グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

『FF14』おすすめゲーミングノートPCと推奨スペック|一番安いコスパ重視モデルからハイエンドモデルまで!

この記事では『ファイナルファンタジー14』をゲーミングノートPCでプレイしたい方の「結局どのゲーミングノートPCを使えばいいの?」という悩みを解消します。

以下の疑問を抱えている人は参考にしてください。

  1. 『ファイナルファンタジー14』をノートでプレイするための推奨スペックを知りたい
  2. グラボなしで『ファイナルファンタジー14』ができるのかを知りたい
  3. おすすめなゲーミングノートPCが知りたい

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングノートPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

・フルHD60fpsで始めたい! → 「とにかく安い入門モデル
・常に高fpsでプレイしたい! → 「上級者向けハイエンドモデル
・軽くて長持ちなゲーミングノートPC!「軽さとバッテリー持続時間が魅力のハイエンドPC

目次

『ファイナルファンタジー14』動作環境・推奨スペック

『ファイナルファンタジー14』動作環境・推奨スペック
by:ファイナルファンタジー14

『ファイナルファンタジー14』公式サイト情報を元に、どの程度のスペックのPCであれば『ファイナルファンタジー14』が快適に動作するかを紹介します。

必要スペック

スクロールできます
CPUCor i5 2.4GHz 以上
メモリ4GB
GPUNVIDIA Geforce GTX750以上
必要スペック(by:ファイナルファンタジー14)

公式サイトが発表している必要スペックは「最低限ゲームを動かす為」のスペックでしかありません。

このスペックで『ファイナルファンタジー14』をプレイしても低いフレームレートのせいですべての動きがカクカクで、まともにギミック処理が行えずプレイに支障をきたします。

推奨スペック

スクロールできます
CPUCore i7 3GHz 以上
メモリ8GB
GPUNVIDIA Geforce GTX970 以上
推奨スペック(by:ファイナルファンタジー14)

推奨スペックであればフルHD60fpsでのプレイは安定して行えるでしょう。

100fps以上のプレイを目指すなら、更に上のスペックを目指しましょう。

真の推奨スペック

スクロールできます
CPUCore i7-9700K
メモリ16GB
GPUNvidia GeForce GTX 1660

筆者が個人的に考える「高いフレームレートで安定して『ファイナルファンタジー14』を遊ぶためのスペック」は最低限これくらいは必要になります。

高いフレームレートで安定して『ファイナルファンタジー14』を遊ぶためのスペック

なお、筆者のゲーミングノート(NVIDIA GeForce RTX 3060)ではフルHD120fps以上が安定しており「非常に快適」という結果が出ています。

グラボなしのPCで遊べる?→困難です

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません

グラフィックボードを搭載してない(オンボード)パソコンでの『ファイナルファンタジー14』のプレイは、難しいです。

ゲームが起動したとしても、画面の解像度やビデオ設定をすべて最低まで下げてようやく「20fps」出るレベルです。

『ファイナルファンタジー14』において20fpsはまともにプレイが出来ないレベルです。更に解像度を下げると画質が一気に荒くなり、ギミック処理をミスする原因になってしまいます。

また『ファイナルファンタジー14』は4人~48人パーティーでプレイするコンテンツがあるゲームなため、グラフィックボードが搭載されていないパソコンで遊ぶと味方に大きな迷惑がかかってしまいます。

グラボなしPCについて詳しく知りたい方は「内蔵GPUとは何か」で解説しているので参考にしてください。

GPUフレームレート・ベンチマーク

GPUフレームレート・ベンチマーク
by.ファイナルファンタジー14

『ファイナルファンタジー14』は、パソコンが快適に動作するか測定できるベンチマークソフトを公式が配布しています。

ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ ベンチマーク」をダウンロードし、自身のパソコンで測定した結果と下記の表を照らし合わせ、スペック不足を感じるようならパソコンの買い替えを検討しましょう。

スコア判定
15000以上非常に快適
11000~14999とても快適
8000~10999快適
6000~7999やや快適
4000~5999普通
2000~3999設定変更を推奨
1000~1999設定変更を推奨
1000 未満動作困難

続いて、GPU別に「フルHD最高品質で出せる平均フレームレート」をまとめました。

RTX 3090
247fps
RTX 3070
170fps
RTX 2080 SUPER
154fps
RTX 3060
136fps
RTX 2070 Max-Q
125fps
RT 3050 Ti
123fps
GTX 1660 SUPER
103fps
GTX 1650 Ti
95fps
GTX 1650 SUPER
90fps

このベンチマークは戦闘しない時間も含めた平均フレームレートです。レイドコンテンツなどの激しい戦闘時にはもちろん重くなり、この平均fpsは維持できません。
また、それぞれ『ファイナルファンタジー14』内での計測時期も方法も異なり、検証は完全な同一環境で行われているわけではないので、あくまで目安としてください。

BTOショップ別特徴まとめ【ドスパラからパソコン工房まで】

メーカー値段納品速度サポート使い勝手ゲーマー向け
ドスパラ     
マウスコンピューター     
パソコン工房     
フロンティア     

最近のBTOショップでは、販売されているPC自体の性能差はほとんど存在しません。

一日でも早くお目当てのゲーミングノートPCが欲しいなら「ドスパラ」

どれほど時間がかかっても受注生産やセールで最安ゲーミングノートPCが欲しい人は「フロンティア」

「マウスコンピューター」は24時間365日の電話サポートが手厚いので入門者にはぴったりです。

今日本でゲーミングノートPCを買おうと思ったらこの記事で紹介しているPCモデルがトップクラスです。

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのはコスパが悪いのでやめましょう。
家電量販店のデメリットを詳しく知りたい方は「パソコン買うなら電気屋や家電量販店はNGな理由」を参考にしてください。

『ファイナルファンタジー14』おすすめゲーミングノートPC

人気PCはほとんどのBTOショップで在庫が切れがちです。

ドスパラ」だけは在庫が豊富で出荷スピードが早いため、一日でも早くPCを手に入れたい人のために「ドスパラ」からPCを紹介します。

どのショップでもPCは頻繁に値上げされているので、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。

GPUの在庫不足問題については「GPU在庫不足とグラボ品薄の原因」という記事で詳しく解説しているのでそちらを参照してください。

MMO初心者にはとにかく安い入門モデルがおすすめ

ガレリア RL5R-G50T
ガレリア RL5R-G50T
CPU : Ryzen 5 4600H
グラフィック : GTX 1650 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 120Hz 15.6インチ
重量 : 1.9kg
バッテリー : 7.5 時間
109,980 円(税込)

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「GALLERIA RL5R-G50T」レビュー

長所
短所
  • フルHDで快適プレイが可能
  • 値段が安い
  • 120Hzモニターを搭載
  • あくまで入門モデルなので100fpsは安定しない

格安で『ファイナルファンタジー14』を遊べるノートPCが欲しいならこのモデルがおすすめです。

『ファイナルファンタジー14』は比較的軽めのゲームです。

このモデルであれば120Hzモニターを搭載しているため、フルHD60fps以上を安定して出せます。

10万円前後で『ファイナルファンタジー14』を始められるので入門編にぴったりです。

高fpsを目指す上級者にはハイエンドなゲーミングノートPCがおすすめ

ガレリア XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36
CPU : Core i7-10875H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 144Hz 15.6インチ
重量 : 2.0kg
バッテリー : 5.8 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 GALLERIA XL7C-R36レビュー

長所
短所
  • 最大144fpsが可能
  • 様々な最新ゲームが動作可能
  • 入門モデルより高価

144Hzの液晶モニター搭載で、『ファイナルファンタジー14』が最大144fpsで問題なくプレイできるハイエンドゲーミングノートPCになります。

『ファイナルファンタジー14』の高難易度レイドコンテンツで、DPS(秒間ダメージ)を稼ぐためにも高fpsが実現できるゲーミングPCが最適です。

このスペックであれば十分『ファイナルファンタジー14』を快適に楽しめます。

軽さとバッテリー持続時間が魅力のハイエンドPC

ガレリア GCR2070RGF-QC
ガレリア GCR2070RGF-QC
CPU : Core i7-9750H
グラフィック : RTX 2070 MAX-Q
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
モニター : 144Hz 15.6インチ
重量 : 1.87kg
バッテリー : 10時間

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 144Hzモニターで最大144fpsが可能
  • 様々な最新ゲームが動作可能
  • バッテリー持続時間が長い
  • 重量が軽い
  • 入門モデルより高い

内蔵バッテリー込みでも約1.87Kgという軽さと、約10時間のバッテリー持続時間が魅力のゲーミングノートPCです。

『ファイナルファンタジー14』が最大144fpsでプレイできるモデルになります。

標準搭載のSSDが1TBあり、大量のゲームをインストールできます。

バッテリーの持ちがよく、軽量級のゲーミングノートPCなので、持ち運んでいつでもどこでも『ファイナルファンタジー14』をプレイされたい方におすすめです。

『ファイナルファンタジー14』をプレイするならゲーミングノートPCがおすすめ

ノートPCで『ファイナルファンタジー14』をプレイするならゲーミングノートPCがおすすめ

ノートPCで『ファイナルファンタジー14』をプレイするためにはゲーミングノートPCを用意するのが最適です。

普通のノートPCはグラボがなかったり、リフレッシュレートが60Hzの液晶を使っていたりするので、ゲームをするのに向いていない場合が多いです。

高画質で高いフレームレートの環境でプレイできれば、FF14の魅力を最大限に体験できます。

『ファイナルファンタジー14』をデスクトップPCでプレイしたい方は「『FF14』おすすめゲーミングPC」をチェックしてみてください。

ゲーミングノートPCはプレイする場所を選ばず、コンパクト

ゲーミングノートPCを選ぶ理由の一つとして「プレイする場所を選ばない」「収納できるコンパクトさ」が挙げられます。

「ベッドの上」「旅行先」「出張先」など無線インターネット回線があればどこでもプレイ可能です。

実際に子供がいる知人がゲーミングノートPCを選んだ理由を聞いたところ、「ノートPCを使わないとき子供にイタズラされないように収納できる」という利点を挙げていました。

アーティストのGLAYのTERUことMUKKY Queenさんもライブツアー中にゲーミングノートPCを持ち歩き『ファイナルファンタジー14』をプレイしています。

CS版はマクロの登録が非常に面倒

CS機はマクロの登録が非常に面倒

『ファイナルファンタジー14』は、比較的軽めのゲームなのでCS版でも快適にプレイは出来ます。

しかしCS版で「マクロ機能」を使う時、非常に面倒だと筆者は感じました。

「マクロ機能」とは、ゲーム内で様々なアクションを自動で行えるシステムです。

大まかに分けると「制作マクロ」「戦闘マクロ」が存在します。

「制作マクロ」は、生産系のジョブで製作を行う際に「制作スキル」を決まった順序とタイミングで自動的に行うマクロです。

これにより、スキル回しをいちいち思い出すこと無くマクロボタンをワンクリックで放置していればアイテムが作れます。

「戦闘マクロ」はターゲッティングを自動で行ったり、レイドコンテンツで「今回はこのように動いてください」という具体的な指示をチャットで出したりします。

他にも味方に対して「この技を使います!」or「使ったよ!」といった戦闘中の報告を補佐してくれるマクロが多いです。

これらのマクロは、有志の方が大量のマクロ設定を公開しているので、自分に必要なマクロをコピーして使えます。

しかしCS版ではこのマクロをコピペする手段がありません!

他人のマクロを取り入れようとしたら「コマンドを見ながら文字を手打ち」するという面倒な作業をしなければなりません。

筆者はCS版もPC版も経験しましたが、この「マクロ登録の面倒臭さ」で圧倒的にCS版が有利と感じました。

『ファイナルファンタジー14』は美しいデザインとグラフィックが魅力

美しいデザイン、戦闘やストーリーを盛り上げるBGM

『ファイナルファンタジー14』は「美しいグラフィック」が魅力です。

「イフリート」「シヴァ」「タイタン」といった『ファイナルファンタジー』おなじみの召喚獣に加え様々なボスが登場し、そのデザインも美しく、カッコいいものばかりです。

普通のノートだと、画質も汚くfpsが低くカクカクになり、これらのグラフィックを堪能できません。

『ファイナルファンタジー14』のグラフィックを堪能するためにも、ゲーミングノートPCを用意しましょう。

フレームレートが高いほど操作が快適になりDPSが安定する

フレームレートが高いほど操作が快適になりDPSが安定する

フレームレート
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
ゲームのフレームレートが高ければ高いほど映像は滑らかになり、3D酔いしにくくなり、快適に操作できるようになります。

それだけでなく、フレームレートに比例してプレイヤーの反応速度も上がり、対戦ゲームではフレームレートが高いほうが有利になります。
フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は「フレームレートとは何か?」を参考にしてください。

『ファイナルファンタジー14』の戦闘で総合的な攻撃力を高めるには、コンボ技の合間に「アクティブスキル」を挟むことが重要です。

コンボ技を使った後、再度コンボ技を使うには約2秒ほどのクールタイムがあります。

この約2秒の間に「アクティブスキル」をできるだけ挟むことによりDPSが上がります。

フレームレートが低いとアクティブスキルを上手く挟めずに、次のコンボ技を撃つまでに「3秒以上かかってしまった」といった状況が頻発し、スキル回しが崩れDPSが下がることになります。

したがって『ファイナルファンタジー14』においては描画の滑らかさが重要であり、フレームレートの数値は戦闘面で最も大事な要素です。

また、『ファイナルファンタジー14』はスキルスロットが非常に多いゲームのため、MMOの多ボタンマウスを使用することにより、頻度の高いスキルを割り当て、スムーズなスキル回しを実現できます。

詳しく知りたい方は「フレームレート(fps)とは何か?」と「リフレッシュレートとは何か?」をセットで参考にしてください。

DPSとは、Damage Per Secondの略で、「時間あたりの火力」を指すゲーム用語です。

こちらの記事では、当サイトが厳選した「おすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。

ゲーミングPCの基礎知識」「おすすめBTOショップ」についても解説していますのでこの記事で欲しいゲーミングPCが見つからなかった方はあわせてご確認ください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる