のスペックのものから、本気で腕を磨きたい方や一緒に配信をしたいという人向けの最強スペックのゲーミングノートまで手広く紹介していきます。

モデル名 価格帯 こんな人におすすめ!
RL5R-G50T
10万円~ 一番安く快適に『Apex Legends』をプレイできるゲーミングノートPC
XL7C-R36
XL7C-R36
16万円~ 『Apex Legends』で144fpsを出せる優秀な軽量ノートPC
UL7C-R36
UL7C-R36
19万円~ 240Hzに対応した高性能ゲーミングノートPC
UL7C-R37
UL7C-R37
23万円~ 240fpsからゲーム配信まで、『Apex Legends』を遊ぶための完璧なノートPC

人気PCはほとんどのBTOショップで在庫が切れがちです。

ドスパラ」だけは在庫が豊富で出荷スピードが早いため、一日でも早くPCを手に入れたい人のために「ドスパラ」からPCを紹介します。

どのショップでもPCは頻繁に値上げされているので、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。

GPUの在庫不足問題については「GPU在庫不足とグラボ品薄の原因」という記事で詳しく解説しているのでそちらを参照してください。

初心者にはとにかく安い入門モデルがおすすめ

ガレリア RL5R-G50T
ガレリア RL5R-G50T
CPU : Ryzen 5 4600H
グラフィック : GTX 1650 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 120Hz 15.6インチ
重量 : 1.9kg
バッテリー : 7.5 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「GALLERIA RL5R-G50T 」レビュー

長所
短所
  • 圧倒的に安い
  • 120hz対応モニター
  • 1.9kgの軽さ
  • 144fpsは出せない
  • デスクトップPC並の拡張性はない

『Apex Legends』をできるだけ低価格で快適にプレイしたいという方におすすめしたいのが、『RL5R-G50T』です。

本製品最大の特徴は、何と言ってもその価格の安さでしょう。

本製品は、『Apex Legends』をプレイするのに十分なスペックを持っていながら、価格は驚きの10万円です。

価格はゲーミングノートの中でも極めて安いですが、決して性能が劣っているということはありません。

グラボは「GTX 1650 Ti」を搭載しているほか、モニターは120Hzに対応しています。

これから『Apex Legends』を始めたいという初心者の方に是非おすすめしたいエントリーモデルです。

Apexを遊ぶならこれが最安!

公式サイトでゲーミングPCの詳細を見る

144fpsを目指す中級者にはミドルレンジ+軽量モデルがおすすめ

ガレリア XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36
CPU : Core i7-10875H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 144Hz 15.6インチ
重量 : 2.0kg
バッテリー : 5.8 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 GALLERIA XL7C-R36レビュー

長所
短所
  • コスパ最高のゲーミングノートPC
  • 144hz対応モニター
  • FHD+低設定で144fpsが安定
  • 容量が少ないのでストレージ増量必須
  • デスクトップPC並の拡張性はない

『Apex Legends』を144fpsで遊びたいなら、コスパの高いゲーミングノートで『XL7C-R36』がおすすめです。

本製品は約16万円という価格でありながら、高フレームレートを維持してプレイすることが可能となっています。

実機で確認したところ、低設定にすればモニター上限である144fpsをほぼ完ぺきに維持できています。

また、薄型狭額ベゼルのおかげでより没入感の高いゲーム体験が味わえるようになっており、ゲーミングノートの欠点であるディスプレイの小ささを補ってくれています。

144fpsを安定して出せるゲーミングノートをお探しの方や、初心者から脱却したい中級者の方に最適な高コスパモデルとなっています。

144fpsでApexを遊びたいならコスパ最高

公式サイトでゲーミングPCの詳細を見る

より上を目指すなら240Hzに対応したゲーミングノートPCがおすすめ

ガレリア UL7C-R36
ガレリア UL7C-R36
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB NVMe SSD
モニター : 240Hz 15.6インチ
重量 : 2.0kg
バッテリー : 9.6 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 240hzモニター搭載
  • バッテリー持続時間が驚異の9時間以上
  • FHDならfps以上出せる
  • 高性能に比例した高価格
  • 240fpsは出せない

