【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

『FIFA23』おすすめゲーミングPCと推奨スペック|グラフィックが強化されて迫力が増した最新作を堪能できるモデルを紹介!

FIFA23おすすめPCアイキャッチ

この記事では『FIFA23』をPC版でプレイしたい方の「結局どのPCを使えばいいの?」という悩みを解消します。

以下の疑問を抱えている人は参考にしてください。

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

・価格を抑えたい → 「とにかく安い入門モデル
・動画配信もしたい → 「中級者向けコスパ最高モデル
・4Kで遊びたい → 「上級者向けハイエンドモデル
・ゲーミングノートPC→ 「ミドルスペック&軽量ノート

目次

『FIFA23』動作環境・推奨スペック

『FIFA23』公式サイト情報を元に、どの程度のスペックのPCであれば『FIFA23』が快適に動作するかを紹介します。

必要スペック

スクロールできます
CPURyzen 5 1600
Core i5 6600k
メモリ8GB
GPURadeon RX 570
GeForce GTX 1050 Ti 
必要スペック(by:FIFA23Steamストアページ)

公式サイトが発表しているでは、フルHDで画質を下げないと30fpsくらいしか出せません。

このスペックで『FIFA23』をプレイしても低いフレームレートのせいでゲーム画面がカクカクになり、まともなプレイは望めません。

推奨スペック

スクロールできます
CPURyzen 7 2700X
Core i7 6700
メモリ12GB
GPURadeon RX 5600 XT
GeForce GTX 1660
推奨スペック(by:FIFA23Steamストアページ)

公式推奨スペックであれば、フルHD60fpsでのプレイができるでしょう。

しかし、実際はプレイ状況によっては60fpsを下回る可能性もあるので、もう少し上のスペックを目指すことで安定したプレイが可能です。

真の推奨スペック

スクロールできます
CPUCore i5-12400
Ryzen 5 3600X
メモリ16GB
GPUフルHD:Nvidia GeForce RTX 3050
4K:Nvidia GeForce RTX 3060Ti
必要空き容量100GB

筆者が個人的に考える「高画質の60fps以上で安定して『FIFA23』を遊ぶためのスペック」は最低限これくらいは必要になります。

『FIFA23』は最近のゲームの中では比較的グラフィックの負担は軽めのゲームですが、画質設定次第でいくらでも重くなり、ストレージの空き容量も100GBを要求してくる重量級ゲームです。

そのため、画質や解像度を上げて楽しむ場合は、それ相応に要求スペックは上がります。

本記事で紹介しているモデルの中で、フルHD最高画質の場合は「ガレリア XA7C-R37」がおすすめです。

4Kの場合は「ガレリア FRGH670/SG3」が安定し、動画配信も快適に行なえます。

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません
by.FIFA23

グラフィックボードを搭載してない(オンボード)パソコンでの『FIFA23』のプレイは、ほぼ不可能です。

GPU内蔵型の新し目のCPUであればプレイできる可能性はありますが、画質や解像度を上げてプレイはできません。

『FIFA23』で画質が荒くカクカクした画面でプレイをしても、迫力に欠け面白みは半減してしまいます。

また『FIFA23』は最大22人ものマルチプレイが可能なゲームなので、自分だけスペック不足で操作が満足にできないようでは、味方に迷惑がかかってしまいます。

そのため、快適なマルチプレイを実現するためにも『FIFA23』はグラボを搭載したゲーミングPCが必須といえます。

グラボなしPCについて詳しく知りたい方は「内蔵GPUとは何か」で解説しているので参考にしてください。

BTOショップ別特徴まとめ【ドスパラからパソコン工房まで】

メーカー値段納品速度サポート使い勝手ゲーマー向け
ドスパラ     
マウスコンピューター     
パソコン工房     
フロンティア     

最近のBTOショップでは、販売されているPC自体の性能差はほとんど存在しません。

一日でも早くお目当てのゲーミングPCが欲しいなら「ドスパラ

どれほど時間がかかっても受注生産やセールで最安ゲーミングPCが欲しい人は「フロンティア

マウスコンピューター」は24時間365日の電話サポートが手厚く、入門者にはぴったりです。

また、マウスコンピューターのセールは年間を通して行っているので、いつでもお得にパソコンを購入できます。

今、日本でゲーミングPCを買おうと思ったらこの記事で紹介しているPCモデルがトップクラスです。

また、お得にゲーミングPCがほしい方は「ドスパラのセール情報」「マウスコンピューターのセール情報」「フロンティアのセール情報」をまとめているので参考にしてみてください。

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのはコスパが悪いのでやめましょう。
家電量販店のデメリットを詳しく知りたい方は「パソコン買うなら電気屋や家電量販店はNGな理由」を参考にしてください。

