【★期間限定】マウスコンピューターのセール情報まとめ

『プロジェクトF』おすすめゲーミングPCと推奨スペック ランダム生成マップの処理には高性能モデルが必要!

Project FオススメPCアイキャッチ

大手配信者の「けんき」さんがプロデュースしている『プロジェクトF』は、これまでのFPSゲームと全く違うマップシステムを搭載しているため、PCへの負荷が高めのゲームになっています。

この記事では『プロジェクトF』をPC版で快適にプレイしたい方の「結局どのPCを使えばいいの?」という悩みを解消します。

以下の疑問を抱えている人は参考にしてください。

  1. 『プロジェクトF』をプレイするための推奨スペックを知りたい
  2. グラボなしで『プロジェクトF』ができるのかを知りたい
  3. 『プロジェクト F』におすすめなゲーミングPCが知りたい

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

・予算を抑えたい → 「とにかく安い入門モデル
・144fps張り付きでプレイしたい → 「中級者向けコスパ最高モデル
・240fps張り付きで動画配信もしたい → 「上級者向けハイエンドモデル
・安定したノートPC→ 「ミドルスペック&軽量ノート

目次

『プロジェクトF』動作環境・推奨スペック

『プロジェクト F』動作環境・推奨スペック
by.プロジェクト F Steamページ

『プロジェクトF』公式サイト情報を元に、どの程度のスペックのPCであれば『プロジェクトF』が快適に動作するかを紹介します。

必要スペック

スクロールできます
CPUIntel Core i7 990X
メモリ8GB
GPUNvidia GeForce GTX 1060 / AMD Radeon RX 480
必要スペック(by:『プロジェクトF』Steamページ

公式サイトが発表している必要スペックは「最低限ゲームを動かす為」のスペックでしかありません。

このスペックで『プロジェクトF』をプレイする場合、解像度と画質を下げないと60fps以上が出せないので、FPSで重要なフレームレートや画面の見やすさで不利を強いられます。

推奨スペック

スクロールできます
CPU Intel Core i5 11500 / AMD Ryzen 5 3600
メモリ16GB
GPUNvidia GeForce RTX 3060 / AMD Radeon RX 6600 XT
推奨スペック(by:『プロジェクトF』Steamページ

公式推奨スペックであれば高画質で60fps以上を目指せます。

しかし、『プロジェクトF』はFPSゲームゆえに、フレームレートをできるだけ高めることで有利になるゲームなので、144fpsを安定して維持できるゲーミングPCが理想的です。

このスペックでも画質などを調整すれば144fpsを出せますが、推奨スペックよりもワンランク上のゲーミングPCであればどんな状況でも安定して144fps以上を維持できるため、スペックに余裕を持つことが大切です。

真の推奨スペック

スクロールできます
CPUIntel Core i5-12400 / AMD Ryzen 5 5600X
メモリ16GB
GPUNvidia GeForce RTX 3060Ti / AMD Radeon RX 6700 XT

筆者が個人的に考える「144fpsで安定して『プロジェクトF』を遊ぶためのスペック」は上記のようになります。

推奨スペックである「RTX 3060」と、上記の推奨グラボ「RTX 3060Ti」とでは実は一回りくらいスペックに差があるので、このくらいの性能があれば安定して144fpsを維持できるでしょう。

本記事で紹介しているモデルの中では「ガレリア XA7C-R46T」あたりのスペックがあると、どんな状況でも144fpsを維持できる余裕ができます。

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません
by.プロジェクト F Steamページ

グラフィックボードを搭載してない(オンボード)パソコンでの『プロジェクトF』のプレイは、不可能です。

理由は『プロジェクトF』は最低でも「GTX 1060」というグラボを要求しているゲームであり、「GTX 1060」のスペックと同等の内蔵GPUは無いからです。

基本的に『プロジェクトF』のような最新のFPSゲームは、グラボがないとまともに遊べないと思っておきましょう。

グラボなしPCについて詳しく知りたい方は「内蔵GPUとは何か」で解説しているので参考にしてください。

BTOショップ別特徴まとめ【ドスパラからパソコン工房まで】

メーカー値段納品速度サポート使い勝手ゲーマー向け
ドスパラ     
マウスコンピューター     
パソコン工房     
フロンティア     

最近のBTOショップでは、販売されているPC自体の性能差はほとんど存在しません。

一日でも早くお目当てのゲーミングPCが欲しいなら「ドスパラ

どれほど時間がかかっても受注生産やセールで最安ゲーミングPCが欲しい人は「フロンティア

マウスコンピューター」は24時間365日の電話サポートが手厚く、入門者にはぴったりです。

また、マウスコンピューターのセールは年間を通して行っているので、いつでもお得にパソコンを購入できます。

今、日本でゲーミングPCを買おうと思ったらこの記事で紹介しているPCモデルがトップクラスです。

また、お得にゲーミングPCがほしい方は「ドスパラのセール情報」「マウスコンピューターのセール情報」「フロンティアのセール情報」をまとめているので参考にしてみてください。

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのはコスパが悪いのでやめましょう。
家電量販店のデメリットを詳しく知りたい方は「パソコン買うなら電気屋や家電量販店はNGな理由」を参考にしてください。

『プロジェクトF』おすすめゲーミングPC

『プロジェクト F』おすすめゲーミングPC
by.プロジェクト F Steamページ

BTOショップは様々ありますが、当サイトでは「ドスパラ」と「マウスコンピューター」を中心におすすめモデルを紹介しています。
ドスパラはとにかく納期が早いのが特徴で、マウスコンピューターは高品質な部分が特徴となっています。

ドスパラは最大60回までの分割払い、マウスコンピューターは最大36回までの手数料を無料で行えるので、一括でなくても長期的な支払いを行うことでPCを購入することが可能です。

予算を抑えたい方は格安入門モデルがおすすめ

ガレリア RM5R-G60S
ガレリア RM5R-G60S
CPU : Ryzen 5 4500
グラフィック : GTX 1660 SUPER
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 価格が安い
  • 画質を調整すれば60fpsでプレイ可能
  • 標準画質でプレイするにはスペック不足

なるべく安く『プロジェクトF』をプレイするためのゲーミングPCを用意したい方には、こちらのエントリーモデルがおすすめです。

高画質で60fps!とはいきませんが、低画質設定することで60fpsは出せるので、ギリギリ『プロジェクトF』をプレイできるくらいのスペックはあります。

最低スペックと推奨スペックの間くらいの性能なので、全くゲームができないというわけではありません。また、他のFPSゲームであれば『プロジェクトF』よりも要求スペックが低いタイトルが多いので、あまり困ることはないでしょう。

Dell
¥31,482 (2024/04/09 18:13時点 | Amazon調べ)

144fps安定で遊びたい方は人気no.1モデルがおすすめ

ガレリア XA7C-R46T
ガレリア XA7C-R46T
CPU : Core i7-13700F
グラフィック : RTX 4060 Ti
メモリ : 32GB
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 常時144fps安定
  • PCゲームで要求スペックに困ることがない
  • 1TBと大きめのM.2 SSD搭載
  • コスパ最高の人気no.1モデル
  • 144Hzゲーミングモニターの購入が必須

価格は約20万円とエントリークラスより高くなりますが、ハイスタンダードなゲーミングPCならこのくらいの価格帯で最新グラボを搭載したこちらの人気No.1モデルがおすすめです。

『プロジェクトF』を安定して144fpsを維持して遊ぶことが可能なので、PC環境で不利になる要素が無くなり自分の本来の力を発揮して対戦できるようになります。

他のPCゲームでも、要求スペックを満たしていないのでプレイできないということにはなりません。どんなPCゲームも高品質な環境でプレイしたい方は本モデルが一番コスパがよくおすすめです。

LG
¥23,800 (2024/04/08 01:30時点 | Amazon調べ)

240fps張り付きや動画配信者はハイエンドゲーミングPCがおすすめ

ガレリア XA7C-R47T
ガレリア XA7C-R47T
CPU : Core i7-13700F
グラフィック : RTX 4070 Ti
メモリ : 32GB
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 4Kで安定して60fps以上が出せる
  • フルHDなら240fps張り付きが可能
  • メモリを増設すれば、高品質な動画配信が可能
  • ハイエンドPCの中でも価格が安め
  • 4Kモニターや高周波モニターがないとスペックを活かしきれない
  • 構成パーツを活かすにはメモリの増設が必要

どんなゲームも最高の画質設定でヌルヌル動くハイスペックPCが欲しい!大手配信者くらいの環境で動画配信がしたい!という方には、こちらのハイエンドモデルがおすすめです。

最新グラボの「RTX 4070Ti」は、3000シリーズで言うハイエンドモデル「RTX 3090」クラスの性能がありながら、消費電力が100W近くも抑えられているので、かなり優秀なグラボとして人気があります。

『プロジェクトF』をフルHD環境なら最高画質で240fpsを維持することが容易なほど高性能です。もちろんそのためには240Hzのゲーミングモニターを用意する必要がありますが、FPSをガチでやるならこのクラスのPCとモニターがあれば安泰です。

メモリを32GB以上に増設することで、あらゆるPCゲームを4Kでプレイしながら動画配信も安定してできるモンスターマシンにアップグレードできるので、構成変更からメモリ増設をすることをおすすめします。

ベンキュージャパン
¥72,064 (2024/04/08 14:57時点 | Amazon調べ)

