【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

『VALORANT』(ヴァロラント)おすすめゲーミングノートPCと推奨スペック|格安で120fps~動画配信しながら240fps安定モデルまでを厳選して紹介!

VALORANTノートPCアイキャッチ

この記事では『VALORANT』をノートPCでプレイしたいけど、どのゲーミングノートPCを買えばよいかわからない!という方へ向けて

をポイントに解説し、『VALORANT』を快適にプレイできるおすすめゲーミングノートPCを紹介します!

デスクトップPCで『VALORANT』をプレイしたい方は、「VALORANTおすすめゲーミングPCと推奨スペック」の記事を参考にしてみてください!

モデル名 価格帯 こんな人におすすめ!
RL5C-G50
10万円~ 一番安く快適に『VALORANT』をプレイできるゲーミングノートPC
RL5C-R35T RL5C-R35T 11万円~ 『VALORANT』で144fpsを出せる優秀な軽量ノートPC
UL7C-R36
UL7C-R36
17万円~ 240Hzに対応した高性能ゲーミングノートPC
UL7C-R37
UL7C-R37
23万円~ 240fpsからゲーム配信まで、『VALORANT』を遊ぶための完璧なノートPC

また、当サイトでは「VALORANTおすすめゲーミングマウス」「VALORANTおすすめヘッドセット」など各デバイスの紹介もしていますので、あわせてご覧ください。

目次

『VALORANT』動作環境・推奨スペック

『VALORANT』動作環境・推奨スペック
by:VALORANT

『VALORANT』公式サイト情報を元に、どの程度のスペックのPCであれば『VALORANT』が快適に動作するかを紹介します。

最小スペック(30fps)

スクロールできます
CPUIntel Core 2 Duo E8400
メモリ4GB
GPUIntel HD 4000
必要スペック(by:VALORANT)

このスペックで動作はしますが、とてもまともにプレイできるとは言えません。

ブラウザを含める『VALORANT』以外のアプリを起動するだけで、更にPCの動作が重くなるので普段使いも運用が厳しいスペックです。

必要スペック(60fps)

スクロールできます
CPUIntel i3-4150
メモリ4GB
GPUGeforce GT 730
推奨スペック(by:VALORANT)

とっさの反応が求められる『VALORANT』を含めたFPSをプレイする上で、残念ながら60fps未満の環境はとても不利です。

このスペックでもプレイはできますが、他のプレイヤーと同じ土俵に立てるとは言えません。

真剣に『VALORANT』をプレイするのであれば更に上のスペックを目指しましょう。

推奨スペック(144fps)

スクロールできます
CPUIntel Core i5-4460 3.2GHZ
メモリ4GB
GPUGTX 1050 Ti
推奨スペック(by:VALORANT)

『VALORANT』は比較的軽いゲームなので、快適にプレイする分にはこのくらいのスペックで遊べます。

今回の記事のおすすめノートPCの中のエントリーモデルは、この推奨動作環境を上回っているので対応するモニターに接続する必要がありますが、快適に144fpsで遊べます。

240fpsの環境でガチでプレイしたい方は後述する「真の推奨スペック」を目指しましょう。

真の推奨スペック(240fps)

スクロールできます
CPURyzen 5 3600 or Core i7 9700F以上
メモリ16GB
GPUGTX 1660 SUPER以上
推奨スペック(by:VALORANT)

『VALORANT』を240fpsでプレイするにはこのくらいは必要です。

グラフィックボードはエントリーモデルの「GTX 1660 SUPER」、メモリとCPUは余裕をもたせてあります。

普段使いと『VALORANT』を併用して快適にするには、このくらいあると安心です。

配信サイトで生放送をする方は、この記事で紹介している「ガレリア UL7C-R37」くらいのスペックがあると『VALORANT』を240fps安定して配信でき、最新ゲームも問題なくプレイできるので検討してみてください。