UL7C-R36』は、240hzモニターを搭載し、200fps以上を安定して出すことも可能なハイスペックモデルです。

常に高いフレームレートで『Apex Legends』をプレイすることができるので、プレイの快適さは抜群といえるでしょう。

また、バッテリーが9.6時間持続する点にも注目です。

長時間充電がいらないので、外出先に持ちこんで『Apex Legends』をプレイするというゲーミングノートならではの楽しみ方にも適しています。

ゲーミングノートPC選びで迷ったらとりあえずこの製品を買っておけば失敗することはないでしょう。

『Apex Legends』の腕を磨きたいという上級者に是非ともおすすめしたいゲーミングノートです。

軽量モデルながら240hz対応モニター搭載

公式サイトでゲーミングPCの詳細を見る

240fps+配信がしたい方にはハイエンドなゲーミングノートPCがおすすめ

ガレリア UL7C-R37
ガレリア UL7C-R37
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB NVMe SSD
モニター : 240Hz 15.6インチ
重量 : 2.0kg
バッテリー : 8.8 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 240hzモニター搭載
  • 同時に配信もできるほどの高性能
  • バッテリー持続8時間以上なので、短い距離の移動なら問題ない
  • FHDなら240fps出せる
  • 高性能に比例した高価格

本気で『Apex Legends』のランク上位を目指すために最強のゲーミングノートがほしいという方には、『UL7C-R37』がおすすめです。

本製品はCPUもグラボも高性能で、デスクトップのゲーミングPCにも劣らないほどの高スペックを持っています。

フルHDなら240fpsを出すことも可能なため、撃ち合いで後れを取ることはないでしょう。

むしろ有利に立つことができるほどです。

また、『Apex Legends』をプレイしながら配信しても重くならないほど高性能なので、配信者の方にもおすすめの一台です。

240fpsから配信までなんでもできる最強モデル

公式サイトでゲーミングPCの詳細を見る

『Apex Legends』おすすめゲーミングノートPC購入時によくある質問

ノートとデスクトップはどっちがいい?

「コンパクトさ」や「持ち運びやすさ」を重視するならノートPCがおすすめ、「性能」や「コスパ」を重視するならデスクトップPCがおすすめです。

グラボなしで遊べる?

画面の解像度やビデオ設定をすべて最低まで下げてようやくカクカク動くかどうかというレベルなので、基本的には遊べません。

配信用PCはどれくらいのスペックが必要?

この記事で紹介するミドルスペックPCならゲームと配信を同時にやってもカクつきません。

どれくらい安いノートPCでApexができる?

60fps以上を維持するため、どんなに安くても10万円前後のゲーミングノートPCを用意することをおすすめします。

購入しておいた方がいい周辺機器(デバイス)はありますか?

ノートPCでは基本的には周辺機器を購入する必要はありませんが、『Apex Legends』でより優位に立つためにはゲーミングデバイスが重要となってきます。

当サイトでは「Apexおすすめモニター」「Apexおすすめマウス」「Apexおすすめキーボード」「Apexおすすめヘッドセット」を具体的に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

『Apex Legends』おすすめゲーミングノートPCまとめ

『Apex Legends』を最安でプレイするための10万円前後の格安ゲーミングノートPCから、ガチ勢もしくは配信者向けのハイエンドゲーミングノートPCまで幅広く紹介しました。

以下、記事で紹介したモデルのおさらいです。

モデル名 価格帯 こんな人におすすめ!
RL5R-G50T
10万円~ 一番安く快適に『Apex Legends』をプレイできるゲーミングノートPC
XL7C-R36
XL7C-R36
16万円~ 『Apex Legends』で144fpsを出せる優秀な軽量ノートPC
UL7C-R36
UL7C-R36
19万円~ 240Hzに対応した高性能ゲーミングノートPC
UL7C-R37
UL7C-R37
23万円~ 240fpsからゲーム配信まで、『Apex Legends』を遊ぶための完璧なノートPC

予算と相談し、あなたのやりたいことを実現できるゲーミングノートPCを見つけましょう。

また、ゲーミングノートPCではなく、デスクトップのゲーミングPCで『Apex Legends』をプレイしたいという方は「ApexおすすめゲーミングPC」をチェックしてみてください。

こちらの記事では、当サイトが厳選した「初心者向けおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。

ゲーミングPCの基礎知識」「おすすめBTOショップ」についても解説していますのでこの記事で欲しいゲーミングPCが見つからなかった方はあわせてご確認ください。


関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる