【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

『VRカノジョ』おすすめゲーミングPCと推奨スペック|VRでも最高画質で快適に動かせるモデルを紹介!

VRカノジョ アイキャッチ

『VRカノジョ』は『ILLUSION』がいち早く本格的なVRアダルトゲームとして販売されたタイトルで、カノジョこと「夕陽さくら」と仲良く過ごすゲームです。

この記事ではゲーミングPCで『VRカノジョ』をプレイしたい方の「どのくらいのスペックのPC使えばいいの?」「おすすめモデルはどれ?」という悩みを解消します。

以下の疑問を抱えている人は参考にしてください。

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

・とりあえず『VRカノジョ』をプレイしたい! → 「とにかく安い入門モデル
・高性能VRも使ってみたい! → 「中級者向けコスパ最高モデル
・超高画質でスクショも取りたい! → 「上級者向けハイエンドモデル
・ゲーミングノートPC→ 「ミドルスペック&軽量ノート

目次

『VRカノジョ』動作環境・推奨スペック

『VRカノジョ』動作環境・推奨スペック
by『VRカノジョ

『VRカノジョ』公式サイト情報を元に、どの程度のスペックのPCであれば『VRカノジョ』が快適に動作するかを紹介します。

公式サイトの必要スペック

スクロールできます
推奨VR機器Oculus Rift CV1、HTC Vive
CPUIntel Core i5 4590 以上
メモリ8GB 以上
GPUNVIDIA GTX 970 or GTX 1060以上 / AMD R9 290 以上
必要スペック(by:『VRカノジョ』)

公式からアナウンスされている推奨スペックは上記のとおりですが、このスペックだと設定を落とさないと60fps以上は出せません。

『VRカノジョ』はキャラクターに至近距離まで近づく場面が多いゲームなので、画質が荒いと髪の毛や衣服のジャギジャギ感が非常に目立ちます。

また、fpsが低いとVR視点で3D酔いしやすくなるので画質も重要ですがfpsも非常に重要で、最低でも60fps以上は確保したいところです。

そのためグラフィックボードの性能が非常に大事になってくるので、高画質で快適にプレイするためにはスペックに余裕を持ちましょう。

真の推奨スペック

スクロールできます
VR機器Meta Quest 2/HTC VIVE
CPUCore i5-11世代(11000番台~)/AMD Ryzen 5 3600
メモリ16GB
GPUNvidia GeForce RTX 3060

筆者が個人的に考える「高設定のフルHD90fpsが安定して『VRカノジョ』を遊ぶためのスペック」は最低限これくらいは必要で、本記事でも紹介している「ガレリア XA7C-R37」クラスのスペックが理想です。

これはVRヘッドセットが高品質でも快適に動作するスペックと同義であり、90fpsが基準となっているのは販売されているVRヘッドセットの対応リフレッシュレートが90Hz・120Hzのモデルが主流だからです。

『VRカノジョ』はVR空間でキャラクターと近距離で触れ合う以上、画質が重要になるゲームです。

したがって、グラフィック設定を最高設定の「ハイクオリティ」かつ「Render Scale100%」で90fps以上を維持するには、上記のようなミドルスペック以上のゲーミングPCが必要です。

「Render Scale」とは?

解像度に対してどのくらいの比率で映像を出力するかの設定で、一例として1080p(1920×1080)の解像度をRender Scale50%で出力すると、映像の大きさはフルHD(1920×1080)ですが540pの解像度で少しぼやけたように描画されます。

以下の動画は『オーバーウォッチ』にあるRender Scaleの比較動画ですが、50%になるとボヤケて200%だとくっきりはっきりしているのがわかります。

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません
by『VRカノジョ Steamコミュニティ

グラフィックボードを搭載してない(オンボード)パソコンで『VRカノジョ』のプレイは、不可能です。

『VRカノジョ』はVRヘッドセットを使う以上、グラフィック処理に負担がかかるのでグラフィックボードは必須パーツです。

また、『VRカノジョ』に限らず様々なVR対応ゲームをプレイする予定であれば、今後のVR技術の発展に伴い要求スペックも上がるのでグラフィックボード搭載のゲーミングPCは必須レベルといえます。

