グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』おすすめゲーミングPCと推奨スペック|往年の名作LOMが追加要素を引っさげてリメイク!

聖剣伝説LOM スペック・格安パソコン

この記事では『聖剣伝説 Legend of Mana』をPC版でプレイしたい方の「結局どのPCを使えばいいの?」という悩みを解消します。

以下の疑問を抱えている人は参考にしてください。

  1. 『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』をプレイするための推奨スペックを知りたい
  2. グラボなしで『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』ができるのかを知りたい
  3. おすすめなゲーミングPCが知りたい
  4. PS版からの追加要素を知りたい
  5. 名前変換バグの対策を知りたい

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

・ お金をかけず始めたい→ 「とにかく安い入門モデル
・4K画質で快適にプレイしたい → 「中級者向けコスパ最高モデル
・持ち運びができるノートが欲しい → 「入門用ノートPC
・スペック重視のノートが欲しい→ 「ミドルスペック&軽量ノート

目次

『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』動作環境・推奨スペック

『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』公式サイト情報を元に、どの程度のスペックのPCであれば『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』が快適に動作するかを紹介します。

必要スペック

スクロールできます
CPUCore i3-3240 3.8GHz
メモリ4GB
GPUNVIDIA GeForce GT 730
必要スペック(by:聖剣伝説 Legend of Mana)

公式サイトが発表している必要スペックは「最低限ゲームを動かす為」のスペックでしかありません。

『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』は2Dゲームなので3Dゲームより要求スペックは低いですが、「GT 730」はかなりパワーが控えめな部類のGPUになります。

快適にプレイしたいなら下記の推奨スペック以上のゲーミングPCを用意するべきです。

推奨スペック

スクロールできます
CPUCore i5-10600K
メモリ8GB
GPUNvidia GeForce GTX 1660

steamのストアページには最低限の必要スペックの記載しかありませんでした。

『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』は基本的にとても軽い部類のゲームですが、処理の重いエフェクトが重なる場面などでは60fpsを割り込むこともあるので、最低でも「GTX 1660」くらいのスペックを確保しておくべきでしょう。

真の推奨スペック

スクロールできます
CPUCore i7-10700K
メモリ16GB
GPUNvidia GeForce RTX 3060

筆者が個人的に考える「高いフレームレートで安定して『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』を遊ぶためのスペック」は最低限これくらいは必要になります。

せっかくゲーミングPCでプレイするのですから、できれば4K画質でプレイしたいものです。

『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』は軽いゲームとはいえ、4K画質でプレイしようとなると一定水準のスペックが必要になり、その水準を満たすGPUが「RTX 3060」です。

【現在使っているPCのスペック確認方法】
Windows画面左下の検索欄に「dxdiag」と入力→「コマンドの実行」をクリックするとDirectX 診断ツールが起動します。
システムタブからはPCのプロセッサ(CPU)とメモリ、ディスプレイタブからはGPUを確認できます。
もっと詳しくPCスペックを確認したい方は「PCスペックの確認方法」をチェックしてください。

PCスペックの確認方法

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません

グラフィックボードを搭載してない(オンボード)パソコンでの『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』のプレイは、ほぼ不可能です。

ゲームが起動したとしても、画面の解像度やビデオ設定をすべて最低まで下げれば60fpsは出せるでしょう。

しかし、『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』はアクションゲームです。

エフェクトの重なる場面や一部のダンジョンでは、処理落ちが発生し、GPUなしのパソコンでは快適にプレイできない場面が出てくるでしょう。

『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』をパソコンでプレイする際には最低でも「GTX 1660」以上のGPUを用意しましょう。

グラボなしPCについて詳しく知りたい方は「内蔵GPUとは何か」で解説しているので参考にしてください。

GPU&グラフィック設定別フレームレート・ベンチマーク

フルHD(1080P)-高設定
RTX 3090
60fps
RTX 3080
60fps
RTX 3070
60fps
RTX 2080 Ti 
60fps
RTX 3060 Ti
60fps
RTX 2080 SUPER
60fps
RTX 2070 SUPER
60fps
RTX 3060
60fps
GTX 1080 Ti
60fps
RTX 2060 SUPER
60fps
GTX 1660
60fps

このベンチマークは戦闘しない時間も含めた平均フレームレートです。重いエフェクトが重なる戦闘時や一部のダンジョンでは、この平均fpsは維持できません。
また、それぞれ『聖剣伝説 Legend of Mana』内での計測時期も方法も異なり、検証は完全な同一環境で行われているわけではないので、あくまで目安としてください。

BTOショップ別特徴まとめ【ドスパラからパソコン工房まで】

大手BTOショップ4社比較
メーカー値段(安さ)納品速度サポート使い勝手ゲーマー向け
ドスパラ〇◎〇◎◎
マウスコンピューター◎〇◎〇◎
パソコン工房〇〇◎△◎
フロンティア◎△△△◎

最近のBTOショップでは、販売されているPC自体の性能差はほとんど存在しません。

一日でも早くお目当てのゲーミングPCが欲しいなら「ドスパラ」

どれほど時間がかかっても受注生産やセールで最安ゲーミングPCが欲しい人は「フロンティア」

「マウスコンピューター」は24時間365日の電話サポートが手厚いので入門者にはぴったりです。

今日本でゲーミングPCを買おうと思ったらこの記事で紹介しているPCモデルがトップクラスです。

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのはコスパが悪いのでやめましょう。
家電量販店のデメリットを詳しく知りたい方は「パソコン買うなら電気屋や家電量販店はNGな理由」を参考にしてください。

『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』おすすめゲーミングPC

人気PCはほとんどのBTOショップで在庫が切れがちです。

ドスパラ」だけは在庫が豊富で出荷スピードが早いため、一日でも早くPCを手に入れたい人のために「ドスパラ」からPCを紹介します。

どのショップでもPCは頻繁に値上げされているので、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。

GPUの在庫不足問題については「GPU在庫不足とグラボ品薄の原因」という記事で詳しく解説しているのでそちらを参照してください。

PCゲーム初心者にはとにかく安い入門モデルがおすすめ

ガレリア RM5C-G60
ガレリア RM5C-G60
CPU : Core i5-10400
グラフィック : GTX 1660
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
109,980円(税込)

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 最安クラスの価格
  • 軽めのゲームなら問題なく動く
  • 4K画質でのプレイに不向き

このモデルは初めてパソコンでゲームをする方にちょうどよいスペックで、学生でも手の届きやすい価格が魅力です。

入門モデルの位置付けゆえに、負荷のかかるプレイや4K画質でのプレイには不向きです。

出費を抑え、手っ取り早く『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』をFHD+60fpsで遊びたい人にとって、うってつけのモデルです。

4K画質で遊びたい中級者は人気no.1モデルがおすすめ

ガレリア XA7R-R37
ガレリア XA7R-R37
CPU : Ryzen 7 3700X
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • コスパ最高の人気no.1モデル
  • 4K画質でプレイ可能
  • 4Kゲーミングモニターの購入が必須

このモデルは高性能のCPUとGPUを兼ね備えた人気no.1のゲーミングPCです。

『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』をプレイするだけならオーバースペックですが、これより下の性能だと場合によってはカクつきが起こる場面が予想されます。

4K画質で快適に遊びたいならこのモデルが大変おすすめです。

日本エイサー
¥38,768 (2021/07/18 23:05時点 | Amazon調べ)

手軽に持ち運びができるおすすめの入門用ゲーミングノートPC

ガレリア RL5R-G50T
ガレリア RL5R-G50T
CPU : Ryzen 5 4600H
グラフィック : GTX 1650 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 120Hz 15.6インチ
重量 : 1.9kg
バッテリー : 7.5 時間
109,980 円(税込)

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 格安ゲーミングノートPC
  • 狭額ベゼルモニターで没入感UP
  • 軽量なので持ち運びも楽々
  • 同価格のデスクトップPCより非力
  • 拡張性が低い

場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

ガレリアのノートPCはゲーミングノートPC特有の弱点である「重くて持ち運びにくい」「グラボが古い」「モニターがしょぼい」なんて弱点を完全に克服しています。

自宅で利用する場合は、大型モニターと接続することにより、大画面でのプレイも可能です。

日本エイサー
¥38,768 (2021/07/18 23:05時点 | Amazon調べ)

ゲーミングノートPCならミドルスペック・軽量モデルがおすすめ

ガレリア XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36
CPU : Core i7-10875H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 144Hz 15.6インチ
重量 : 2.0kg
バッテリー : 5.8 時間
159,980 円(税込)

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • コスパ最高のゲーミングノートPC
  • 15.6インチの大型モニター
  • マウスやキーボードといった周辺機器の出費ゼロ
  • 容量が少ないのでストレージ増量必須
  • デスクトップPC並の拡張性はない

デスクトップPCに負けずとも劣らない性能を秘めたミドルスペックのゲーミングノートPCです。

ノートPCゆえの拡張性の低さが欠点として挙げられますが、そもそものスペックが高水準です。

ノートPCは構造上、CPUとGPUの交換は困難で、あとから増設するとすればメモリくらいですが、このモデルはメモリを十分に積んでいます。

唯一、メインストレージの少なさが気になる点として挙げられますが、SSDをカスタマイズで増設することで対応できます。

他にも格安から超高性能まで、優秀なゲーミングノートPCを厳選して紹介しているので、ノートPC派の方は「おすすめゲーミングノートPC」を参考にしてください。

『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』をプレイするならゲーミングPCがおすすめ

『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』をプレイするためにはゲーミングPCを用意するのが最も適しています。

ゲーミングPCなら高負荷時や4K画質でもフレームレートを落とさずに快適にプレイすることができます。

リメイクされたPC版の追加要素

オリジナル版の『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』とリメイク版の大きな違いは以下の通りです。

  • フレームレートが「30fps」→「60fps」へ
  • 4K画質へ対応
  • アレンジされたサウンドを収録
  • エンカウントのON/OFF
  • セーブ機能の強化(オートセーブ、どこでもセーブ)
  • ミニゲーム「リング・りんぐ・ランド」の実装

まず、フレームレートが向上したことにでより滑らかな描写になり、没入感がアップしています。

画質も大画面に対応し、見やすく快適なプレイができます。

アレンジサウンドには賛否ありますが、オリジナルをプレイした方は懐かしくも新しいBGMにより、新鮮な気持ちでプレイできます。

また、鬱陶しい雑魚戦をオフにすることによりダンジョンの散策に専念できるようになりました。

セーブ機能の強化に関しても、オリジナル版のような拠点に戻らなければセーブができない仕様ではなく、戦闘中以外でメニューを開くことによりどこでもセーブすることが可能になりました。

オリジナルのPS版のポケットステーション用のミニゲームの「リング・りんぐ・ランド」がゲーム上に実装され、レアアイテムの収集に役立ちます。

PC版『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』の注意点

『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』は様々なプラットフォームでクロスプレイ展開されていますが、PC版のみ「名前の変換ができない」バグが存在しています。

これはパソコンのIMEが影響しているようで、以下の手順で改善することができます。

STEP
タスクバー右下のIMEアイコン(「A」や「あ」)を右クリックしオプションを表示。
設定を選択。
STEP
全般を選択
STEP
互換性欄の「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」がオフなのを確認。
STEP
オフからオンに切り替える。

上記の手順を行うことにより、主人公の名前をカタカナに変換することが可能になります。

4K画質でプレイしたいならゲーミングモニターが必須

高フレームレートでプレイしたいならゲーミングモニターが必須
by:BenQ

ゲーミングPCで『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』をプレイするメリットのひとつとして、60fpsのフレームレートにて4K画質でプレイできる点があります。

ここでは筆者がおすすめするゲーミングモニターを紹介します。

詳しく知りたい方は「フレームレート(fps)とは何か?」と「リフレッシュレートとは何か?」をセットで参考にしてください。

Acer SigmaLine 28インチ 4K TN

日本エイサー
¥38,768 (2021/07/18 23:05時点 | Amazon調べ)
28インチ1ms60Hz

圧巻の28インチのゲーミングモニターで、応答速度も1msと高速。

『聖剣伝説 Legend of Mana(LOM)』は最高でも60fpsしか出ないため、リフレッシュレートが60Hzのこのモニターでもなんの問題もありません。

4K出力も対応しており、これだけのスペックを備えたゲーミングモニターの中では非常にコスパがよいモデルです。

筆者イチオシのゲーミングモニターです。

こちらの記事では、当サイトが厳選した「おすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。

ゲーミングPCの基礎知識」「おすすめBTOショップ」についても解説していますのでこの記事で欲しいゲーミングPCが見つからなかった方はあわせてご確認ください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる