グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

『シャドウバース』おすすめゲーミングPCと推奨スペック|PC版へ連携して快適な環境で対戦しよう!

シャドウバース 

この記事では『シャドウバース』をPC版でプレイしたい方の「結局どのPCを使えばいいの?」という悩みを解消します。

以下の疑問を抱えている人は参考にしてください。

  1. 『シャドウバース』をプレイするための推奨スペックを知りたい
  2. グラボなしでシャドウバースができるのかを知りたい
  3. おすすめなゲーミングPCが知りたい
  4. スマホ版との連携の仕方を知りたい

『シャドウバース』はもともとスマホゲームだけあって、それほど重くはありません。動画編集や実況も視野に入れたデスクトップと、純粋にいつでもシャドバを楽しむためのノートPCをそれぞれ紹介します。

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

・初めてPCでDCGをプレイする → 「とにかく安い入門モデル
・配信や動画編集も視野に入れたい → 「中級者向けコスパ最高モデル
・ノートPCでプレイしたい → 「激安ゲーミングノートPC
・スペックに妥協しないノートPC→ 「ミドルスペック&軽量ノート

目次

『シャドウバース』動作環境・推奨スペック

『シャドウバース』公式サイト情報を元に、どの程度のスペックのPCであれば『シャドウバース』が快適に動作するかを紹介します。

必要スペック

スクロールできます
CPUCore i3-3225 / AMD A8-7650K 同等以上
メモリ4GB
GPUNVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 5770 以上
必要スペック(by:シャドウバース)

公式サイトが発表している必要スペックは「最低限ゲームを動かす為」のスペックでしかありません。

このスペックで『シャドウバース』をプレイしても処理落ちやラグの原因となり、自身が快適にプレイできないだけでなく、対戦相手にも迷惑をかけてしまうでしょう。

推奨スペック

スクロールできます
CPUCore i5-10400
メモリ8GB
GPUNvidia GeForce GTX 1660

公式サイトではパソコンで『シャドウバース』をプレイするための最低限のスペックの記載しかありません。

実際に『シャドウバース』を快適にプレイするなら上記のスペックが必要だと筆者は考えます。

真の推奨スペック

スクロールできます
CPUCore i7-10900K
メモリ16GB
GPUNvidia GeForce RTX 3070

筆者が個人的に考える「4K+60fpsで安定して『シャドウバース』を遊ぶためのスペック」は最低限これくらいは必要になります。

4K環境で『シャドウバース』をプレイする場合、特にグラフィックボードの性能によって得られる効果が大きいです。

せっかくパソコンでプレイするのですから、スマートフォンの小さい画面と違う大画面で快適にプレイしたものです。

【現在使っているPCのスペック確認方法】
Windows画面左下の検索欄に「dxdiag」と入力→「コマンドの実行」をクリックするとDirectX 診断ツールが起動します。
システムタブからはPCのプロセッサ(CPU)とメモリ、ディスプレイタブからはGPUを確認できます。
もっと詳しくPCスペックを確認したい方は「PCスペックの確認方法」をチェックしてください。

PCスペックの確認方法

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません

グラフィックボードを搭載してない(オンボード)パソコンでの『シャドウバース』のプレイは、ほぼ不可能です。

オンボードのパソコンで『シャドウバース』をプレイすると、起動に時間がかかる上に、所々でカクつきやラグが発生してしまいます。

『シャドウバース』は対戦ゲームなので、こちらがもたついていると、対戦相手に迷惑がかかってしまいます。

お互いに気持ちのよい快適な対戦を行うためにも、オンボードのパソコンではなく、推奨スペック以上のグラフィックボードを搭載したゲーミングPCを用意するべきです。

グラボなしPCについて詳しく知りたい方は「内蔵GPUとは何か」で解説しているので参考にしてください。

GPU&グラフィック設定別フレームレート・ベンチマーク

フルHD(1080P)-高設定
RTX 3090
60fps
RTX 3080
60fps
RTX 3070
60fps
RTX 2080 Ti 
60fps
RTX 3060 Ti
60fps
RTX 2080 SUPER
60fps
RTX 2070 SUPER
60fps
RTX 3060
60fps
GTX 1080 Ti
60fps
RTX 2060 SUPER
60fps
GTX 1660
60fps

このベンチマークは平均フレームレートです。激しいエフェクトが伴う場合は、一時的にフレームレートが落ち込む場合があります。
また、それぞれ『シャドウバース』内での計測時期も方法も異なり、検証は完全な同一環境で行われているわけではないので、あくまで目安としてください。

