【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

『ゼンレスゾーンゼロ』おすすめゲーミングPCと推奨スペック|洗練されたグラフィックと高いアクションを高fpsで堪能できるモデルを紹介!

ゼンレスゾーンゼロ おすすめPCアイキャッチ

『ゼンレスゾーンゼロ』は、『原神』や『崩壊3rd』で有名なmihoyoが制作しているスマホ・PC対応のアクションゲームです。

この記事では『ゼンレスゾーンゼロ』をPC版でプレイしたい方の「結局どのPCを使えばいいの?」という悩みを解消します。

以下の疑問を抱えている人は参考にしてください。

  1. 『ゼンレスゾーンゼロ』をプレイするための推奨スペックを知りたい
  2. グラボなしで『ゼンレスゾーンゼロ』ができるのかを知りたい
  3. 『ゼンレスゾーンゼロ』おすすめなゲーミングPCが知りたい
  4. 『ゼンレスゾーンゼロ』のサービス開始日を知りたい

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

・価格を抑えつつも快適にプレイしたい! → 「とにかく安い入門モデル
・144fpsでプレイしたい! → 「中級者向けコスパ最高モデル
・動画配信もしたい! → 「上級者向けハイエンドモデル
・おすすめのゲーミングノートPCが知りたい!→ 「ミドルスペック&軽量ノート

目次

『ゼンレスゾーンゼロ』動作環境・推奨スペック

『ゼンレスゾーンゼロ』の質問コーナーを参考に、どの程度のスペックのPCであれば『ゼンレスゾーンゼロ』が快適に動作するかを紹介します。

推奨スペック

スクロールできます
CPU Intel Core i5 9世代以上
メモリ8GB
GPUNvidia GeForce GTX 970 以上
推奨スペック(by:『ゼンレスゾーンゼロ』よくある質問コーナー)

このくらいのスペックがあれば、60fpsでプレイすること自体は可能です。

しかし、『ゼンレスゾーンゼロ』PC版はfpsを無制限に設定でき、画質もスマホ版より上質に出来ます。

推奨スペック

また、『ゼンレスゾーンゼロ』はグラフィックも重視したアクションゲームなので、カクカクの画面では敵を思うように倒せず、魅力的なキャラクターを高画質で楽しむ事もできません。

そのため、『ゼンレスゾーンゼロ』の洗練されたグラフィックとアクションを楽しむためには、もっと上の環境を目指しましょう。

真の推奨スペック

スクロールできます
CPUIntel Core i5 12400
メモリ16GB
GPUNvidia GeForce GTX 1660 SUPER / RTX 3050

筆者が個人的に考える「60fps以上で最高画質でも安定して『ゼンレスゾーンゼロ』を遊ぶためのスペック」は、このくらいのエントリーモデルがおすすめです。

『ゼンレスゾーンゼロ』の攻略を検索しながらプレイする方にも安心なように、メモリは16GBがおすすめです。

グラボとCPUは、コスパに優れた組み合わせでなおかつ『ゼンレスゾーンゼロ』を快適に遊べる性能を満たしています。

今回紹介している記事の中では「Magnate MH」が一番近いスペックです。

さらに動画配信をしながらのプレイは「ガレリア XA7C-R37」くらいのスペックがあると安心できます。

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません
by:ゼンレスゾーンゼロ

グラフィックボードを搭載してない(オンボード)パソコンでの『ゼンレスゾーンゼロ』のプレイは、ほぼ不可能です。

公式サイトの推奨スペックにもある通り、グラフィックボードが前提のゲームなので、グラボなしPCでは「普通にプレイができる」保証がありません。

『ゼンレスゾーンゼロ』公式サイトの推奨スペック

また『ゼンレスゾーンゼロ』はアクション性が高く、動きが激しいゲームなのでfpsを最低でも60fpsは確保しないと快適にプレイできるゲームではありません。

そのため、満足に『ゼンレスゾーンゼロ』をプレイしたい方はグラボなしPCは向いていないといえます。

グラボなしPCについて詳しく知りたい方は「内蔵GPUとは何か」で解説しているので参考にしてください。

GPU&グラフィック設定別フレームレート・ベンチマーク

同開発が手掛ける『原神』や『崩壊3rd』を参考に、各種GPUの『ゼンレスゾーンゼロ』のスコアをまとめました。

結論から言うと「エントリークラスで60fpsでの快適なプレイは可能」です。

設定をいじれば、高Hzのモニターを活かすため更にfpsを稼ぐことも可能です。

フルHD(1080P)-高設定(推定)
RTX 3090
258fps
RTX 3080 Ti
250fps
RTX 3070
175fps
RTX 3060 Ti
171fps
RTX 3060
150fps
GTX 1660 SUPER
120fps
RTX 3050
120fps
GTX 1650
65fps