グラボなしPCについて詳しく知りたい方は「内蔵GPUとは何か」で解説しているので参考にしてください。

GPU&グラフィック設定別フレームレート・ベンチマーク

『VRカノジョ』は重いゲームを作ることで有名な『ILLUSION』が販売するVR専用タイトルなので、結論から言うと「VR機器が普通に運用できる「GTX 1660Super」以上の性能が最低でも必要」です。

以下はGPUごとのおおよそのfpsをまとめたグラフになります。

フルHD(1920×1080)-ハイクオリティ
RTX 3090
120fps
RTX 3080
120fps
RTX 3070
120fps
RTX 2080 Ti 
120fps
RTX 3060 Ti
120fps
RTX 2080 SUPER
120fps
RTX 2070 SUPER
120fps
RTX 3060
120fps
GTX 1080 
110fps
GTX 1660 SUPER
85fps
GTX 1060 
65fps

一般的なVR機器のリフレッシュレートが120Hzのため、このような結果になっています。

また、『VRカノジョ』内でのプレイ内容やMODの有無で結果は異なり、検証は完全な同一環境で行われているわけではないので、あくまで目安としてください。

BTOショップ別特徴まとめ【ドスパラからパソコン工房まで】

メーカー値段納品速度サポート使い勝手ゲーマー向け
ドスパラ     
マウスコンピューター     
パソコン工房     
フロンティア     

最近のBTOショップでは、販売されているPC自体の性能差はほとんど存在しません。

一日でも早くお目当てのゲーミングPCが欲しいなら「ドスパラ」

どれほど時間がかかっても受注生産やセールで最安ゲーミングPCが欲しい人は「フロンティア」

「マウスコンピューター」は24時間365日の電話サポートが手厚いので入門者にはぴったりです。

今日本でゲーミングPCを買おうと思ったらこの記事で紹介しているPCモデルがトップクラスです。

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのはコスパが悪いのでやめましょう。
家電量販店のデメリットを詳しく知りたい方は「パソコン買うなら電気屋や家電量販店はNGな理由」を参考にしてください。

『VRカノジョ』おすすめゲーミングPC

『VRカノジョ』おすすめゲーミングPC
by『VRカノジョ

ここでは、『VRカノジョ』を快適にプレイできるゲーミングPCを、用途別に紹介します。

求めるプレイ環境によって必要なスペックが変わるので、各モデルごとに何ができるか解説するので参考にしてください。

ドスパラ」は在庫が豊富でほかBTOショップと比べても出荷スピードが早いため、一日でも早くPCを手に入れたい人のために「ドスパラ」からPCを紹介します。

ビットコインの価格暴落などによってマイニング需要が減った理由で、どのショップでもゲーミングPCの価格は徐々に下がってきています。

ただし、またいつ値上がりするかはわからないため購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。

GPUの在庫不足問題については「GPU在庫不足とグラボ品薄の原因」という記事で詳しく解説しているのでそちらを参照してください。

価格を抑えたい方はとにかく安い入門モデルがおすすめ

ガレリア RM5R-G60S
ガレリア RM5R-G60S
CPU : Ryzen 5 4500
グラフィック : GTX 1660 SUPER
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 価格が安い
  • 平均80fpsでプレイ可能
  • 設定を少し落とせば120fpsで快適プレイ
  • 高性能VRヘッドセットを使用するにはスペック不足
  • リアル系のグラフィックを使用したアダルトゲームではスペック不足

価格が安いゲーミングPCですが、『VRカノジョ』を平均80fpsで安定してプレイする事が可能で、設定を少し落とせば120fpsでのプレイも可能です。

同じくリアル系のグラフィックを採用した『ハニーセレクトリビドー2』などのVRプレイも設定を落とせばプレイが可能です。

「試しにVR環境でプレイしたい」という方にもこのゲーミングPCからデビューできる性能を持っています。

Meta Quest 2」と合わせて20万円以内でVR環境が揃うので、できるだけ価格を抑えてVRデビューしたい方はこのモデルから始めてみましょう。

Meta
¥57,853 (2022/08/18 20:57時点 | Amazon調べ)

高性能VRで快適に遊びたい方は人気no.1モデルがおすすめ

ガレリア XA7C-R37 第12世代Core搭載
ガレリア XA7C-R37 第12世代Core搭載
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 高性能VRが快適に動作するスペック
  • 他ゲームでも快適な動作が可能
  • コスパ最高の人気no.1モデル
  • Render Scaleを200%にするとガクガクになる

このスペックであれば高性能モデルの「HTC VIVE PRO 2」を快適に運用することが可能で、『VRカノジョ』を高設定でぬるぬるの環境でプレイできます。

『VRカノジョ』はVRゲームの中でも重い部類なので、このタイトルが快適に動作するということは、他のVRゲームでも快適なプレイが可能ということになります。

また、ゲーミングPCとしてのスペックも高水準で、あらゆるゲームを快適にプレイできるため、Steamなどにあるアクション性の高いゲームもプレイする方にも安心しておすすめできるゲーミングPCです。

HTC
¥176,980 (2022/08/14 23:50時点 | Amazon調べ)

超最高画質を体験したい上級者にはハイエンドゲーミングPCがおすすめ

ガレリア XA7C-R38
ガレリア XA7C-R38
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB Gen4 NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 超高負荷のRender Scale200%を体験できる
  • 高性能VRヘッドセットの運用が可能
  • あらゆるゲームを快適にプレイ可能
  • 性能に応じて価格が高い

ガレリア XA7C-R37」のグラフィックボードを「RTX 3080」にグレードアップさせたモデルです。

このクラスになると『VRカノジョ』の設定を「ハイクオリティ・Render Scale200%」に設定しても平均60fpsの動作が可能です。

あくまで「平均fps」なので60fpsを下回ることもよくあり、「ILLUSION」側の問題で最適化がされていないのでカクつく場面も頻発するので快適なVRプレイとはなりません。

現状最高の「RTX 3090」をもってしても快適プレイは不可能なほど、「ハイクオリティ・Render Scale200%」は超高負荷です。

今のところは通常プレイの運用は諦めるしかありませんが、高画質のスクリーンショットを撮るという用途には使えます。

もちろんRender Scale100%であれば、120fpが常に安定して快適に『VRカノジョ』をプレイすることが可能です。

HTC
¥176,980 (2022/08/14 23:50時点 | Amazon調べ)

ゲーミングノートPCならミドルスペック・軽量モデルがおすすめ

ガレリア UL7C-R37
ガレリア UL7C-R37
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB NVMe SSD
モニター : 240Hz 15.6インチ
重量 : 2.0kg
バッテリー : 8.8 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「GALLERIA UL7C-R37」レビュー

長所
短所
  • コスパ最高のゲーミングノートPC
  • 90fps以上が安定
  • 人の目につかない場所でプレイできる
  • デスクトップPC並の拡張性はない