ゲーミングノートPCならミドルスペック・軽量モデルがおすすめ

ガレリア XL7C-R45
ガレリア XL7C-R36
CPU : Core i7-13700H
グラフィック : RTX 4050
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 144Hz 15.6インチ
重量 : 2.2kg
バッテリー : 6.4 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • ハイスタンダードなゲーミングノートPC
  • 144Hz対応モニター
  • 標準画質60fps以上でプレイ可能
  • 容量が少ないのでストレージ増量必須
  • デスクトップPC並の拡張性はない

「場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」「子供にいたずらされるので普段は収納しておきたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

『プロジェクトF』においてのパフォーマンスは、標準画質設定で60fps以上を安定して維持できるので、144Hzモニターを十分に活かせるでしょう。

安定したゲーミング性能を持ったノートPCを探している方は、このモデルであればだいたいのPCゲームや、スマホ対応PCゲームも快適にプレイできるので最もおすすめできます。

SSD容量は標準的な512GB搭載なのであまり心配はありませんが、足りない場合は外付けSSDなどを用意することで簡単に容量を増やせるので検討してみてください。

バッファロー
¥14,480 (2024/04/10 11:14時点 | Amazon調べ)

他にも格安から超高性能まで、優秀なゲーミングノートPCを厳選して紹介しているので、ノートPC派の方は「おすすめゲーミングノートPC」を参考にしてください。

『プロジェクトF』はクロスプレイに対応してる?

2023年8月時点ではPC版のみのハード展開となっております。

ですが、PC、PS4、スマートフォンにてクロスプレイの実装を予定していると発表しています。

各種ハードによってバランスを調整しながら取り組むため、将来的には様々なハードでプレイできるかと思われます。

『プロジェクトF』をプレイするならゲーミングPC・モニター環境がおすすめ

『プロジェクト F』をプレイするならゲーミングPC・モニター環境がおすすめ
by.プロジェクト F Steamページ

『プロジェクトF』をプレイするためにはゲーミングPC・モニターを用意するのが最適です。

ここでは、ゲーム用のデバイスを揃えるとどのようなメリットがあるかを解説します。

オブジェクトの変化が激しいので要求スペックが高め

オブジェクトの変化が激しいので要求スペックが高め
by.プロジェクト F Steamページ

『プロジェクトF』は、これまでのFPSゲームとは大きく違うゲーム性が売りです。

ルール自体はいわゆる「爆破」というスタンダードなルールですが、マップが毎回ランダムに生成されて、さらにプレイヤーが壁や床などのオブジェクトを生成したり破壊できます。

そのため、『プロジェクトF』は、マップ全体のオブジェクトの読み込みや処理にPC全体への負荷が他のFPSゲームと比べて高い傾向にあるので、普通のPCよりも高性能なCPUとグラボが要求されます。

『プロジェクトF』が「RTX 3060」というFPSの中でも高めのグラボを推奨していることからも、ゲーミングPCとしての要求スペックが高いことがわかるでしょう。

現在の基準で言うと「ガレリア XA7C-R46T」あたりのゲーミングPCが理想的です。

FPSはリフレッシュレートが大事

FPSはリフレッシュレートが大事
by.プロジェクト F Steamページ

FPSゲームにおいて、映像の滑らかさの指標であるリフレッシュレートはとても大事な要素です。

画面を素早く滑らかに表示できるということは、それだけ敵の動きを早く視認することができるので、撃ち合いで単純に有利にたつことが可能です。

リフレッシュレートとキルレートは密接に関わっていて、統計データでも結果が出ています。

フレームレートとキルレの関係
Fortnite および PUBG のキルデス比に基づく by:NVIDIA

特に60fps~144fpsにおいてのキルレートの上昇率はかなり高いので、ガチでFPSをするのなら144fpsを維持できる環境は必須とも言える結果になりました。

このため、勝つためにはゲーミングPCを用意するのが一番というのは、紛れもない事実と言えるでしょう。

動画配信をするなら推奨スペックを上回らないといけない

配信者の「けんき」さんがプロデュースしていることもあって、『プロジェクトF』は動画配信も賑わう事が予想されるゲームです。

特にこれまでのゲームと違って、マップ攻略のセオリーが通じないというゲーム性なので、毎回違った対戦の盛り上がりを魅せることができるのが、視聴者も意識した作りになっています。

『プロジェクトF』は、FPSゲームの中でも負荷が高めのタイトルなので、配信もするとなると要求スペックを上回るハイエンドゲーミングPCが必要になってきます。

ガレリア XA7C-R47T」あたりのスペックがあれば、大手配信者と遜色ない環境で動画配信ができます。Vモデルを配信画面に映しながらのプレイでも高fpsを維持するなら、このクラスのゲーミングPCは必須です。

高画質+高fpsでプレイしたいならゲーミングモニターが必須

BenQ モニター
by.BenQ

いくら良いゲーミングPCで高画質な映像を出力できても、その映像を描画できる対応ゲーミングモニターがなければ意味がありません。

ここでは、FPSに向いているゲーミングモニターを中心に、おすすめモデルを紹介します。

Dell G2422HS 23.8インチ 165Hz

Dell
¥31,482 (2024/04/09 18:13時点 | Amazon調べ)
23.8インチ解像度:フルHD(1920×1080)応答速度:1ms(GtG)リフレッシュレート:165Hz

格安で安心できるメーカーが製造する高周波モニターを求めている方には、様々なメーカーが格安モデルを製造していますが、その中でもDellのゲーミングモニターがおすすめです。

格安モデルゆえにスピーカーは内蔵されていませんが、モニターアームは傾きと高さ調節が可能で、目への負担を軽減するブルーライトカットやフリッカーフリーを搭載しているので、ゲーミングモニターとしての機能は十二分に備えています。

モニター設定がよくわからない初心者にも嬉しい、「FPSモード」などのプリセットが揃っているところも嬉しいポイントです。

さらにパネルには色彩表現が鮮やかなIPSパネルを搭載し、2万円ながら165Hzと高周波なのでFPSだけでなくRPGなど幅広いゲームジャンルに対応できるので、非常にコスパが高いモデルです。

LG UltraGear 24GN600-B 23.8インチ IPS 144Hz

LG
¥23,800 (2024/04/08 01:30時点 | Amazon調べ)
23.8インチ解像度:フルHD(1920×1080)応答速度:1ms(GtG)リフレッシュレート:144Hz

ゲーミングモニターとしての高速応答と滑らかさを求めつつも、画質にもこだわりたい方は、HDR機能とIPSパネルを搭載した本モデルがおすすめです。

LGの液晶パネルは、色域(色を表現できる範囲)が広く、応答速度もかなり早い優秀なものを作っていることで評判が高いメーカーです。

HDR機能により画面にメリハリが付いて見やすくなり、更にIPSパネルの鮮やかな色差氏表現で、FPS以外にも映像美を重視するRPGも綺麗に映したい!という方にも答えられる万能なモニターに仕上がっています。

リフレッシュレートは144Hzと高く、応答速度もかなり速いクラスの1ms(GtG)なので、『プロジェクトF』を始めとしたFPSで高水準な環境で戦うことが可能です。

BenQ ZOWIE XL2546K 24インチ 240Hz

ベンキュージャパン
¥72,064 (2024/04/08 14:57時点 | Amazon調べ)
24.5インチ解像度:フルHD(1920×1080)応答速度:0.5ms(GtG)リフレッシュレート:240Hz

FPSゲームのプロが使っているモニターで人気が高いのが本モデルです。専用ツールを使えば、プロのモニター設定をそのまま反映させることができるのが一番の強みです。

圧倒的な滑らかさを実現する240Hzモニターは、限りなく0に近い応答速度0.5msと合わさり、遅延を全く感じさせない作りになっています。

また、サイドパネルでゲーム画面に集中できる視界を構築することができ、ティアリングなどを抑えて画面を見やすくする機能を搭載しているので、長時間のプレイでもパフォーマンスを落とさないような配慮がされています。

FPSをガチでプレイするならこれ!と自信を持っておすすめできる本格派ゲーミングモニターです。

『プロジェクトF』おすすめゲーミングPCまとめ

この記事では『プロジェクトF』におすすめなゲーミングPCを紹介しました。

以下、記事で紹介したモデルのおさらいです。

・予算を抑えたい → 「とにかく安い入門モデル
・144fps張り付きでプレイしたい → 「中級者向けコスパ最高モデル
・240fps張り付きで動画配信もしたい → 「上級者向けハイエンドモデル
・安定したノートPC→ 「ミドルスペック&軽量ノート

『プロジェクトF』は、これまでのFPSタクティカルシューターの常識を覆す可能性がある、ランダムマップ生成による状況把握能力や思考力を試される次世代シューティングゲームです。

ただし、プレイヤーが自由にいじれるオブジェクトの処理が多いため、FPSゲームの中でも負荷が高めなので、ゲーミングPCの要求スペックは高くなっています。

今回紹介したモデルは、どれも環境ごとに快適にプレイすることができるものを紹介しているので、自信の予算や用途にあったゲーミングPC選びの参考にしてください!

こちらの記事では、当サイトが厳選した「初心者向けのおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。

ゲーミングPCの基礎知識」「おすすめBTOショップ」についても解説していますのでこの記事で欲しいゲーミングPCが見つからなかった方はあわせてご確認ください。


関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次