BTOショップ別特徴まとめ【ドスパラからパソコン工房まで】

大手BTOショップ4社比較
メーカー値段(安さ)納品速度サポート使い勝手ゲーマー向け
ドスパラ〇◎〇◎◎
マウスコンピューター◎〇◎〇◎
パソコン工房〇〇◎△◎
フロンティア◎△△△◎

最近のBTOショップでは、販売されているPC自体の性能差はほとんど存在しません。

一日でも早くお目当てのゲーミングPCが欲しいなら「ドスパラ」

どれほど時間がかかっても受注生産やセールで最安ゲーミングPCが欲しい人は「フロンティア」

「マウスコンピューター」は24時間365日の電話サポートが手厚いので入門者にはぴったりです。

今日本でゲーミングPCを買おうと思ったらこの記事で紹介しているPCモデルがトップクラスです。

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのはコスパが悪いのでやめましょう。
家電量販店のデメリットを詳しく知りたい方は「パソコン買うなら電気屋や家電量販店はNGな理由」を参考にしてください。

『シャドウバース』おすすめゲーミングPC

人気PCはほとんどのBTOショップで在庫が切れがちです。

ドスパラ」だけは在庫が豊富で出荷スピードが早いため、一日でも早くPCを手に入れたい人のために「ドスパラ」からPCを紹介します。

どのショップでもPCは頻繁に値上げされているので、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。

GPUの在庫不足問題については「GPU在庫不足とグラボ品薄の原因」という記事で詳しく解説しているのでそちらを参照してください。

DTCG初心者にはとにかく安い入門モデルがおすすめ

ガレリア RM5C-G60
ガレリア RM5C-G60
CPU : Core i5-10400
グラフィック : GTX 1660
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
109,980円(税込)

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • フルHD最高設定で60fps安定
  • 高速SSDによるローディングの速さ
  • 入門に最適の価格設定
  • 4Kでのプレイはやや不向き

『シャドウバース』を手っ取り早くパソコンでプレイした方に非常におすすめのモデルです。

入門用ゲーミングPCの位置づけですが、グラフィックボードを搭載しているのでオンボードのパソコンとは比べ物にならないゲーミング性能です。

4K出力でプレイするには若干の不安がありますが、フルHDでプレイするには十分な性能です。

シャドバの美しいグラフィックをスマホじゃなくてモニターで見たい!という人はぜひどうぞ。

4K出力で遊びたい中級者は人気no.1モデルがおすすめ

ガレリア XA7R-R37
ガレリア XA7R-R37
CPU : Ryzen 7 3700X
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • コスパ最高の人気no.1モデル
  • 最高設定かつ4Kでも常時60fps安定
  • NVMe SSDの高速ロード
  • 動画編集もサクサク
  • 4Kゲーミングモニターの購入が必須

高水準のゲーミング性能と価格のバランスが非常によい、コスパ最高の人気no.1モデルです。

このクラスのゲーミングPCなら、『シャドウバース』を4K+60fpsでのプレイが楽々可能です。

『シャドウバース』は多くのプレイヤーが日々配信や動画投稿をしていますが、このスペックならどちらも問題なくこなすことができます。

日本エイサー
¥38,768 (2021/07/18 23:05時点 | Amazon調べ)

手軽にノートPCでプレイしたい方は激安ノートPCがおすすめ

ガレリア GCL1650TGF
ガレリア GCL1650TGF
CPU : Core i5-10300H
グラフィック : GTX 1650 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 60Hz 15.6インチ
重量 : 2.1kg
バッテリー : 6.5時間
94,980 円(税込)

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 入門に最適な激安ノートPC
  • 性能と携帯性の両立
  • ストレージの増設をしないと、多くのゲームをインストールできない
  • 快適なゲーム実況や動画編集は難しい

場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

ガレリアのノートPCはゲーミングノートPC特有の「重くて持ち運びにくい」「グラボが古い」「モニターがしょぼい」なんて弱点を完全に克服しています。

ゲーミングノートPCの中で入門機の位置づけですが、侮れないスペックで、『シャドウバース』をプレイするだけなら軽々とこなせます。

ゲーミングノートPCならミドルスペック・軽量モデルがおすすめ

ガレリア XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36
CPU : Core i7-10875H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 144Hz 15.6インチ
重量 : 2.0kg
バッテリー : 5.8 時間
159,980 円(税込)

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • コスパ最高のゲーミングノートPC
  • 15.6インチの大型モニター
  • マウスやキーボードといった周辺機器の出費ゼロ
  • 容量が少ないのでストレージ増量必須
  • デスクトップPC並の拡張性はない