グラボなしのPCで遊べる?→内蔵GPUによっては遊べるけど快適にプレイすることは不可能

グラボなしのPCで遊べる?→内蔵GPUによっては遊べるけど快適にプレイすることは不可能
by:VALORANT

『VALORANT』は最新ゲームの中では軽めのゲームですが、グラボなしのオンボードPCでは起動はできても快適にプレイはできません。

「intel UHD600番台」以上の内蔵GPUで画質を最低に設定してようやく60fps以上出せるのが現状で、「intel HD500番台」の古い内蔵GPUでは30fpsを切ります

最新のグラボなしPCで性能の高いCPUを積んでいるのであれば100fpsあたりまでであれば出せますが、『VALORANT』は反応速度とチームワークが重要なeスポーツゲームです。

真剣にやるつもりであればチームメイトに迷惑がかからないスペックは欲しいので、グラボなしPCでのプレイはおすすめできません。

内蔵GPUについて詳しく知りたい方は「内蔵GPUとはなにか」で詳しく解説しているので、気になる方は合わせてご覧ください。

『VALORANT』は高fps環境が有利でおすすめ

『VALORANT』で高fps環境が有利な理由
by:VALORANT

『VALORANT』を含めFPSゲームでは、fpsの差が実力の差につながると言っても過言ではありません。

高いfpsを出すためには、相応のゲーミングノートPCが必須なので『VALORANT』でどれくらいの性能があれば高fpsで遊べるのか考えてゲーミングノートPCを選ぶことをおすすめします。

フレームレート
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
ゲームのフレームレートが高ければ高いほど映像は滑らかになり、3D酔いしにくくなり、快適に操作できるようになります。

それだけでなく、フレームレートに比例してプレイヤーの反応速度も上がり、対戦ゲームではフレームレートが高いほうが有利になります。
フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は「フレームレートとは何か?」を参考にしてください。

fpsが高いほど早く反応できる

フレームレート 比較
by:NVIDIA

上記の比較動画を見ると分かる通り、fpsの差で物陰から敵が出てきた際の描画に差が出ます。

この差は人間が反応できるレベルの速さではないですが「反応できる速さ」と「視覚できる速さ」は似て非なるものです。

敵が表示されて視覚してから人間は反応するため、高fpsで敵を早めに表示させるようにすることは、結局は反応の速さに直結します。

そのため『VALORANT』は、物陰から急に敵が出てきた際に反応して攻撃を行う場面は多いので、高fpsなゲーミングノートPCを使用することは戦闘に有利になると言えます。

フリックショットの精度が上がる

『VALORANT』では敵が出てくるであろう位置に、照準を合わせて待ち伏せする場面が多いゲームです。

しかしその予想が外れて敵が違う箇所から出てきた場合、すぐさまそちらにエイムを合わせる必要があります。

その際にフリックショットが必要になってくるのですが、fpsが低いと激しい操作に画面が追いつかずカクついてまともにエイムを合わせることができません。

高fpsが出せるゲーミングノートPCを使用すれば滑らかに画面が描画されるので、フリックショットの精度も上がり戦闘に有利になります

フリックショットとは?

直訳で「素早く撃つ」という意味になります。

主にエイムを置いていた位置と違うところから敵が出てきた際に、素早く敵にエイムを合わせて撃つテクニックです。

GPU&グラフィック設定別フレームレート・ベンチマーク

フルHD(1080P)-低設定
RTX 3090
711fps
RTX 3080
768fps
RTX 2080 Ti 
629fps
RTX 3070
647fps
RTX 3060 Ti
589fps
RTX 2080 SUPER
575fps
RTX 2070 SUPER
549fps
RTX 3060
455fps
RTX 2060 SUPER
538fps
GTX 1660 SUPER
300fps

このベンチマークは戦闘しない時間も含めた平均フレームレートです。アビリティが飛び交う激しい戦闘時にはもちろん重くなり、この平均fpsは維持できません。
また、それぞれ『VALORANT』内での計測時期も方法も異なり、検証は完全な同一環境で行われているわけではないので、あくまで目安としてください。

BTOショップ別特徴まとめ【ドスパラからパソコン工房まで】

メーカー値段納品速度サポート使い勝手ゲーマー向け
ドスパラ     
マウスコンピューター     
パソコン工房     
フロンティア     

最近のBTOショップでは、販売されているPC自体の性能差はほとんど存在しません。

一日でも早くお目当てのゲーミングPCが欲しいなら「ドスパラ

どれほど時間がかかっても受注生産やセールで最安ゲーミングPCが欲しい人は「フロンティア

マウスコンピューター」は24時間365日の電話サポートが手厚く、入門者にはぴったりです。

また、マウスコンピューターのセールは年間を通して行っているので、いつでもお得にパソコンを購入できます。

今、日本でゲーミングPCを買おうと思ったらこの記事で紹介しているPCモデルがトップクラスです。

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのはコスパが悪いのでやめましょう。
家電量販店のデメリットを詳しく知りたい方は「パソコン買うなら電気屋や家電量販店はNGな理由」を参考にしてください。

『VALORANT』おすすめゲーミングノートPC

『VALORANT』は非常に軽いゲームなので、ある程度はどんなゲーミングPCでも動作します。

ここからは、快適にプレイするために最低限必要なスペックのものから、本気で腕を磨きたい方や配信をしたいという人向けのハイスペックなゲーミングノートまで手広く紹介していきます。

モデル名 価格帯 こんな人におすすめ!
RL5C-G50
10万円~ 一番安く快適に『VALORANT』をプレイできるゲーミングノートPC
RL5C-R35T RL5C-R35T 11万円~ 『VALORANT』で144fpsを出せる優秀な軽量ノートPC
UL7C-R36
UL7C-R36
17万円~ 240Hzに対応した高性能ゲーミングノートPC
UL7C-R37
UL7C-R37
23万円~ 240fpsからゲーム配信まで、『VALORANT』を遊ぶための完璧なノートPC

ドスパラ」は在庫が豊富でほかBTOショップと比べても出荷スピードが早いため、一日でも早くPCを手に入れたい人のために「ドスパラ」からPCを紹介します。

ビットコインの価格暴落などによってマイニング需要が減った理由で、どのショップでもゲーミングPCの価格は徐々に下がってきています。

ただし、またいつ値上がりするかはわからないため購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。

GPUの在庫不足問題については「GPU在庫不足とグラボ品薄の原因」という記事で詳しく解説しているのでそちらを参照してください。

初心者には超格安で120fpsを安定して出せる入門モデルがおすすめ

ガレリア RL5C-G50
ガレリア RL5C-G50
CPU : Core i5-11400H
グラフィック : GTX 1650
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 120hz 15.6インチ
重量 : 2.0kg
バッテリー : 5.3時間

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 価格が安い
  • 『VALORANT』を120fps安定でプレイ可能
  • 別途144Hzモニターを用意すれば『VALORANT』を144fpsでプレイ可能
  • 『VALORANT』で120fps以上出せるのに、液晶モニターが120Hz
  • 重めの最新3Dゲームで120fpsは厳しい

価格が安く『VALORANT』を安定して120fpsでプレイできるゲーミングノートPCです。

実際の性能は144fpsを目指せますが、搭載されている液晶モニターが120Hzなので120fpsまでしか出せません。

144fpsを出したい方は別途144Hzモニターを用意して、このゲーミングノートPCと接続する必要があります。

最高画質で120fpsにこだわらなければ、あらゆる最新ゲームを遊べるのでゲーミングノートPC入門に最適なモデルです。

『VALORANT』入門に最適な格安モデル

公式サイトでゲーミングノートPCの詳細を見る

144fps完全安定でプレイしたい中級者は人気上位モデルがおすすめ

ガレリア RL5C-R35T
ガレリア RL5C-R35T
CPU : Core i5-11400H
グラフィック : RTX 3050 Ti
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 144hz 15.6インチ
重量 : 2.0kg
バッテリー : 4.1時間

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • ドスパラ人気上位モデル
  • 144Hzモニター搭載なので144fps出せる
  • 最新3Dゲームも快適にプレイ可能
  • AAAタイトルをレイトレーシングや4Kで遊ぶのは厳しい

価格と性能のバランスが取れた人気上位モデルです。

144Hzモニターを搭載して『VALORANT』真の推奨スペックを大きく上回っているので安定して144fpsを出せます

144fpsはFPSを真剣にプレイするための最低ラインなので、『VALORANT』をガチりたいのであればこのモデルをおすすめします。

また、あらゆる最新ゲームを快適にプレイできるスペックを持っている汎用性の高さが人気No.1モデルの理由なので『VALORANT』以外をプレイする方にもおすすめです。

240fpsを目指す上級者にはハイエンドゲーミングPCがおすすめ

ガレリア UL7C-R36
ガレリア UL7C-R36
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB NVMe SSD
モニター : 240Hz 15.6インチ
重量 : 2.0kg
バッテリー : 9.6 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「GALLERIA UL7C-R36」レビュー

長所
短所
  • 240Hzモニター搭載
  • 『VALORANT』を240fps安定して出せる
  • 最新3Dゲームも快適にプレイ可能
  • 長く使える
  • 価格が高い
  • 『VALORANT』だけプレイするにはオーバースペック

240fpsを安定して『VALORANT』をプレイしたい方は、240Hzモニターを搭載したこのモデルがおすすめです。

高fpsが有利な理由で説明したとおりfpsの差は実力の差に直結するので、240fpsで『VALORANT』をプレイできることは大きなアドバンテージになります

わずかでも反応が遅れることがない環境でガチプレイを目指すのであれば、この「ガレリア UL7C-R36」で決まりです。

また、『VALORANT』に限らず最新ゲームを高fpsでプレイできるハイエンドゲーミングノートPCなので、数年先も長く使用できるのも強みです。

最も有利な環境でプレイできる最強ゲーミングPC

公式サイトでゲーミングノートPCの詳細を見る

240fps+配信がしたい方にはハイエンドなゲーミングノートPCがおすすめ

ガレリア UL7C-R37
ガレリア UL7C-R37
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB NVMe SSD
モニター : 240Hz 15.6インチ
重量 : 2.0kg
バッテリー : 8.8 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「GALLERIA UL7C-R37」レビュー

長所
短所
  • 240Hzモニター搭載
  • 最新3Dゲームも快適にプレイ可能
  • 1TB SSD搭載
  • 配信しながら『VALORANT』を余裕で240fps出せる
  • 長く使える
  • 価格が高い
  • 『VALORANT』だけプレイするにはオーバースペック

ガレリア UL7C-R36」 よりも更にCPU・メモリ・グラボ・ストレージ容量を強化したモデルです。

ここまでのスペックになると『VALORANT』だけをプレイするのであれば、かなりのオーバースペックですがその余力を動画配信ツールに割くことで240fpsを保ったまま高品質な動画配信が可能です。

ストレージ容量が1TBと充分な容量でクリエイターPCとしても運用できるハイエンドPCなので、『VALORANT』をメインに様々なコンテンツを発信したい方はこのモデルであれば快適に作業を行えるでしょう。

ストリーマー・動画投稿者として快適な環境を求めている方に特におすすめできるゲーミングノートPCです。

240fps安定しつつ配信もできる軽量ノートパソコン

公式サイトでゲーミングノートPCの詳細を見る

\ 期間限定 最大88,000円 OFF /

マウスコンピューター セール

公式ページ:https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea5020000/

『VALORANT』に関してよくある質問

デスクトップとノートはどっちがいい?

「性能」「コスパ」「モニターサイズ」を重視するならデスクトップPCがおすすめ、「コンパクトさ」や「持ち運びやすさ」を重視するならノートPCがおすすめです。

普通のノートパソコンで遊べる?

推奨スペックを満たしていれば遊べます。

しかし「ゲーミングノートPC」というジャンルではない「普通のノートPC」は、液晶モニターが60Hzな場合がほとんどです。

たとえスペックが足りていたとしても、液晶モニターのHzが60の場合60fpsまでしか出ません。

高fpsが有利な理由で説明している通り、60fpsはFPSで真剣に対決する場合において勝負にならないのでゲーミングノートPC以外でのプレイはおすすめしません。

グラボなしで遊べる?

ものによっては遊べますが「グラボなしのPCで遊べる?」で解説している通り、CPUによっては画面の解像度やビデオ設定をすべて最低まで下げてようやく動くかどうかというレベルなので、おすすめしません。

『VALORANT』は家庭用ゲーム機でプレイできますか?

家庭用版は2022年2月現在、開発中のアナウンスはありますがプレイできません。

『VALORANT』を軽くするにはどうすればいいですか?

画質設定をすべて最低にすれば軽くはなりますが、もともと軽いゲームなので設定を変えるよりPCを変えるのが一番です。

『VALORANT』のインストール容量が明らかにおかしいのですが

インストール容量が2TBなど表記されている場合はバグです。

実際には数十GBしか使用されていないので、表記が気になる方は再インストールを行ってみてください。

VALORANTにおすすめのゲーミングデバイスはありますか?

ゲーミングデバイスは個々によって好みが別れますが、ゲーミングデバイス選びに迷ったらプロと同じデバイスを使用すれば問題有りません。

プロが使用するデバイスは競技向けに適しているので、『VALORANT』をプレイするための性能を発揮しています。

当サイトでは、

上記のゲーミングデバイスを紹介しているので、気になった方はチェックしてみてください。

『VALORANT』おすすめゲーミングノートPCまとめ

  • 『VALORANT』は比較的軽いゲームなのでエントリーモデルでも快適にプレイ可能
  • 高fpsを実現するには液晶モニターも高Hzのものが必要
  • fpsの差は実力の差につながる
  • ガチるのであれば144fps以上の環境がおすすめ
モデル名 価格帯 こんな人におすすめ!
RL5C-G50
10万円~ 一番安く快適に『VALORANT』をプレイできるゲーミングノートPC
RL5C-R35T RL5C-R35T 11万円~ 『VALORANT』で144fpsを出せる優秀な軽量ノートPC
UL7C-R36
UL7C-R36
17万円~ 240Hzに対応した高性能ゲーミングノートPC
UL7C-R37
UL7C-R37
23万円~ 240fpsからゲーム配信まで、『VALORANT』を遊ぶための完璧なノートPC

ノートPCという事もあって、自由に液晶モニターを選べないのが難点ですが、今回紹介したゲーミングノートPCは高Hzなものを選んで紹介しました。

『VALORANT』をこれらのおすすめゲーミングノートPCでプレイし、高fpsな環境で実力でも上回りましょう!

また、FPSで重要なゲーミングマウスとキーボードも「『VALORANT』におすすめゲーミングマウス」と「『VALORANT』におすすめゲーミングキーボード」で紹介しているので、ゲーミングデバイスを探している方は合わせてご覧ください。

もしこの中に求めているゲーミングノートPCがなければ、推奨スペックを参考に低価格モデルを紹介する「おすすめの安いゲーミングPC」やノートPCを厳選した「おすすめゲーミングノートPC」などからも探してみてください。

こちらの記事では、当サイトが厳選した「初心者向けのおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。

ゲーミングPCの基礎知識」「おすすめBTOショップ」についても解説していますのでこの記事で欲しいゲーミングPCが見つからなかった方はあわせてご確認ください。


関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次