【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

『Escape From Tarkov(タルコフ)』おすすめゲーミングPCと推奨スペック 60fps以上で遊べる快適なハイエンドPCで探索しよう

tarkov おすすめゲーミングPC

この記事では『Escape From Tarkov(タルコフ)』をゲーミングPCでプレイしたい方の「結局どのPCを使えばいいの?」という疑問を解消します。

以下の悩みを抱えている人は参考にしてください。

『Escape From Tarkov(タルコフ)』はメモリ使用率や「プチフリ」などの問題で多くのユーザーを悩ませていますが、その様な悩みを解消する方法も紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

モデル名 価格帯 こんな人におすすめ!
ガレリア RM5R-G60S
RM5R-G60S
12万円~ 一番安く快適に『Escape From Tarkov(タルコフ)』をプレイできるゲーミングPC
ガレリア RM7C-R37
RM7C-R37
23万円~ 高設定60fpsで『Escape From Tarkov(タルコフ)』を遊べるコスパの良いゲーミングPC
ガレリア XA7C-R47T
RM7C-R37
30万円~ 120fps高設定の最高の環境で『Escape From Tarkov(タルコフ)』を遊ぶための完璧なPC
ガレリア XL7C-R36
XL7R-R36
20万円~ どこでも『Escape From Tarkov(タルコフ)』が遊べる優秀な軽量ノートPC

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのはコスパが悪いのでやめましょう。
家電量販店のデメリットを詳しく知りたい方は「パソコン買うなら電気屋や家電量販店はNGな理由」を参考にしてください。

目次

『Escape From Tarkov(タルコフ)』動作環境・推奨スペック

『Escape From Tarkov(タルコフ)』動作環境・推奨スペック
by『Escape From Tarkov

『Escape From Tarkov(タルコフ)』公式サイト情報を元に、どの程度のスペックのPCであれば『Escape From Tarkov(タルコフ)』が快適に動作するかを紹介します。

必要スペック

スクロールできます
CPUIntel Core 2 Duo, i3 2.4 GHz or AMD Athlon, Phenom II 2.6 GHz
メモリ8GB
GPUDX11 compatible with 1 GB VRAM
必要スペック(by:Escape From Tarkov(タルコフ)wiki)

GPUの「DirectX 11対応でビデオメモリ1GB」という説明はちょっと分かりづらい表記ですが、要は「GT 620」とか、2012年ごろに発売されたGPUのスペックが近いです。

もちろんこれは「最低限ゲームを動かす為」のスペックでしかありません。

このスペックで『Escape From Tarkov(タルコフ)』をプレイしても世界全体がガクガクでまともにプレイできるわけがありません。ほとんど参考にはなりません。

推奨スペック

スクロールできます
CPUIntel Core i5, i7 3.2 GHz or AMD FX, Athlon 3.6 GHz
メモリ12 GB
GPUDX11 compatible with 2 GB or more VRAM
推奨スペック(by:Escape From Tarkov(タルコフ)wiki)

GPUは「DirectX 11対応でビデオメモリ2GB以上」。「GTX970」くらいをイメージすればわかりやすいと思います。

とはいえ、これでも(マップによりますが)40fpsを安定させることさえできないので、FPSゲームの「推奨」としてはかなり貧弱なスペックで、画面が固まる「プチフリ」なども多発してしまうことは間違いありません。

この構成のゲーミングPCで『Escape From Tarkov(タルコフ)』をプレイすること自体はできますが、不安定なフレームレートでは自分の持っている力を100%発揮することはできません。

勝ちたいなら更に上のスペックを目指しましょう。

この記事では「高設定で120fps出すことができるゲーミングPC」も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

真の推奨スペック

スクロールできます
CPUCore i7-12700K
メモリ32GB
GPURTX 3080

筆者が個人的に考える「高いフレームレートで安定して『Escape From Tarkov(タルコフ)』を遊ぶためのスペック」は最低限これくらいは必要になります。

正確には、「高設定120fpsプレイするためのスペック」です。これなら文句なしに快適なプレイ環境といえます。

当記事でも紹介している、「XA7C-R47T」であれば、サクサク快適に『Escape From Tarkov(タルコフ)』を遊べること間違いありません。

当サイトでは『Escape From Tarkov(タルコフ)』をプレイするのにもおすすめな「予算25万円~30万円で買えるゲーミングPC」をまとめているので、チェックしてみてください。

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません

グラボなしのPCで遊べる?→遊べません
by『Escape From Tarkov

グラフィックボードを搭載してない(オンボード)パソコンでの『Escape From Tarkov(タルコフ)』のプレイは、完全に不可能です。

ゲームが起動したとしても、画面の解像度やビデオ設定をすべて最低まで下げてグチャグチャの画面でようやく「10fps」出るレベルです。

『Escape From Tarkov(タルコフ)』は1回のデスペナルティが大きいため、グラフィックボードが搭載されていないパソコンで遊んでも即死してゲームを続ける気力を奪われることは間違いありません。

グラボなしPCについて詳しく知りたい方は「内蔵GPUとは何か」で解説しているので参考にしてください。

『タルコフ』で120fpsでない原因は?

既に『タルコフ』をプレイしている方で120fps出ないという悩みを持つ方は、基本的にスペック不足が原因です。

『タルコフ』はかなり要求スペックが高く、ミドルハイ以上のゲーミングPCが必要となってきます。

また、GPUが一方的に高くても、CPUの性能が低いと「ボトルネック」によってGPUの性能を100%引き出すことができないので、GPUもCPUもメモリ容量も高くないといけません。

どうしても120fpsを出したいという方はRTX 3070以上が搭載されたゲーミングPCを購入することをおすすめします。

GPU&グラフィック設定別フレームレート・ベンチマーク

フルHD(1080P)-低設定
RTX 3090
127fps
RTX 3080
115fps
RTX 3070
113fps
RTX 3060 Ti
-fps
RTX 3060
125fps
GTX 1660 SUPER
76fps

by:Jansn Benchmarks

このベンチマークは漁り時間も含めた平均フレームレートです。室内での交戦時や開けたフィールドではもちろん重くなり、この平均fpsは維持できません。
また、『Escape From Tarkov(タルコフ)』内での計測時期も方法も異なり、それぞれの検証は完全な同一環境で行われているわけではないので、あくまで目安としてください。

なお、「RTX 3060 Ti」は計測方法に明らかな誤りがあったため集計外としました。また、「GTX 1660 SUPER」の4Kプレイは事実上不可能なため除外されています。

BTOショップ別特徴まとめ【ドスパラからパソコン工房まで】

メーカー値段納品速度サポート使い勝手ゲーマー向け
ドスパラ     
マウスコンピューター     
パソコン工房     
フロンティア     

最近のBTOショップでは、販売されているPC自体の性能差はほとんど存在しません。

一日でも早くお目当てのゲーミングPCが欲しいなら「ドスパラ

どれほど時間がかかっても受注生産やセールで最安ゲーミングPCが欲しい人は「フロンティア

マウスコンピューター」は24時間365日の電話サポートが手厚く、入門者にはぴったりです。

また、マウスコンピューターのセールは年間を通して行っているので、いつでもお得にパソコンを購入できます。

今、日本でゲーミングPCを買おうと思ったらこの記事で紹介しているPCモデルがトップクラスです。

また、お得にゲーミングPCがほしい方は「ドスパラのセール情報」「マウスコンピューターのセール情報」「フロンティアのセール情報」をまとめているので参考にしてみてください。

『Escape From Tarkov(タルコフ)』おすすめゲーミングPC

tarkov おすすめゲーミングPC
by『Escape From Tarkov

『Escape From Tarkov(タルコフ)』は10万円の安いPCでもプレイすることはできますが、「高設定」や「120fps」を求めだすと一気に要求スペックがハネあがります。