『FIFA23』おすすめゲーミングPC

『FIFA23』おすすめゲーミングPC
by.FIFA23

ドスパラ」は在庫が豊富でほかBTOショップと比べても出荷スピードが早いため、一日でも早くPCを手に入れたい人のために「ドスパラ」からPCを紹介します。

ビットコインの価格暴落などによってマイニング需要が減った理由で、どのショップでもゲーミングPCの価格は徐々に下がってきています。

ただし、またいつ値上がりするかはわからないため購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。

GPUの在庫不足問題については「GPU在庫不足とグラボ品薄の原因」という記事で詳しく解説しているのでそちらを参照してください。

価格を抑えたい場合は入門モデルがおすすめ

Magnate MH
 MH
CPU : i5-12400
グラフィック : GTX 1650
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 価格が安い
  • フルHD中設定で快適にプレイ可能
  • 最高設定でのプレイは60fpsを下回る

12万円弱と求めやすい価格ながら、PCゲームをプレイするスペックを確保したモデルです。

『FIFA23』をフルHDの最高設定でプレイすると60fpsを下回りますが、中設定くらいであれば60fpsで快適にプレイ可能です。

『FIFA23』以外のゲームでも、画質にこだわりがなければプレイできるスペックはあるので、ゲーミングPCは高くて手が出にくいという方におすすめの、入門用モデルです。

フルHD最高設定で遊びたい方は人気no.1モデルがおすすめ

FRGH670/SG3
CPU : Core i7-12700F
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 32GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
フロンティアで詳細・価格を見る
長所
短所
  • フルHD144fps以上安定
  • 動画配信しながらでも安定する
  • ストレージ1TBで大容量
  • 高fpsでプレイしたい方は144Hzゲーミングモニターの購入が必要

高性能な第12世代Intel製CPUとRTX 3070を搭載し、1TBの大容量SSDも完備した大人気モデルです。

『FIFA23』をフルHD144fpsでプレイできるほどの余裕があり、動画配信をしても安定したプレイが可能です。

あらゆるPCゲームの要求スペックを高水準でクリアしているモデルなので、数年先も要求スペックで困ることはないでしょう。

144fpsでのプレイには、144Hzモニターが必要となるので一緒に購入することをおすすめします。

アイ・オー・データ
¥34,949 (2022/12/05 03:04時点 | Amazon調べ)

4Kの最高画質でプレイする方はハイエンドゲーミングPCがおすすめ

FRGH670/SG3
CPU : Core i7-12700F
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 32GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
フロンティアで詳細・価格を見る
長所
短所
  • 4K60fpsで安定したプレイが必要
  • 高品質な動画配信が可能
  • あらゆるPCゲームを高画質で楽しめる
  • 価格が高い
  • 4Kでのプレイは対応モニターが必要

ボトルネックの少ない高性能CPUとGPUのおかげで、あらゆるPCゲームを4Kなどの高画質でプレイできるハイスペックモデルです。

『FIFA23』を4Kでプレイしても60fpsを安定させることが可能で、それでも余力があるので高品質な動画配信も可能です。

あらゆるPCゲームでスペックに困りたくない、高品質な環境でゲームをプレイしたい、ストリーマーとしても活動したいという方におすすめのハイスペックゲーミングPCです。

ゲーミングノートPCならミドルスペック・軽量モデルがおすすめ

ガレリア XL7R-R36
ガレリア XL7R-R36
CPU : Ryzen 7 5800H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 144Hz 15.6インチ
重量 : 2.1kg
バッテリー : 6.3 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 持ち運びやすくコンパクト
  • 144Hz対応モニター
  • フルHD60fps以上でプレイ可能
  • 500GBストレージなので、増設が必要な場合がある
  • デスクトップPC並の拡張性はない

場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」「子供にいたずらされるので普段は収納しておきたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

スペック的には『FIFA23』をフルHD60fps以上でプレイ可能なので、標準搭載の144Hzモニターが活躍します。

SSDが500GBなので、いろんなPCゲームをインストールする場合は、USBタイプのSSDを別途用意することで解決します。

ウエスタンデジタル(Western Digital)
¥12,999 (2022/12/02 16:19時点 | Amazon調べ)

他にも格安から超高性能まで、優秀なゲーミングノートPCを厳選して紹介しているので、ノートPC派の方は「おすすめゲーミングノートPC」を参考にしてください。

『FIFA23』PC版の価格は?

『FIFA23』PC版の価格は?
by.FIFA23
配信プラットフォーム価格
Steam/EA/Microsoft/Epic Games通常版:9,700円
アルティメットエディション:12,000円
EA Play Pro月額1,644円

PC版の価格は、どのプラットフォームでも変わりありません。

「EA Play Pro」という月額制のサービスを利用することで、お得に『FIFA23』を始めとしたEA製のゲームを楽しむことができるので、こちらで試しにプレイするのも一つの手です。

また、前作の『FIFA22』はXbox Game Passにラインナップされたこともあるので、将来的に『FIFA23』も追加される可能性は高いです。

『FIFA23』にクロスプレイはある?

『FIFA23』にクロスプレイはある?
by.FIFA23

公式の対応表から確認できることは「PS4・Xbox ONE」と「PS5・Xbox SERIES X/S・PC」でクロスプレイが分かれているようです。

つまり簡単な一例を挙げると「PS4とPS5はクロスプレイ非対応」ということになります。

PC版の場合は最新世代のゲーム機とクロスプレイ可能なので、自分がPC版の場合はフレンドがゲーミングPCもしくは最新世代のゲーム機を持っているか確認しましょう。

『FIFA23』をプレイするならゲーミングPC・モニター環境がおすすめ

『FIFA23』をプレイするならゲーミングPC・モニター環境がおすすめ
by.FIFA23

『FIFA23』をプレイするためにはゲーミングPCとモニターを用意するのが最も快適です。

ここでは、ゲーミングPCで『FIFA23』をプレイするメリットと、おすすめのモニターを紹介します。

高画質+高fpsでプレイできる

高画質+高fpsでプレイできる
by.FIFA23

フレームレート
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
ゲームのフレームレートが高ければ高いほど映像は滑らかになり、3D酔いしにくくなり、快適に操作できるようになります。

それだけでなく、フレームレートに比例してプレイヤーの反応速度も上がり、対戦ゲームではフレームレートが高いほうが有利になります。
フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は「フレームレートとは何か?」を参考にしてください。

『FIFA23』は、中程度の設定であれば比較的軽い部類のゲームですが、最高画質や4K解像度でfps無制限でプレイしようとすると途端に要求スペックが上がるゲームです。

CS版ではこれらの画質設定は行えず、ゲーム機のスペックに合わせた設定で固定された状態でのプレイに限定されます。

前作の『FIFA22』に比べて要求スペックが一回り上がっているため、ゲーム機では高画質と高fpsは両立できません。

その点ゲーミングPCであれば、PCスペックが許す限り画質やfpsを上げた状態でプレイでき、高画質かつヌルヌルと動く映像を楽しめます。

PC版はMODが適用できる

PC版はMODが適用できる
by.FIFA23

『FIFA23』は、過去作からMODが盛んに配布されている状況を見ると、MODで遊べる可能性が非常に高いです。

MODの種類としては「日本代表チームを追加するMOD」「見た目を変更するMOD」「移籍情報を現在のものに反映するMOD」などが多いです。

CS版では技術的な都合上、MODを入れるためにゲームデータファイルをいじれないので不可能です。

自身の好きな選手や、日本代表チームを運営して遊びたい方は、これらのMODが適用できるPC版をゲーミングPCで遊ぶことをおすすめします。

長時間のプレイや、画質を求めるならゲーミングモニターが必須

高フレームレートでプレイしたいならゲーミングモニターが必須
by:BenQ

いくら良いゲーミングPCで高画質で高フレームレートを出せても、その映像を描画できる対応モニターがなければ意味がありません。

ここでは、長時間プレイでも目に優しく高画質で高fpsな環境が楽しめるモニターを紹介します。

BenQ XL2546K

ベンキュージャパン
¥30,101 (2022/12/05 05:01時点 | Amazon調べ)
23.8インチ解像度:1920×1080応答速度:1ms(GtG)リフレッシュレート:144Hz

ZOWIE XL2411K」はeスポーツシーンでも採用されるBenQが販売するゲーミングモニターです。

ニーズに合わせてゲーム中の見え方を調整可能な「Black eQualizer」機能を備え、シーンに応じた適切な調整で視認性を高め、ブルーライトカットなどの目への負担を軽減する機能も完備しています。

視認性を極限まで高めたプロ仕様のゲーミングモニターなので、『FIFA23』以外のゲームにも万能に対応するためコスパに優れた高性能ゲーミングモニターです。

ASUS ゲーミングモニター TUF Gaming VG28UQL1A

ASUS
¥79,045 (2022/12/06 09:52時点 | Amazon調べ)
28インチ解像度:3840×2160応答速度:1ms(GtG)リフレッシュレート:144Hz

28インチと大きめの液晶と、それを活かせる高解像度の4Kに対応したIPSパネルモニターです。

『FIFA23』を4Kの解像度でプレイする場合は、大きいサイズのモニターと色彩表現の幅が広いIPSパネルでより迫力を増します。

観戦モードやリプレイ時の迫力は、4K+IPSパネルのモニターで完璧に表現でき、『FIFA23』を120%楽しむためには必須のデバイスと言えます。

リフレッシュレートも144Hzと高周波なので、あらゆるゲームにも万能に対応できるため、PCゲーム用モニターの中では最高クラスのモデルです。

『FIFA23』おすすめゲーミングPCまとめ

この記事では『FIFA23』におすすめなゲーミングPCを紹介しました。

以下、記事で紹介したモデルのおさらいです。

・価格を抑えたい → 「とにかく安い入門モデル
・動画配信もしたい → 「中級者向けコスパ最高モデル
・4Kで遊びたい → 「上級者向けハイエンドモデル
・ゲーミングノートPC→ 「ミドルスペック&軽量ノート

こちらの記事では、当サイトが厳選した「初心者向けのおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。

ゲーミングPCの基礎知識」「おすすめBTOショップ」についても解説していますのでこの記事で欲しいゲーミングPCが見つからなかった方はあわせてご確認ください。


関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

参考リンク
この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次