ノートPCであってもスペックに妥協はしたくない、そんなヘビーゲーマー志向のモデルです。

このモデルは『シャドウバース』のみならず、多くのゲームを快適にプレイできるスペックを備えています。

このノートPCは高性能ながら2.0kgと非常に軽量で持ち運びも容易なので、出先で気軽にスマホを上回る環境で『シャドウバース』をプレイすることが可能です。

モニターが薄型狭額ベゼル&15.6インチなのもポイントで、ノートPCとは思えない没入感を実現しています。

他にも格安から超高性能まで、優秀なゲーミングノートPCを厳選して紹介しているので、ノートPC派の方は「おすすめゲーミングノートPC」を参考にしてください。

『シャドウバース』をプレイするならゲーミングPCがおすすめ

『シャドウバース』をプレイするためにはゲーミングPCを用意するのが最も有利です。

『シャドウバース』は最大で60fpsが出るゲームですが、非力はスマホやパソコンではそこまで届きません。

カードゲームなので、時には長考する場面もあり、各種処理が遅いと1ターンの制限時間を無駄にする可能性も十分にあります。

『シャドウバース』を快適に、そして勝率を高めたいなら「安定して60fpsを出せる」ゲーミングPCでのプレイを強くおすすめします。

マウスなど便利な周辺機器が導入できる

『シャドウバース』をスマートフォンでプレイする場合は、指でのタップ操作が基本になります。

その点、ゲーミングPCなら多機能マウスやキーボードを利用することができ、指のタップでは実現できない便利な操作ができるようになります。

具体的にはフォロワーの進化をワンクリックで行えるようにしたり、カードの出し方を変更したりするなどです。

マウスを導入することにより、限りある1ターン内の制限時間を有効に利用することができます。

電話やLINEの着信や通知に邪魔されない

『シャドウバース』は元々スマートフォン用として発表されたゲームです。

スマートフォン版は対戦中に電話やLINEの着信で邪魔されてしまったり、何かしらの通知で画面が隠れて誤操作や集中力が途切れたといったケースが少なくありませんでした。

これらの通知は設定でオフにできるのですが、煩わしいことには変わりありません。

Steam版やDMM版ではこういった通知がないので、非常に快適にプレイすることができます。

不意に訪れる熱暴走やバッテリー残量の心配とは無縁

スマートフォンで『シャドウバース』を長時間プレイしていると、端末が熱を持ちいきなり再起動してしまうことがあります。

熱暴走による端末の再起動は予測できず、対戦ゲームの『シャドウバース』において非常に困るケースのひとつです。

また、パソコンで『シャドウバース』をプレイすればバッテリーの残量を気にすることなくゲームのプレイに集中することができます。

『シャドウバース』PC版とスマホ版の連携方法

今までスマートフォン版で『シャドウバース』をプレイしていた方は、Steam版やDMM版へデータの連携(引継ぎ)をすることができます。

以下に手順をまとめましたので参考にして下さい。

STEP
その他のデータ連携を押す(スマートフォン側)

その他→データ連携と進む

STEP
連携パスワードを設定する(スマートフォン側)

画面の指示に従い、連携用パスワードを設定する。

STEP
ユーザーIDと連携用パスワードを用い連携する(パソコン側)

パソコンでシャドウバースを起動し、データの連携を行う。

以上でスマートフォンからパソコン版へデータ連携が完了します。

4K画質でプレイしたいならゲーミングモニターが必須

高フレームレートでプレイしたいならゲーミングモニターが必須
by:BenQ

ゲーミングPCで『シャドウバース』をプレイするなら、相応のゲーミングモニターを用意した方が格段に快適に、そして楽しくプレイすることができます。

ここでは筆者のおすすめゲーミングモニターを紹介します。

Acer SigmaLine 28インチ 4K TN

日本エイサー
¥38,768 (2021/07/18 23:05時点 | Amazon調べ)
28インチ1ms60Hz

大画面で余裕を持って盤面全体を見渡せる28インチのゲーミングモニターです。

『シャドウバース』では状況把握が非常に重要な為、大きく見やすいモニターを利用するに越したことはありません。

また、ゲームのリプレイを撮影し、動画として編集する際にも大型のモニターの方が格段に編集が行いやすいです。

4K出力にも対応しているので、ゲーミングPCで『シャドウバース』をプレイするのに大変おすすめのゲーミングモニターです。

こちらの記事では、当サイトが厳選した「おすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。

ゲーミングPCの基礎知識」「おすすめBTOショップ」についても解説していますのでこの記事で欲しいゲーミングPCが見つからなかった方はあわせてご確認ください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

参考リンク
この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる