【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

『バイオハザード RE:4』おすすめゲーミングPCと推奨スペック フルHDを快適に遊べるものから4Kレイトレで遊べる最強モデルを紹介!

バイオRE4おすすめPCアイキャッチ

この記事では『バイオハザード RE:4』をPC版でプレイしたい方の「どのくらいのPCスペックがあれば快適に遊べるの?」という悩みを解消します。

以下の疑問を抱えている人は参考にしてください。

  1. 『バイオハザード RE:4』をプレイするための推奨スペックを知りたい
  2. グラボなしで『バイオハザード RE:4』ができるのかを知りたい
  3. 『バイオハザード RE:4』におすすめなゲーミングPCが知りたい
  4. 『バイオハザード RE:4』の発売日や特典内容が知りたい

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

・フルHDで遊びたい! → 「入門モデル
・WQHDで遊びたい! → 「人気No.1モデル
・4Kで遊びたい! → 「ハードゲーマー向けハイエンドモデル
・ノートPCで快適に遊びたい!→ 「ミドルスペック&軽量ノート

目次

『バイオハザード RE:4』動作環境・推奨スペック

『バイオハザード RE:4』ストアサイト情報を元に、どの程度のスペックのPCであれば『バイオハザード RE:4』が快適に動作するかを紹介します。

必要スペック

スクロールできます
CPUAMD Ryzen 3 1200 / Intel Core i5-7500
メモリ8GB
GPU AMD Radeon RX 560 with 4GB VRAM / NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti with 4GB VRAM
必要スペック(by:『バイオハザード RE:4』Steamストア)

公式サイトが発表している必要スペックによると「パフォーマンス重視設定で 1080p/60fpsのゲームプレイか可能です。」とあります。

確かに画質を最低限まで下げれば、60fpsを目指せるかもしれませんが、それでも状況によっては(多数のゾンビと戦う場面など)60fpsを下回る可能性が大きいスペックです。

きれいな画面で快適にとはいかないので、上のスペックを目指すべきです。

推奨スペック

スクロールできます
CPUAMD Ryzen 5 3600 / Intel Core i7 8700
メモリ16GB
GPUAMD Radeon RX 5700 / NVIDIA GeForce GTX 1070
推奨スペック(by:『バイオハザード RE:4』Steamストア)

公式推奨スペックであれば、グラフィックオプション「画面品質重視」設定で 1080p/60fpsのゲームプレイか可能です。

しかし、このスペックも状況によっては60fpsを下回る可能性があるので、安定して高画質を保ちながら60fpsに張り付けるとは言えません。

また、『バイオハザード RE:4』は最大4K解像度とレイトレーシングやDLSSに対応したゲームのため、これらの機能をフル活用して最大画質で遊びたい場合は「RTX 3000シリーズ」以上のグラボを搭載したゲーミングPCが理想です。

真の推奨スペック

スクロールできます
CPUフルHD:AMD Ryzen 5 5600 / Intel Core i5 12600
4K:AMD Ryzen 9 5900 / Intel Core i7 12700
メモリフルHD:16GB
4K:32GB
GPUフルHD:Nvidia GeForce RTX 3060 / AMD Radeon RX 6600
4K:Nvidia GeForce RTX 3080 / AMD Radeon RX 6800XT

筆者が個人的に考える「最高画質+60fps張り付きで『バイオハザード RE:4』を遊ぶためのスペック」は最低限これくらいは必要になります。

『バイオハザード RE:4』は次世代機やPCに向けて大きくグラフィックが強化された作品のため、最高画質で楽しむためにはDLSSを駆使して、レイトレーシングをONにできる「RTX 3060」以上のグラボが最適です。

最大4K解像度、レイトレーシング、DLSSをフル活用する場合は「RTX 3080」搭載の「FRGH670/SG3」クラスのスペックがあると安定するのでおすすめです。

グラボなしのPCで快適に遊べる?→遊べません

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません
by:『バイオハザード RE:4』

グラフィックボードを搭載してない(オンボード)パソコンで『バイオハザード RE:4』を快適にプレイすることは不可能です。

「Intel Xe」内蔵GPUを搭載した最新式のCPUを使用しているのであれば起動はしますが、それでも画質を最低まで下げないとまともにプレイは出来ません。

せっかくリメイクされて大きく画質が向上した『バイオハザード RE:4』を、画質を下げてカクカクした映像で遊ぶのは本末転倒です。100%楽しむためにもグラボは必須と言えます。

グラボなしPCについて詳しく知りたい方は「内蔵GPUとは何か」で解説しているので参考にしてください。

GPU&グラフィック設定別フレームレート・ベンチマーク

過去作の「バイオシリーズ」から推測できる各GPUの解像度別fpsを、グラフにまとめてみました。

負荷をかなり軽減することが可能なDLSS機能を搭載した「RTX 3000シリーズ」が、WQHD以上の解像度で活躍すると筆者は予想します。

フルHDであれば、現在販売されているGPUで問題なく遊べるでしょう。

フルHD(1080P)-高設定
RTX 3090
60fps
RTX 3080
60fps
RTX 3070
60fps
RTX 3060 Ti 
60fps
RTX 3060 
60fps
RTX 3050
60fps
GTX 1660 SUPER
60fps
GTX 1650
50fps

このベンチマークは戦闘しない時間も含めた平均フレームレートです。多数のゾンビが登場する激しい戦闘時にはもちろん重くなり、この平均fpsは維持できません。
また、発売日前のあくまで予想fpsなので参考程度にしてください。

BTOショップ別特徴まとめ【ドスパラからパソコン工房まで】

メーカー値段納品速度サポート使い勝手ゲーマー向け
ドスパラ     
マウスコンピューター     
パソコン工房     
フロンティア     

最近のBTOショップでは、販売されているPC自体の性能差はほとんど存在しません。

一日でも早くお目当てのゲーミングPCが欲しいなら「ドスパラ

どれほど時間がかかっても受注生産やセールで最安ゲーミングPCが欲しい人は「フロンティア

マウスコンピューター」は24時間365日の電話サポートが手厚く、入門者にはぴったりです。

また、マウスコンピューターのセールは年間を通して行っているので、いつでもお得にパソコンを購入できます。

今、日本でゲーミングPCを買おうと思ったらこの記事で紹介しているPCモデルがトップクラスです。

また、お得にゲーミングPCがほしい方は「ドスパラのセール情報」「マウスコンピューターのセール情報」「フロンティアのセール情報」をまとめているので参考にしてみてください。

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのはコスパが悪いのでやめましょう。
家電量販店のデメリットを詳しく知りたい方は「パソコン買うなら電気屋や家電量販店はNGな理由」を参考にしてください。

『バイオハザード RE:4』おすすめゲーミングPC

『バイオハザード RE:4』おすすめゲーミングPC
by:『バイオハザード RE:4』

ここでは『バイオハザード RE:4』をプレイするのに適したおすすめのゲーミングPCを、「ドスパラ」「FRONTIER」から紹介します。

自身が求める環境と予算に合わせて選んでみてください。

フルHDで遊ぶ方は入門モデルがおすすめ

ガレリア RM5R-G60S
ガレリア RM5R-G60S
CPU : Ryzen 5 4500
グラフィック : GTX 1660 SUPER
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 価格が安い
  • フルHD最高設定+60fpsでプレイ可能
  • DLSS+レイトレーシングは使えない
  • フルHDでのプレイが限界

できるだけ価格を抑えて『バイオハザード RE:4』をプレイしたい方には、こちらのゲーミングPC入門モデルがおすすめです。

スペック的にはフルHD高画質設定+60fpsで問題なくプレイが可能なので、画質やfpsが低くてゲームに集中できないなんてことにはなりません。

また、だいたいのPCゲームを普通にプレイできるスペックでもあるので、ゲーミングPCデビューに最適のモデルと言えます。

ASUS
¥14,480 (2023/01/28 17:50時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

WQHDで遊びたい方は人気no.1モデルがおすすめ

ガレリア RM7C-R37
ガレリア XA7C-R37 第12世代Core搭載
CPU : Core i7-12700F
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • WQHD最高設定+60fpsでプレイ可能
  • DLSS+レイトレーシングが使える
  • コスパ最高の人気no.1モデル
  • フルHDのモニターでは本来の力を発揮できない

フルHDじゃちょっと画質が物足りない!という方には、こちらの人気No.1モデルがおすすめです。

『バイオハザード RE:4』をWQHD解像度かつDLSS+レイトレーシングONで60fpsを維持できるスペックがあるため、フルHDよりもワンランクアップした映像美を楽しめます。

ゲーミングPCとしての性能も高水準で、数年先も現役バリバリで活躍できるためコスパもよく、人気が高いことが納得できるモデルです。

4K最高画質で遊びたい方はハイエンドゲーミングPCがおすすめ

FRGH670/SG3
CPU : Core i7-12700F
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 32GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
フロンティアで詳細・価格を見る
長所
短所
  • 4K最高設定+60fpsでプレイ可能
  • DLSS+レイトレーシングが使える
  • メモリ32GB搭載で4K環境が安定する
  • 高コスパ
  • 価格が高め
  • マシンパワーを100%発揮するには4K対応モニターが必要

画質で一切妥協をしたくない!というハードゲーマーの方には、こちらの「RTX 3080」搭載モデルがおすすめです。

4K解像度の負荷は、グラボのVRAMだけでなく物理メモリにも負担がかかり、16GBでは足りなくなるシーンが多くなってきます。

そんな不安を最初から解消して、32GBと通常のゲーミングPCより2倍のメモリを搭載しているのが本モデルで、『バイオハザード RE:4』を4K解像度かつDLSS+レイトレーシングONで60fpsを維持できます。

約29万円と価格は高めですが、これほどの構成で30万円を切るのは逆に安いほうなので、コスパが高いハイエンドPCと言えます。

ASUS
¥90,700 (2023/01/31 10:15時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

スペースを取りたくない方はゲーミングノートPCがおすすめ

ガレリア XL7C-R36H
ガレリア XL7C-R36
CPU : Core i7-12700H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 165Hz 15.6インチ
重量 : 2.15kg
バッテリー : 7.1 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 GALLERIA XL7C-R36レビュー

長所
短所
  • 240Hz対応モニター
  • フルHD最高設定+60fpsで遊べる
  • DLSS+レイトレーシングが使える
  • 容量が少ないのでストレージ増量必須
  • デスクトップPC並の拡張性はない

場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」「子供にいたずらされるので普段は収納しておきたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

スペック的には『バイオハザード RE:4』をフルHD最高設定+60fpsで遊べるパワーがあり、他タイトルも十分快適に遊べるため、これ一台あればPCゲームで困ることはないでしょう。

たくさんのPCゲームを遊ぶ予定の方には500GBストレージでは足りない可能性があるため、USBタイプの外付けSSDなどで対応するのが手軽でおすすめです。

バッファロー
¥9,719 (2023/02/02 04:41時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

他にも格安から超高性能まで、優秀なゲーミングノートPCを厳選して紹介しているので、ノートPC派の方は「おすすめゲーミングノートPC」を参考にしてください。

『バイオハザード RE:4』の発売日はいつ?

『バイオハザード RE:4』の発売日はいつ?
by:『バイオハザード RE:4』

『バイオハザード RE:4』の発売日は全プラットフォームで2023年3月24日と公式から発表がありました。

対応プラットフォームは「PS4・5」「XBOX SERIES X│S」「Steam」となります。

予約特典に加えて「デラックス・エディション」「コレクターズ・エディション」の2つのエディションが販売され、そのうちPS4・5のパッケージ版のみ「コレクターズ・エディション」が発売されます。

コレクターズ・エディション内容
「コレクターズ・エディション」by:E-CAPCOM

プラットフォームによる各エディションの内容の違いを下記の表にまとめたので、確認した上で購入しましょう。

スクロールできます
プラットフォーム予約特典デラックス・エディションの内容コレクターズ・エディションの内容(パッケージ版のみ)
PS4・5ゲーム内アイテム
・アタッシェケース 「ゴールド」
・アタッシェケース 「クラシック」
・チャーム 「ハンドガンの弾」
・チャーム 「ハーブ(緑)」

価格:7,990円(税込)
ゲーム内アイテム
・コスチューム 「レオン/アシュリー・CASUAL」
・コスチューム 「レオン/アシュリー・ROMANTIC」
・コスチューム & フィルター「レオン・HERO」
・コスチューム & フィルター 「レオン・VILLAIN」
・アクセサリ 「レオン・サングラス(スポーツ)」
・特別武器 「センチネル ナイン」
・特別武器 「スカルシェイカー」
・BGMチェンジ 「オリジナル Ver.」
・宝の地図 「エクスパンション」

価格:8,990円(税込)
ゲーム内アイテム
・「デラックス・エディション」の特典

リアルグッズ
・サントラCD
・レオンのフィギュア
・アートブック
・特製マップ
・専用アタッシュケース

価格:34,969円(税込)
XBOX SERIES X│S同上同上なし
Steam同上同上なし

『バイオハザード RE:4』をプレイするならゲーミングPC・モニター環境がおすすめな理由

『バイオハザード RE:4』をプレイするならゲーミングPC・モニター環境がおすすめな理由
by:『バイオハザード RE:4』

『バイオハザード RE:4』をプレイするためには、ゲーミングPCとゲーミングモニターを用意するのが最適です。

60fpsを常に維持するためには、マシンスペックが必要になり、高画質な映像を鮮やかに表現するには最適なゲーミングモニターが必要だからです。

解像度が高くても安定して動作する

『バイオハザード RE:4』は、様々なプラットフォームで発売されますが、レイトレーシングをONにしつつDLSSで高画質かつ負荷を軽減できるのはPC版のみの特権です。

据え置きのゲーム機でも4Kに対応する時代ですが、PS版やXBOX版は細かい画質の調整はできず、ゲーム機の基準で自動的に調整された画質設定となります。

『バイオハザード RE:4』だけでなく、ホラーゲームは画質を極限まで上げることで迫力が大きく変わるジャンルのゲームです。また、動画配信をする場合にも見栄えが良くなるというメリットは見逃せません。

そのため、ハイスペックなゲーミングPCであれば高負荷なレイトレーシングでも、DLSSをONにすることで安定して高画質+60fpsの『バイオハザード RE:4』を100%楽しめます。

MODを使用できる可能性が高い

MODを使用できる可能性が高い
by:『バイオハザード RE:4』

『バイオハザード RE:3』で「ネメシス」を「きかんしゃトーマス」に変更するMODを始め、様々なMODが作られていたところを見ると、『バイオハザード RE:4』でもMODが作られる可能性が高いです。

見た目を変えるテクスチャ変更MOD、fps上限を解除するMOD、画質をより向上させるMODなどが、基本的なMODとしてPC版バイオシリーズには存在します。

これらのMODはファイルをいじれるPC版のみでしか行えない事なので、MODを入れて遊んでみたいという方は高負荷なMODにも耐えられるゲーミングPC一択です。

高フレームレートでプレイしたいならゲーミングモニターが必須

ASUS モニター
by:ASUS

高性能なゲーミングPCだけでは、『バイオハザード RE:4』を100%堪能することはできません。

モニターにも気を使う必要があり、特に色彩表現が幅広いIPSパネルを採用したゲーミングモニターはリメイクで画質が向上した『バイオハザード RE:4』と相性が良いです。

ここでは、おすすめのIPSパネルを採用したゲーミングモニターを紹介します。

ASUS フレームレス モニター VZ239HR

ASUS
¥14,480 (2023/01/28 17:50時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
23インチ解像度:フルHD(1920×1080)応答速度:5msリフレッシュレート:76Hz

『バイオハザード RE:4』は60fpsが上限のゲームなので、このIPSモニターでも十分快適にプレイできます。

チラつきを軽減するフリッカーフリーモードや、ブルーライトカット低減機能で目に優しく長時間のプレイにも安心で、メーカー保証も3年間付いています。

なるべく価格を抑えつつも、画質が良いモニターがほしい方は、このモデルがコスパがよくおすすめです。

LG フレームレス ゲーミングモニター UltraGear 27GN800-B

ベンキュージャパン
¥30,102 (2023/02/03 01:50時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
27インチ解像度:WQHD(2560×1440)応答速度:1ms(GtG)リフレッシュレート:144Hz

フルHDより画質を上げたいけど、4Kモニターは高すぎるので手が出ないという方には、このIPSパネルを採用したWQHD対応27インチモデルがおすすめです。

リフレッシュレートは144Hzと高く、応答速度もかなり速いクラスの1ms(GtG)なので、ゲーミングPCと合わせればあらゆるゲームでリフレッシュレートに困ることはありません。

これほど高性能なのに価格は5万円を切るので、コスパに非常に優れます。

『バイオハザード RE:4』は、WQHDにも対応しているので、このモニターであればフルHDよりも高画質で快適なプレイが可能です。

ASUS ゲーミングモニター TUF Gaming VG28UQL1A

ASUS
¥90,700 (2023/01/31 10:15時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
28インチ解像度:4K (3840×2160)応答速度:1ms(GtG)リフレッシュレート:144Hz

28インチと大きめの液晶と、それを活かせる高解像度の4Kに対応したIPSパネルモニターです。

『バイオハザード RE:4』は4K解像度にも対応しているゲームなので、このモニターとゲーミングPCを用意すれば、最高の環境でプレイできます。

大きいサイズのモニターと、色彩表現の幅が広い4K対応IPSパネルは、『バイオハザード RE:4』の演出を更に迫力あるものにします。

リフレッシュレートも144Hzと高周波で、他のPCゲームでもハイスペックゲーミングPCと合わせれば高品質な環境でプレイが可能なので、モニターにも妥協したくないハードゲーマーにおすすめです。

『バイオハザード RE:4』おすすめゲーミングPCまとめ

この記事では『バイオハザード RE:4』におすすめなゲーミングPCを紹介しました。

以下、記事で紹介したモデルのおさらいです。

・フルHDで遊びたい! → 「入門モデル
・WQHDで遊びたい! → 「人気No.1モデル
・4Kで遊びたい! → 「ハードゲーマー向けハイエンドモデル
・ノートPCで快適に遊びたい!→ 「ミドルスペック&軽量ノート

こちらの記事では、当サイトが厳選した「初心者向けのおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。

ゲーミングPCの基礎知識」「おすすめBTOショップ」についても解説していますのでこの記事で欲しいゲーミングPCが見つからなかった方はあわせてご確認ください。


関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次