場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

特にアダルトゲームである『VRカノジョ』は、人の目につかないところでプレイしたいので、ノートPCは隠れてプレイするのにうってつけです。

スペックに関しても『VRカノジョ』を快適に120fpsでプレイできるパワーがあるので、動きやすい部屋にノートPCを持ち運んでVRを楽しみたい方にもおすすめです。

他にも格安から超高性能まで、優秀なゲーミングノートPCを厳選して紹介しているので、ノートPC派の方は「おすすめゲーミングノートPC」を参考にしてください。

『VRカノジョ』をプレイするならゲーミングPCがおすすめな理由

『VRカノジョ』をプレイするならゲーミングPCがおすすめな理由
by『VRカノジョ Steamコミュニティ

『VRカノジョ』をプレイするためにはVRヘッドセットが快適に動くゲーミングPCを用意すると、より一層ゲームの世界に没頭できます。

至近距離でも美麗な映像

至近距離でも美麗な映像
by『VRカノジョ Steamコミュニティ

VRを快適に使用するのに最低限必要なPCスペック

  • CPU:Ryzen 5 3500
  • メモリ:16GB
  • GPU:GTX 1660 Super

『VRカノジョ』はVR専用ゲームなので、最低でも「ガレリア RM5R-G60S」クラスのVRヘッドセットが快適に動作するスペックが必須です。

そのため『VRカノジョ』をプレイするのに必要なスペックとは、VRヘッドセットが快適に動くスペックと同じと考えられます。

VRヘッドセットを快適に運用できれば『VRカノジョ』内での映像を、至近距離まで近づいても綺麗でヌルヌルと動かすことが可能です。

これにより没入感が損なわれることなくプレイに集中でき、3D酔いしにくくなるというメリットもあります。

上記のスペックがあれば、とりあえずVR環境を整えることができますが、90fpsを常に安定させて動画撮影やMOD導入の予定がある方は更に上のスペックを目指す必要があります。

本記事のモデルの中では「ガレリア XA7C-R38T」クラスのスペックがあると安心です。

フレームレート
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
ゲームのフレームレートが高ければ高いほど映像は滑らかになり、3D酔いしにくくなり、快適に操作できるようになります。

それだけでなく、フレームレートに比例してプレイヤーの反応速度も上がり、対戦ゲームではフレームレートが高いほうが有利になります。
フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は「フレームレートとは何か?」を参考にしてください。

超高負荷の「Render Scale200%」でスクショが撮れる!

超高負荷の「Render Scale200%」でスクショが撮れる!
by『VRカノジョ

「Render Scale」とは?

解像度に対してどのくらいの比率で映像を出力するかの設定で、一例として1080p(1920×1080)の解像度をRender Scale50%で出力すると、映像の大きさはフルHD(1920×1080)ですが540pの解像度で少しぼやけたように描画されます。

設定変更

『VRカノジョ』の起動画面で各種設定が変更できますが、「Render Scale」を200%に設定することで更に詳細なグラフィックでプレイすることが可能です。

しかしながらこの設定でプレイすると「RTX 3090」クラスのグラボでも、70fpsを下回ることもあり、非常に重いので通常プレイは現実的ではありませんが、スクリーンショットを撮るのであれば問題ありません。

『VRカノジョ』で衣装を着せ替えてスクリーンショットで自慢したい!という方にとって高負荷でも描画が可能なゲーミングPCはとても頼りになるデバイスです。

おすすめのVRヘッドセット

Meta Quest 2
by:Meta Quest 2

ここでは『VRカノジョ』にももちろん、VRゲーム全般に適したヘッドセットを紹介します。

注意点としてVRヘッドセットはゲーミングモニターと一緒で、PCのパワーが無いと意味がないデバイスなので、高性能なVRヘッドセットを購入する場合は「ガレリア XA7C-R37」以上のスペックのPCを用意しましょう。

Meta Quest 2

Meta
¥57,853 (2022/08/18 20:57時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
リフレッシュレート解像度視野角ヘッドセットの重量
120Hz片目あたり:1832×1920100°504g

価格が3万円台で、センサーの精度や解像度も高水準なこの「Meta Quest 2」は「試しにVRを体験したい」「コスパがいいVRヘッドセットが欲しい」方にとてもおすすめです。

メガネを使用している方にも付属の「メガネスペーサー」を使用すれば、ゴーグルの装着が可能なのでメガネを付けながらのVR体験が可能です。

視野角が他の上位モデルに比べると100°と若干狭いですが、それ以外の性能は高水準なので、とりあえず迷ってたらこのモデルを購入しても失敗しません。

HTC VIVE PRO 2

HTC
¥176,980 (2022/08/14 23:50時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
リフレッシュレート解像度視野角ヘッドセットの重量
120Hz片目あたり:2448×2448120°815g

『VRカノジョ』を広めの視野角で、詳細なトラッキングでスムーズな操作をしたい方に「VIVE Pro 2」は最適です。

120°の広めの視野角と、2台の付属ベースステーションで正確にトラッキングが行なえ、ヘッドセットはハイレゾ対応なのでBGMにこだわったコンテンツを楽しむことも可能です。

解像度も最大4896×2448ピクセルまで対応なので、『VRカノジョ』のRender Scaleを200%で設定した場合かなりの高画質で楽しむことが可能です。

ここまで高性能なVRヘッドセットですが、それを活かすにはPCのパワーも必要で、「ガレリア XA7C-R37」クラスのスペックが必要になってきます。

『VRカノジョ』に関するよくある質問

Steam版の『VRカノジョ』はモザイクを消せないの?

ILLUSIONの公式サイトにパッチを当ててR18版にする手順が詳しく載っているので、そちらを参考にしてください。

VRヘッドセットが無くてもプレイできますか?

VRヘッドセットがないとプレイは不可能です

試しにヘッドセットなしで起動してみたところ、「ヘッドセットをつなげてください」というメッセージの後にゲームが強制終了しました。

最高の画質設定はどれ?

ハイクオリティ・Render Scale200%が最高設定ですが、Render Scale200%でのプレイは現状最強のGPUであっても非常に重いので現実的ではありません。

したがって『VRカノジョ』の最高設定は「ハイクオリティ・Render Scale100%」となります。

ガレリア XA7C-R37」クラスのスペックがあれば快適に動作するので参考にしてください。

人気のVRヘッドセットMeta Quest 2で『VRカノジョ』をプレイするにはどのくらいのスペックが必要ですか?
  • CPU:Ryzen 5 3500
  • メモリ:16GB
  • GPU:GTX 1660 Super

最低限このくらいのスペックは必要です。

本記事のモデルの中では「ガレリア RM5R-G60S」であればプレイ可能で、120fpsを目指すのであれば「ガレリア XA7C-R37」くらいのスペックが必要となります。

現在使用しているノートPCは、CPUとメモリは動作環境を満たしているのですがグラボはありません。プレイできますか?

現状グラフィック処理できるCPUの中で最高ランクのモデルであってもプレイはできません。

『VRカノジョ』だけに限らず、VRゲームはグラフィックの処理が必要なゲームなので、オンボードのパワーではスペック不足です。

高いVRヘッドセットと格安のVRヘッドセットは何が違うんですか?

大きく違うところは「視野角の広さ・解像度・センサーの正確さ」です。

視野角が広く、高画質というだけでVRの迫力はぐっと上がるので「HTC VIVE PRO 2」は格安VRヘッドセットでは満足できない方におすすめです。

格安で人気がある「Meta Quest 2」はVRで感動できるレベルの映像処理が可能なので、試しにVRをプレイしたい方におすすめです。

『VRカノジョ』おすすめゲーミングPCまとめ

この記事では『VRカノジョ』におすすめなゲーミングPCを紹介しました。

以下、記事で紹介したモデルのおさらいです。

・とりあえず『VRカノジョ』をプレイしたい! → 「とにかく安い入門モデル
・高性能VRも使ってみたい! → 「中級者向けコスパ最高モデル
・超高画質でスクショも取りたい! → 「上級者向けハイエンドモデル
・ゲーミングノートPC→ 「ミドルスペック&軽量ノート

『VRカノジョ』はエロゲー界で重いゲームを作ることで有名な「ILLUSION」の作品なので、画質にこだわると要求スペックがかなり高くなるアダルトゲームです。

そのため『VRカノジョ』をプレイするには高性能なパーツで構成されたゲーミングPCが最適なので、今回紹介したおすすめモデルの中から自身に合うモデルを決めてみてください。

こちらの記事では、当サイトが厳選した「初心者向けのおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。

ゲーミングPCの基礎知識」「おすすめBTOショップ」についても解説していますのでこの記事で欲しいゲーミングPCが見つからなかった方はあわせてご確認ください。


関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

参考リンク
この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次