この記事ではユーザー用途に合わせて『Escape From Tarkov(タルコフ)』に最適なゲーミングPCを厳選して紹介しています。

モデル名 価格帯 こんな人におすすめ!
ガレリア RM5R-G60S
RM5R-G60S
12万円~ 一番安く快適に『Escape From Tarkov(タルコフ)』をプレイできるゲーミングPC
ガレリア RM7C-R37
RM7C-R37
23万円~ 高設定60fpsで『Escape From Tarkov(タルコフ)』を遊べるコスパの良いゲーミングPC
ガレリア XA7C-R47T
RM7C-R37
30万円~ 120fps高設定の最高の環境で『Escape From Tarkov(タルコフ)』を遊ぶための完璧なPC
ガレリア XL7C-R36
XL7R-R36
20万円~ どこでも『Escape From Tarkov(タルコフ)』が遊べる優秀な軽量ノートPC

ドスパラ」は在庫が豊富でほかBTOショップと比べても出荷スピードが早いため、一日でも早くPCを手に入れたい人のために「ドスパラ」からPCを紹介します。

また、ドスパラは最大60回までの分割払いの手数料を無料で行えるので、一括でなくても長期的な支払いを行うことでPCを購入することが可能です。

ビットコインの価格暴落などによってマイニング需要が減った理由で、どのショップでもゲーミングPCの価格は徐々に下がってきています。

ただし、またいつ値上がりするかはわからないため購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。

GPUの在庫不足問題については「GPU在庫不足とグラボ品薄の原因」という記事で詳しく解説しているのでそちらを参照してください。

FPS初心者にはとにかく安い入門モデルがおすすめ

ガレリア RM5R-G60S
ガレリア RM5R-G60S
CPU : Ryzen 5 4500
グラフィック : GTX 1660 SUPER
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 激安ゲーミングPC
  • マップや設定によっては60fpsまで出る
  • グラフィック設定はかなり下げる必要がある
  • メモリ16GBなのでアップグレードが必要

『Escape From Tarkov(タルコフ)』の設定は、高設定をベースに、できるだけフレームレートが出るように設定を下げていくのが一般的です。

ただし、描画距離や輝度など、一部設定を下げると快適なプレイができないので、下げられる設定は限られています。

このモデルはそうした条件のうえで、ギリギリ『Escape From Tarkov(タルコフ)』が60fpsに届くかどうかでプレイできるゲーミングPCです。

FPSゲームとしてはできればもっとフレームレートが欲しいところですが、60fps前後で満足できるならこの激安モデルが最適です。

\ これからゲーミングPCを始める方におすすめ /

120fpsで遊びたい中級者は人気no.1モデルがおすすめ

ガレリア RM7C-R37
ガレリア XA7C-R37 第12世代Core搭載
CPU : Core i7-12700F
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 低設定なら120fpsまで出る(マップによる)
  • 高設定でも60fpsオーバー
  • コスパ最高の人気no.1モデル
  • いずれも120fps張り付きプレイは難しい(ゲーム側の最適化不足)
  • メモリ16GBなのでアップグレードが必要

このゲーミングPCならフルHD低設定で120fps、高設定で60fps、中設定なら100fps程度期待できるので、いわば『Escape From Tarkov(タルコフ)』をプレイするための模範的なゲーミングPCです。

もちろんいつもFPSゲーマーが求めるような「144fps」や「240fps」は不可能ですが、『Escape From Tarkov(タルコフ)』のように重いゲームでこれだけ快適にプレイできれば十分でしょう。

さらに安定感を求める方はカスタマイズでメモリを32GBにアップグレードすれば、まさに『Escape From Tarkov(タルコフ)』のための最強のPCにすることができます。

他のFPSゲームでも『Apex Legends』で144fps、『Valorant』では240fpsを余裕で目指せるモデルなので、様々なゲームをプレイする方にもおすすめのモデルです。

ベンキュージャパン
¥30,102 (2023/02/04 16:08時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

\ スペックと価格が両立された良コスパゲーミングPC /

4Kや高フレームレート目指す上級者にはハイエンドゲーミングPCがおすすめ

ガレリア XA7C-R47T
ガレリア XA7C-R47T
CPU : Core i7-13700F
グラフィック : RTX 4070 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 高設定でも安定して120fpsを超える(マップによる)
  • 高設定 4K 60fpsも狙える
  • 120fps完全維持は難しい(ゲーム側の最適化不足)
  • メモリ16GBなのでアップグレードが必要

ふつう、FPSゲームには「グラフィック重視のプレイヤー」はほとんど存在しませんが、『Escape From Tarkov(タルコフ)』には存在します。

美しい廃墟をリアルな装備でうろつく没入感というのは他のFPSにはないもので、一応対戦ゲームではありますがそこまで競争的というわけでもないので、FPSでは珍しい「4K需要」も存在します。

そこで、「高設定 4K 60fps」で『Escape From Tarkov(タルコフ)』をプレイできるこのモデルの出番です。

『Escape From Tarkov(タルコフ)』では他FPSゲームと比べても「グラフィック設定が重要」なので、まさにこのゲームで勝つためのPCといっても過言ではありません。

もちろん、グラフィック設定を少しさげて安定した120fpsで競技的なプレイも可能なので、好みで使い分けましょう。

『Escape From Tarkov(タルコフ)』は他のFPSゲームよりもとにかくフレームレートが出づらいため、CPUもGPUも高性能なものを目指しましょう。

こちらのモデルもメモリは16GBなので、より最強のスペックを求めるのであればカスタマイズでメモリを32GBにアップグレードすることをおすすめします。

日本エイサー
¥39,980 (2023/01/30 23:49時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

\ 4Kの最高画質で臨場感あるゲームプレイ /

ゲーミングノートパソコンならミドルスペック・軽量モデルがおすすめ

ガレリア XL7C-R36H
ガレリア XL7C-R36
CPU : Core i7-12700H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 165Hz 15.6インチ
重量 : 2.15kg
バッテリー : 7.1 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 GALLERIA XL7C-R36レビュー

長所
短所
  • コスパ最高のゲーミングノートパソコン
  • 165Hz対応モニター
  • マウスやキーボードといった周辺機器の出費ゼロ
  • 容量が少ないのでストレージ増量必須
  • デスクトップPC並の拡張性はない

場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートパソコンも選択肢に入ってきます。

ガレリアのノートパソコンはゲーミングノートパソコン特有の「重くて持ち運びにくい」「グラボが古い」「モニターがしょぼい」なんて弱点を完全に克服しています。

このくらいのスペックなら『Escape From Tarkov(タルコフ)』を中設定で60fpsオーバーでプレイすることができるので、普通の60Hzゲーミングノートにはできないゲームプレイを楽しめます。

他にも格安から超高性能まで、優秀なゲーミングノートPCを厳選して紹介しているので、ノートPC派の方は「おすすめゲーミングノートPC」を参考にしてください。

\ いつでもどこでもTarkovが遊べる /

\ 期間限定 最大88,000円 OFF /

マウスコンピューター セール

公式ページ:https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea5020000/

『Escape From Tarkov(タルコフ)』の価格とパッケージの違い

『Escape From Tarkov(タルコフ)』はPCゲーム専用で、PS4・PS5・XBOXなどの家庭用ゲーム機での販売はされていません。

PCゲームの販売プラットフォームである「Steam」では発売されておらず、公式サイトからの購入が必要となります。

以下では購入できるパッケージの種類の価格と違いについて記載しています。

スクロールできます
種類価格倉庫(スタッシュ)のサイズその他特典
Standard Edition44.99$(約5,700円)10×28 マスなし
Left Behind Edition74.99$(約9,600円)10×38 マスなし
Prepare for Escape Edition99.99$(約12,800円)10×48 マス・開始時点から全トレーダーと良好な関係性
Edge of Darkness Limited Edition139.99$(約17,900円)10×68 マス開始時点から全トレーダーと良好な関係性 / ゲーム内でのユニークなID表示 /すべてのDLCへのアクセス権

どのパッケージがおすすめなのかについては、これから本気でタルコフをやり込むのであれば、スタッシュのサイズが一番大きい「Edge of Darkness Limited Edition」がおすすめです。

逆に少しだけ触ってみてどんなゲームかを確かめてみたい方には「Standard Edition」をおすすめします。

筆者の場合は「Standard Edition」を購入して、ゲーム性になれて楽しめる段階で「Edge of Darkness Limited Edition」を購入しました。

「Standard Edition」を購入しても、あとからアップグレードすることは可能です。
ただし、購入手数料がかかってしまうので注意してください。

『Escape From Tarkov(タルコフ)』をプレイするならハイエンドゲーミングPCがおすすめ

『Escape From Tarkov(タルコフ)』をプレイするならハイエンドゲーミングPCがおすすめ
by『Escape From Tarkov

『Escape From Tarkov(タルコフ)』をプレイするためにはハイエンドゲーミングPCを用意するのが最も有利です。

高いフレームレート・優れたグラフィックを出すためにはハイエンドなゲーミングPCが必須だからです。

タルコフはグラフィックが意外と重要

タルコフはグラフィックが意外と重要
by『Escape From Tarkov

『Escape From Tarkov』は普通のFPSゲームと違って、とにかくグラフィック設定を下げてフレームレートを出せばいいというゲームではありません。

描画距離をはじめとしたグラフィックをうまく高設定に維持しつつ、できるだけフレームレートが出るように不要な設定だけ下げる、という工夫が必要です。

この動画は『Escape From Tarkov(タルコフ)』におけるフレームレートの重要さを表していますが、同じくらいグラフィックも重要ということです。それを両立できるのはハイエンドなゲーミングPCだけです。

SSD搭載でロード時間が圧倒的に短縮できる

SSD vs HDD Test in 7 Games

ゲーミングPCには必ず、SSDと呼ばれる高速で読み込みが可能なストレージが搭載されています。

上記動画を見てもらうと分かるように、ゲームによってはローディング時間の差が約30秒ほど離れています。

『Escape From Tarkov(タルコフ)』ではゲームに参加する際にマップを読み込むロード時間があるため、HDDだと露骨に遅く参加することになってしまいます。

実際、ロード時間が長く待ち時間が増えると、ゲームに対するモチベーションなどが下がってしまうこともあるので、高速ローディングが可能なSSDが搭載されたゲーミングPCでプレイすることをおすすめします。

「ワイプ」があるので新規プレイヤーでも気軽に始められる

『Escape From Tarkov(タルコフ)』は新規から始めるのは少し装備差があって気が引ける…という方もいるかと思われます。

ですが、『Escape From Tarkov(タルコフ)』には「ワイプ」とよばれる装備品などが初期状態にリセットされるタイミングが存在します。

そのため、装備差などで一方的にやられることはなくなるので、いつでも平等のゲームをスタートすることが可能です。

ワイプの前には戦場にでて知識をつけて、ワイプ後に本格的にプレイ。という遊び方もできるので新規プレイヤーの方でもおすすめです。

ベータ版なので推奨スペックが変化する

『Escape From Tarkov(タルコフ)』をプレイしたいなら、ゲーミングPCはかなり余裕を持った構成をおすすめします。

『Escape From Tarkov(タルコフ)』は何年にもわたってベータ版(開発中)を続けており、頻繁にグラフィックや推奨スペックが変化します。(公式サイトに書いてある推奨スペックは変化しませんが、事実上、昔の情報はアテにならなくなります)

なので、今まで快適にプレイできていたゲーミングPCで、いきなりまともにプレイできなくなった、ということが珍しくありません。『Escape From Tarkov(タルコフ)』に限らず、ベータ版のゲームというのはそういうことです。

その点、余裕を持った構成のゲーミングPCを使っておけば、不測の事態にも対応できるので安心です。

高フレームレートでプレイしたいならゲーミングモニターが必須

高フレームレートでプレイしたいならゲーミングモニターが必須
by:BenQ

いくら良いゲーミングPCで高フレームレートを出せても、その映像を描画できる高リフレッシュレート対応ゲーミングモニターがなければ意味がありません。

『Escape From Tarkov(タルコフ)』に最適なゲーミングモニターを紹介します。

Acerゲーミングモニター SigmaLine

日本エイサー
¥39,980 (2023/01/30 23:49時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
28インチ1ms60Hz

TNパネルで応答速度1msという4Kゲームプレイにぴったりのタイトな仕様で、まさに「ゲーミング4Kモニター」です。

ほとんどのゲーマーには手が届かないでしょうが、最高級のハイエンドゲーミングPCを用意できたプレイヤーは4K画質で没入感をもって遊ぶことができます。

BenQ ZOWIE XL2411K

ベンキュージャパン
¥33,273 (2023/01/31 00:24時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
24インチ1ms144Hz

「60Hzモニター」と「144Hzモニター」の差は明確です。

FPSをプレイするなら144Hzモニターを使えというのが定説です

『Escape From Tarkov(タルコフ)』であれば100fps以上出せていればおおむね有利に戦えるので、理想的なモニターの一つといえます。

以下の記事では格安モデルから「4K 144fps」まで、さまざまな144hz対応ゲーミングモニターを紹介していますので参考にしてください。

『Escape From Tarkov(タルコフ)』おすすめゲーミングPC購入時によくある質問

デスクトップとノートはどっちがいい?

「性能」や「コスパ」を重視するならデスクトップPCがおすすめ、「コンパクトさ」や「持ち運びやすさ」を重視するならノートパソコンがおすすめです。

この記事ではデスクトップを中心に紹介しましたが、「初心者におすすめゲーミングノートパソコン」記事ではノートパソコンのおすすめモデルを詳しく紹介しています。

グラボなしで遊べる?

画面の解像度やビデオ設定をすべて最低まで下げてようやくカクカク動くかどうかというレベルなので、基本的には遊べません。

配信用PCはどれくらいのスペックが必要?

この記事で紹介するミドルスペックPCならゲームと配信を同時にやってもカクつきません。

どれくらい安いPCでタルコフができる?

60fps以上を維持するため、どんなに安くても10万円前後のゲーミングPCを用意することをおすすめします。

「プチフリ」現象が起こるみたいだけど、ここで紹介しているPCでも大丈夫?

プチフリ問題は設定次第で起こりうる可能性がありますが、簡単な解決策としては「メモリの増設」です。

購入する際にカスタマイズでメモリを32GBにアップグレードすれば、プチフリ問題の解消への近道となります。

自作PCのほうが安いのは本当ですか?

BTOショップよりも自作PCのが若干安いのは本当です。

ただPC初心者であれば、自作するための「知識」組み立てる「時間」トラブルが起きた時の「サポート」などを要するため自作PCはおすすめしません。

詳しくは「BTOvs自作PCはどちらがおすすめか?」の記事で詳しく解説しています。

タルコフが60fpsまでしかでないのですが、原因は分かりますか?

基本的にフレームレートが出ないのは「GPU」と「CPU」に原因があります。

画質設定を下げても出ないfpsが伸びない場合は、高性能なゲーミングPCを購入することをおすすめします。

高性能なGPUを搭載しているのにも関わらず、60fpsが出ない原因は、モニターが60Hzのまま垂直同期の設定をONにしている可能性があります。

もう一つ考えられる原因としては「マップの最適化不足」が原因です。
これに関してはゲーム側の問題なのでどれだけスペックを追求しても解決は難しいです。

垂直同期について詳しく知りたい方は、「垂直同期の意味とは?」の記事で解説しています。

タルコフに最適なCPUはありますか?

タルコフはCPUの性能にも大きく左右されます。

タルコフをプレイするのに最適なCPUはずばり「Ryzen 7 5800X3D」がおすすめです。

ベンチマークでは「Ryzen 7 5800X3D」よりも総合的な性能で上位互換のCPUでも、タルコフでは「Ryzen 7 5800X3D」の方が高いフレームレートを出していることが多々あります。

ただし、中々BTOショップで搭載していることは少ないので、中級者向けではありますがパーツ単品で購入して交換をするのがおすすめです。

タルコフとApex Legendsはどっちのほうが重いですか?

設定にもよりますが、基本的にはタルコフの方が圧倒的に重いです。

どれぐらいのGPUでどれぐらいのfpsが出るのか知りたい方は「Apex LegendsにおすすめのゲーミングPC」が参考になります。

タルコフの最高fps(フレームレート)はいくつですか?

最高は144fpsが上限となっています。

ですが、ハイエンドモデルのゲーミングPCを利用しないとなかなか上限までには到達しません。

タルコフでSteamで発売されていますか?どこで購入することが可能ですか?

タルコフはSteamでは発売されていません。

タルコフ公式サイトのみの販売となっています。

タルコフのインストール容量はどれぐらいですか?

約20GBほどになります。

ただし、アップデートなどによって必要容量が増えていくので、実際には20GB以上の空き容量を作っておくことをおすすめします。

タルコフの「ワイプ」とはなんですか?

「ワイプ」とは強制的にデータがリセットされることです。

ワイプが行われる理由としては新たなシステムによるプレイヤー同士のバランスの均一化などの目的で行われています。

タルコフはメモリ16GBで問題ないですか?

基本的には問題ありませんが、タルコフ側の最適化の問題で若干カクつくことがあります。

安定させたいのであれば32GBの増量することをおすすめします。

『Escape From Tarkov(タルコフ)』おすすめゲーミングPCまとめ

『Escape From Tarkov(タルコフ)』がプレイできる10万円前後の格安ゲーミングPCから、高設定高fpsでプレイできるガチ勢向けゲーミングPCまで幅広く紹介しました。

以下、記事で紹介したモデルのおさらいです。

モデル名 価格帯 こんな人におすすめ!
ガレリア RM5R-G60S
RM5R-G60S
12万円~ 一番安く快適に『Escape From Tarkov(タルコフ)』をプレイできるゲーミングPC
ガレリア RM7C-R37
RM7C-R37
23万円~ 高設定60fpsで『Escape From Tarkov(タルコフ)』を遊べるコスパの良いゲーミングPC
ガレリア XA7C-R47T
RM7C-R37
30万円~ 120fps高設定の最高の環境で『Escape From Tarkov(タルコフ)』を遊ぶための完璧なPC
ガレリア XL7C-R36
XL7R-R36
20万円~ どこでも『Escape From Tarkov(タルコフ)』が遊べる優秀な軽量ノートPC

もし「どのゲーミングPCも自分には当てはまらない」という方がいれば、ぜひ「おすすめゲーミングPC」や「おすすめゲーミングノートPC」といった記事から本当に自分にあったモデルを探してみてください。

FPSやTPSでは、ゲーミングモニターと同じか、それ以上に「FPS向けゲーミングマウス」が重要です。

FPSにおすすめなゲーミングマウス」では必ずお気に入りのマウスが見つかるように、複数の特性の違う人気マウスを詳しく解説しています。

こちらの記事では、当サイトが厳選した「初心者向けのおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。

ゲーミングPCの基礎知識」「おすすめBTOショップ」についても解説していますのでこの記事で欲しいゲーミングPCが見つからなかった方はあわせてご確認ください。


関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次