このベンチマークは戦闘しない時間も含めた平均フレームレートです。激しいスキルのエフェクトや敵が多い場面ではもちろん平均フレームレートよりも下回ることもあります。
また、それぞれ『ゼンレスゾーンゼロ』内での計測時期も方法も異なり、検証は完全な同一環境で行われているわけではないので、あくまで目安としてください。

BTOショップ別特徴まとめ【ドスパラからパソコン工房まで】

メーカー値段納品速度サポート使い勝手ゲーマー向け
ドスパラ     
マウスコンピューター     
パソコン工房     
フロンティア     

最近のBTOショップでは、販売されているPC自体の性能差はほとんど存在しません。

一日でも早くお目当てのゲーミングPCが欲しいなら「ドスパラ

どれほど時間がかかっても受注生産やセールで最安ゲーミングPCが欲しい人は「フロンティア

マウスコンピューター」は24時間365日の電話サポートが手厚く、入門者にはぴったりです。

また、マウスコンピューターのセールは年間を通して行っているので、いつでもお得にパソコンを購入できます。

今、日本でゲーミングPCを買おうと思ったらこの記事で紹介しているPCモデルがトップクラスです。

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのはコスパが悪いのでやめましょう。
家電量販店のデメリットを詳しく知りたい方は「パソコン買うなら電気屋や家電量販店はNGな理由」を参考にしてください。

『ゼンレスゾーンゼロ』おすすめゲーミングPC

『ゼンレスゾーンゼロ』おすすめゲーミングPC
by:ゼンレスゾーンゼロ

ここでは、『ゼンレスゾーンゼロ』を快適にプレイできるゲーミングPCを、用途別に紹介します。

自分が求める環境にスペックが伴っているかどうか、解説しながらおすすめモデルを紹介していますので参考にしてください。

ドスパラ」は在庫が豊富でほかBTOショップと比べても出荷スピードが早いため、一日でも早くPCを手に入れたい人のために「ドスパラ」からPCを紹介します。

ビットコインの価格暴落などによってマイニング需要が減った理由で、どのショップでもゲーミングPCの価格は徐々に下がってきています。

ただし、またいつ値上がりするかはわからないため購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。

GPUの在庫不足問題については「GPU在庫不足とグラボ品薄の原因」という記事で詳しく解説しているのでそちらを参照してください。

価格をできるだけ抑えたい方は入門モデルがおすすめ

Magnate MH
 MH
CPU : i5-12400
グラフィック : GTX 1650
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 価格が安い
  • 60fpsで快適にプレイ可能
  • 100fps以上は設定を下げないと出せない

もっとも安くゲーミングPCを購入したいのであれば、このモデルがおすすめです。

安いといっても『ゼンレスゾーンゼロ』を、最高画質にして60fpsでプレイできるパワーは十分持っているので安物だから損をしたということにはなりません。

『ゼンレスゾーンゼロ』以外のスマホ・PCで展開されているゲームをプレイする場合も、スペックを満たすのでスマホゲーをPCでプレイするのに困りません。

144fpsで遊びたい中級者は人気no.1モデルがおすすめ

ガレリア XA7C-R37 第12世代Core搭載
ガレリア XA7C-R37 第12世代Core搭載
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 常時144fps以上安定
  • PCゲームに困ることはないスペック
  • コスパ最高の人気no.1モデル
  • 144Hzゲーミングモニターの購入が必須

最新世代のIntel 12世代CPUを採用し、ミドルハイクラスのRTX 3070が搭載されてゲーム性能が大幅に向上したゲーミングPCです。

このレベルのスペックであれば、『原神』より要求スペックが高い『ゼンレスゾーンゼロ』でも144fpsを安定して維持できます。

PCゲーム全般においても、要求スペックを高水準でクリアしているため、『ゼンレスゾーンゼロ』とSteamなどのPCゲームを同時に起動するというプレイスタイルも可能です。

このモデルの性能を発揮するには、144Hzのモニターを用意することが必須ですが、『ゼンレスゾーンゼロ』を120%楽しめる環境でプレイできるのは間違いありません。

LG
¥27,480 (2022/09/29 20:01時点 | Amazon調べ)

高品質な環境で動画配信したいハードゲーマーにはハイエンドゲーミングPCがおすすめ

ガレリア XA7C-R38T
ガレリア -R38T
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3080 Ti
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 240fpsでプレイ可能
  • 動画配信しつつも高fpsを維持
  • PCゲームで要求スペックに困ることはない
  • 価格が高い
  • 高Hzのゲーミングモニターが必須

RTX 3090クラスの性能を持つGPUを搭載したハイスペックPCなので、『ゼンレスゾーンゼロ』を240fpsでプレイすることが可能です。

また、動画配信しながらのプレイでも高fpsを維持でき、高品質なストリーマー活動をする予定の方にもおすすめできるスペックのPCです。

PCゲーム全般においても、4K解像度で快適にプレイできるスペックがあるので、あらゆるPCゲームを最高の環境でプレイしたいというハードゲーマーにも安心しておすすめできます。

あらゆるゲームで画質を落としたくない、動画配信をしてもゲームの設定を落とさず高fpsでプレイしたい、というハードゲーマーやストリーマーにおすすめのモデルです。

ゲーミングノートPCならミドルスペック・軽量モデルがおすすめ

ガレリア XL7R-R36
ガレリア XL7R-R36
CPU : Ryzen 7 5800H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 144Hz 15.6インチ
重量 : 2.1kg
バッテリー : 6.3 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • コスパ最高のゲーミングノートPC
  • 144Hz対応モニター
  • コンパクトで軽量
  • 容量が少ないのでストレージ増量必須
  • デスクトップPC並の拡張性はない

リビングなどに持ち運んで使いたい」「外出先でも『ゼンレスゾーンゼロ』をプレイしたい」「子供にいたずらされるので普段は収納したい」という方にゲーミングノートPCはおすすめです。

スペックも「ガレリア XA7C-R37」に近いので、『ゼンレスゾーンゼロ』を144fpsでプレイすることが可能で、PCゲーム全般においても要求スペックで困ることはありません。

場所を選ばず、コンパクト性を求めるゲーマーにおすすめの高性能ゲーミングノートPCです。

他にも格安から超高性能まで、優秀なゲーミングノートPCを厳選して紹介しているので、ノートPC派の方は「おすすめゲーミングノートPC」を参考にしてください。

『ゼンレスゾーンゼロ』のサービス開始日はいつ?

『ゼンレスゾーンゼロ』のサービス開始日はいつ?
by:ゼンレスゾーンゼロ

『ゼンレスゾーンゼロ』は、2022年8月5日にクローズドベータテストが実施されましたが、テスト後のアナウンスにリリース日の告知はありませんでした。

いつリリースされるかはわかりませんが、同社が手掛ける『原神』を参考にすると2020年5月31日に最初のベータが行われてから2020年9月28日にリリースされています。

そのためあくまで予想ですが、『原神』のときと同じくらいの速さで開発が進むのであれば、2022年の冬にはリリースが期待できます。

『ゼンレスゾーンゼロ』をプレイするならゲーミングPC環境がおすすめ

『ゼンレスゾーンゼロ』をプレイするならゲーミングPC環境がおすすめ
by:ゼンレスゾーンゼロ

『ゼンレスゾーンゼロ』をプレイするためにはゲーミングPCを用意すると、最高の環境でプレイすることが可能です。

ここでは、ゲーミングPCで『ゼンレスゾーンゼロ』をプレイするとどのようなメリットがあるのか?スマホ版と比較して解説します。

フレームレートが高いほど極限回避がしやすい

by:ゼンレスゾーンゼロ

『ゼンレスゾーンゼロ』には、同社が手掛けるタイトルの『崩壊3rd』でおなじみの「ジャスト回避」システムがあります。

『ゼンレスゾーンゼロ』では「極限回避」というシステムとして実装されており、これを狙うことで周囲の時間がスローになり自分だけ普通の速度で動けるようになります。

一方的な攻撃が可能となり、積極的に狙いたい極限回避ですが、fpsが低いと狙うどころではなくなり被弾してしまう可能性が大きくなるので高fpsを出せる端末は非常に重要です。

スマホ版は端末によって相性が出て動作が不安定になる可能性が大きく、60fps以上の高fpsはゲーミングPCであれば容易に出すことが可能です。

そのため、ゲーミングPCで『ゼンレスゾーンゼロ』をプレイすることは、戦闘に有利になることに直結するので非常におすすめできるといえます。

スマホ版よりも高画質で画面が広い

by:ゼンレスゾーンゼロ

『ゼンレスゾーンゼロ』はmihoyoの技術力を駆使したグラフィックのクオリティの高さも魅力の一つで、特にポリゴンの様々なパーツがよく動くので、非常にキャラクターの作り込みが細かく見栄えも良いものです。

これらのグラフィックをゲーミングPCは、グラフィックボードが影の品質やアンチエイリアスなどの設定を高品質で動作させることが可能です。

また、スマホ版では画面の大きさも小さく、指で操作する都合上画面が狭くなりがちなので迫力さに欠けます。

携帯端末のグラフィック性能も、ゲーミングPCには到底かなわないので画質や画面の広さに関しては雲泥の差です。

そのため『ゼンレスゾーンゼロ』の美麗なグラフィックを堪能するには、ゲーミングPCとゲーミングモニターを用意することが最適といえます。

高画質・高fpsでプレイしたいならゲーミングモニターが必須

ASUS モニター
by:BenQ

いくら良いゲーミングPCで高フレームレートを出せても、その映像を描画できる高リフレッシュレート対応ゲーミングモニターがなければ意味がありません。

ここでは、『ゼンレスゾーンゼロ』のグラフィックを鮮やかに表現できるIPSパネルを採用したモニターを中心に、おすすめモニターを紹介します。

Dell ALIENWARE AW2521H

ASUS
¥19,980 (2022/10/03 20:10時点 | Amazon調べ)
23.8インチ5ms76Hz

『ゼンレスゾーンゼロ』は競技性が高いゲームではないので、60fpsでプレイできれば満足という方にこのモニターはおすすめです。

メーカー保証が3年間あり、目への負担を軽減する機能も搭載されているので長時間のプレイも安心です。

パネルはIPSを採用しているので、色彩表現が幅広く視野角も広いため自由な角度でモニターをセッティングすることが可能になっています。

なるべく価格を抑えて機能性が良いIPSゲーミングモニターを求めている方におすすめです。

LG UltraGear 24GN600-B 23.8インチ

LG
¥27,480 (2022/09/29 20:01時点 | Amazon調べ)
23.8インチ1ms(GtG)144Hz

IPSパネルを採用し鮮やかな色彩表現を可能にしつつ、144Hzと高リフレッシュレートのモニターなので、「ガレリア XA7C-R37」と併用することで最大144fpsで『ゼンレスゾーンゼロ』をプレイできます。

HDRに対応し、明るい部分をより明るく、暗い部分をより深い黒で表現しカラフルな『ゼンレスゾーンゼロ』の世界をくっきりと表現できます。

また、競技性の高いゲームに最低限必要とされるリフレッシュレートと、高速な応答速度を持っているのでFPSなどのゲームにも万能に対応できるコスパに優れたゲーミングモニターです。

『ゼンレスゾーンゼロ』おすすめゲーミングPCまとめ

この記事では『ゼンレスゾーンゼロ』におすすめなゲーミングPCを紹介しました。

以下、記事で紹介したモデルのおさらいです。

・価格を抑えつつも快適にプレイしたい! → 「とにかく安い入門モデル
・144fpsでプレイしたい! → 「中級者向けコスパ最高モデル
・動画配信もしたい! → 「上級者向けハイエンドモデル
・おすすめのゲーミングノートPCが知りたい!→ 「ミドルスペック&軽量ノート

PCでもスマホゲームをやる人が多くなり、メーカー側もスマホとPC両対応にアプリを制作する今の時代、ゲーミングPCを用意しないと最高の環境でプレイできないというケースが増えています。

『ゼンレスゾーンゼロ』もゲーミングPCでプレイすると、かなり画質が変わるタイプのスペックを要求するゲームなので、最適なゲーミングPCを用意することは今後のスマホPCゲームに対応できるので重要です。

今回紹介したおすすめゲーミングPCを参考に、自身の予算や用途に合わせて最適なゲーミングPCを選んでみてください。

こちらの記事では、当サイトが厳選した「初心者向けのおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。

ゲーミングPCの基礎知識」「おすすめBTOショップ」についても解説していますのでこの記事で欲しいゲーミングPCが見つからなかった方はあわせてご確認ください。


関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次